レーベルを移籍し5作目の新作を完成させたステインド

レーベルを移籍し5作目の新作を完成させたステインド

3作連続USチャート初登場1位のステ
インドがレーベル移籍第1弾アルバム
をリリース

リンプ・ビズキットのフレッド・ダーストにその才能を見出され1999年にメジャー・デビュー。アトランティック・レーベルに残した3枚のアルバムが全てがビルボード・アルバムチャートで初登場1位を獲得するなど、“歌モノ・ヘヴィー・ロック”の世界で頂点を極めたアメリカ・マサチューセッツ州スプリングフィールド出身の4人組ステインド。
そんな彼らが<Roadrunner Japan>移籍第1弾、通算5作目のアルバム『THE ILLUSION OF PROGERSS』を10月8日(水)にリリースした。
最新作『THE ILLUSION OF PROGRESS』はディスターブドやシンプル・プラン、キル・ハンナなどを手掛けた現在超売れっ子、Johnny Kがプロデュースを担当し、ヴォーカルであるアーロン・ルイスのホームスタジオにてレコーディングが行われた。
メンバーによると、このプロジェクトは今まで収録してきた作品の中で「最もミュージカル的」なCDになっているとのこと。

今作からのファースト・シングル「ビリーヴ」が早くも全米各ラジオ・チャート(Billboard , Radio&Records)でも急上昇中で、アルバムもビルボード・アルバム・チャート初登場3位を記録と上々の滑り出しを見せている。現在オフィシャルサイトでは「ビリーヴ」の日本語字幕入りPVも公開されているのでこちらも要チェックです。

*STAINDメンバー
Aaron Lewis (vocals, guitar)
Mike Mushok (guitar)
Jon Wysocki (drums, percussion)
Johnny April (bass, vocals)

【リリース情報】
ステインド『ザ・イリュージョン・オヴ・プログレス』
2008年10月8日リリース
RRCY-21325 \2,548 (tax incl.)
日本盤のみボーナス・トラック収録!


1. THIS IS IT
2. THE WAY I AM
3. BELIEVE (大ヒット中、全米ファースト・シングル)
4. SAVE ME
5. ALL I WANT
6. PARDON ME
7. LONG ALONG THE WAY
8. BREAK AWAY
9. TANGLED UP IN YOU
10. RAINING AGAIN
11. RAINY DAY PARADE
12. THE CORNER
13. NOTHING LEFT TO SAY
14. SOMETHING LIKE ME (Acoustic at The Hiro Ballroom)*
15. THE TRUTH (Acoustic at The Hiro Ballroom)*
*日本盤ボーナス・トラック収録

アーティスト

タグ

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着