ブライアン・メイ「バイオグラフィ映
画の制作は長く困難な道のりだった」

クイーンのブライアン・メイが、フレディ・マーキュリーのバイオグラフィ映画『Bohemian Rhapsody』の制作について、「長く困難な道のりだった」と話した。
映画は2010年に制作されることが発表されて以来、キャストや監督の変更が何度もなされ、その度、プロダクションに遅れが出ていた。最近では、昨年末、ブライアン・シンガー監督が突如降板するトラブルも発生した。
ブライアンは、BBCにこう話したという。「なにか意味のある映画は多くの場合、とても困難な立案の時期を経るものだ。多分、これも例外ではない。ロジャー(・テイラー)と僕にとって興味深い体験だったよ。僕らには本当に少しの力しかなかったからね。この映画を作るのは自分たち次第とはいかなかった」
『Bohemian Rhapsody』は当初予定していたよりひと月以上早まり、11月2日に公開されることが決まった。
ブライアン・メイは今週、ロンドンで上演されるスモール・フェイセズのバイオグラフィ・ミュージカル『All Or Nothing』を観賞。あの時代の思い出がよみがえり、涙ぐんだという。

With the cast of the excellent #allornothing musical tonight. Thanks for a very emotional evening. Bri

Brian Harold Mayさん(@brianmayforreal)がシェアした投稿 -

Ako Suzuki

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着