ブライアン・メイ、スモール・フェイ
セズのミュージカルを絶賛

クイーンのブライアン・メイが先週、ロンドンの劇場で開幕したスモール・フェイセズのミュージカル『All Or Nothing』を観賞し、「観に行くべきだ」と絶賛した。
メイは、インスタグラムにこう投稿した。「なんて素晴らしいショウだ。Ambassadors Theatreで上演中のALL OR NOTHING-スモール・フェイセズの物語。僕はスティーヴ・マリオットとあのブリリアントなヤング・パンクスが大好きだった―悪いな、モッズ―当時、僕はまだ悪戦苦闘中の学生で、彼らはビッグ・スターだった。このパフォーマンスは、彼らのライブがどんなものだったか忠実にとらえ、ビハインド・ザ・シーンで彼らが直面していたことについて真実を語っている。ブラボー!!! 素晴らしい一団! 観に行ってくれ!!」
メイは観賞後のBBCのインタビューで、当時の思い出がよみがえり涙ぐんだとも話していた。
『All Or Nothing』はロンドン、ウエストエンドにあるAmbassadors Theatreで3月28日から6月2日まで上演される。
ブライアンはまた、週末、ケンブリッジで執り行われたスティーヴン・ホーキング博士の葬儀に参列。あらためて「RIP スティーヴン・ホーキング。真の巨人」と追悼した。

RIP Stephen Hawking. A true Colossus. Bri

Brian Harold Mayさん(@brianmayforreal)がシェアした投稿 -

Hello NPG folks ! Ready to ... erm ... rock ! Bri

Brian Harold Mayさん(@brianmayforreal)がシェアした投稿 -

Ako Suzuki

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着