ウィルコ・ジョンソン、がん告知から
の5年間を歌ったニュー・アルバム

(c)Lawrence Watson
ウィルコ・ジョンソンのニュー・アルバム『Blow Your Mind(ブロウ・ユア・マインド)』が、6月15日(金)にチェス・レコーズ/ユニバーサルミュージックより発売されることが明らかになった。同作は1988年の『Barbed Wire Blues』以来およそ30年ぶりに、オリジナルの新曲で構成されたアルバムになるという。
制作には長年にわたって彼のバックを務めてきたノーマン・ワット・ロイ(B)とディラン・ハウ(Dr)が参加し、プロデュースはロジャー・ダルトリーとの連名で発表された2014年作『Going Back Home』に続いてデイヴ・エリンガが担当。2012年末に末期の膵臓がんと診断され、2014年に克服を発表したウィルコが、この5年間に経験した試練の日々をテーマに作り上げたという12曲が収録される。
中には自らが受けたがん告知について綴ったものもあるという新曲の歌詞について、ウィルコは次のように語っている。
「70歳にもなると厄介だよ。つまり、この年齢の人間が何を歌えばいいんだい? “愛してるよベイビー、でも君はつれないよね”とかなんとか歌うっていうのかい? まさかな! そういうところがちょっと問題になってくる。でも、自分がその手の歌詞じゃなくて現実の経験を曲にするなんて思ってもいなかった。病気になるまではね」
また、収録曲について「こういう歌を録音するつもりは実のところなかったし、自分がスタジオにまた入ることがあるのかどうかさえわからなかった。曲のひとつは、あの時期を振り返ったものになっている。夜、家の中で座り込んで、死が迫ってきていることを感じている……という内容でね。その曲も録音したし、アルバムに入る予定。実はかなり元気のいい曲でもあるんだ!」とも明かしている。
リリースに先立ち、収録曲「Marijuana」の先行配信が開始された。また、iTunesではアルバムの予約受付もスタートしている。

ニュー・アルバム『ブロウ・ユア・マイ
ンド | Blow Your Mind』

2018年6月15日(金)発売

UICY-15741 ¥2,500+税

※日本盤CD:解説/歌詞・対訳付、SHM-CD仕様

01. ビューティ / Beauty

02. ブロウ・ユア・マインド / Blow Your Mind

03. マリファナ / Marijuana

04. テル・ミー・ワン・モア・シング / Tell Me One More Thing

05. ザッツ・ザ・ウェイ・アイ・ラヴ・ユー / That’s The Way I Love You

06. ロウ・ダウン / Low Down

07. テイク・イット・イージー / Take It Easy

08. アイ・ラヴ・ザ・ウェイ・ユー・ドゥ / I Love The Way You DO

09. イット・ドント・ハフ・トゥ・ギヴ・ユー・ザ・ブルース / It Doesn’t Have To Give You The Blues

10. ラメント / Lament

11. セイ・グッドバイ / Say Goodbye

12. スラミング / Slamiming

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着