吉田凜音

吉田凜音

【吉田凜音 インタビュー】
17歳の今の感覚を
ぎゅっと閉じ込めた

現役女子高生である彼女の“今”をそのまま曲に、リリックに落とし込んだ今作『SEVENTEEN』は、さまざまなクリエイターとタッグを組んだ最高にクールな一枚。今のリアルな心境を訊いた。

2枚目のアルバム『SEVENTEEN』は前作よりさらにボリュームのある、ジャンルレスな一枚になりましたね。

前作ではラップの曲が多かったんですが、今作ではラップだけでなく、大好きな歌も混ぜた曲が歌いたいと思い、「ビタラブ」のようなバラードや、「BQN」のような激しい曲、水曜日のカンパネラのケンモチヒデフミさんにお願いした最先端のサウンドの曲や、甘いラブソングなど幅広く挑戦しました。サウンドだけを聴いても楽しいし、歌詞は私と同世代の10代に共感してもらえると思います。

1曲目の「BQN」はとにかく攻撃的でスカッとしました。

カッコ良いですよね。ずっと一緒に曲を作ってくれているE TICKET PRODUCTIONは10代の気持ちを驚くほど分かっている歌詞を書いてくれるので、私自身がすごく共感するんです。この曲も少し世の中を馬鹿にしているような強気な曲で、普段思っていたとしても口にできないような言葉の清々しさが気に入っています。間違っても《くだらねー大人に「ふざけんな!」》とは言えないですからね(笑)。

あはは。リリックだからこそ言えることですからね。

はい(笑)。ちなみに「EYE CANDY」は強がりな女の子が電車で出会った男子に“今日こそ気持ちを伝えるぞ”と決心する曲なので、JKには絶対に刺さると思うんですよ。

今作はラブソングが増えましたよね。

AbemaTVで『真冬のオオカミくんには騙されない』に出演して、リアルに私が恋愛をする姿を見せたことで、楽曲提供をしてくれる方たちにも、そのイメージが多少ですが付いたんだと思うんです。さらに、少し大人になることで、「Circuit Board」のような少し前の私では歌えなかったような曲も歌えるようになったので、アルバムの精神年齢も上がった気がします。

17歳の今だからこそ歌える曲が詰まっているんですね。

はい。16歳って子供のイメージがあるし、18歳は大人で。その間である17歳の、どちらでもない大事な年齢の感覚を表した一枚になりました。

今作ではシライシ紗トリさんのプロデュースが3曲収録されますね。

刺激的な出会いでした。お会いすることができたのでレコーディングのディレクションをしていただいたんですが、すごく細かく指示をしてくれるんです。これまでは自分の感覚だけで歌っていたことが多かったんですが、さらに深いところを教えてくれてグッと視野が広がりました。一緒に曲を作り上げていく感じがすごく楽しかったんです。シライシさんからは音楽を本当に愛する気持ちが伝わってきたので、これからも一緒に曲を作っていきたいですね。

JK的ソングと言えば、「ヤバババイ」も欠かせませんね。

あはは。JKって全てを“ヤバイ”で済ませているんですよ。それがすごく面白いなと思って歌っているんです。こういう曲も今だからこそ歌える曲だと思うんです。

プライベートでもJKの今だからこそしたいことはありますか?

あと1年で卒業しちゃうので、たくさん制服を着て、プリクラをたくさん撮って、女の子らしい青春を送りたいですね。

凜音さんって普段はすごくナチュラルな女子ですよね。

そうなんですよ(笑)。普段は驚くほど普通のJK! だからこそ、歌える曲を大事にしていきたいと思っています。

取材:吉田可奈

アルバム『SEVENTEEN』2018年4月25日発売 Colourful Records/ビクターエンタテインメント
    • 【初回限定盤(DVD付)】
    • VIZL-1366 ¥3,500(税抜)
    • 【通常盤】
    • VICL-64988 ¥3,000(税抜)
吉田凜音 プロフィール

ヨシダリンネ:2016年に地元北海道から本格的にアーティスト活動に専念すべく上京し、17年8月にミニアルバム『STAY FOOL!!』でデビュー。独自のファッションセンスとメイクで同世代の女子から高い共感を集め、ティーン誌をはじめ幅広くファッション誌に掲載される他、映画等にも出演を果たし女優としても活躍中。吉田凜音 オフィシャルHP

吉田凜音
アルバム『SEVENTEEN』【初回限定盤(DVD付)】
アルバム『SEVENTEEN』【通常盤】

アルバム「SEVENTEEN」
初回盤DVDライブダイジェスト
&トレーラー

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着