HKT48×優光泉:九州一周プロジ
ェクト、ついにゴール!「つまみん
ダンスを流行らせたい!」

エリカ健康道場は、HKT48のメンバーが九州を一周し、九州の魅力と九州野菜を中心に作られた完全無添加酵素飲料「優光泉(ゆうこうせん)」の良さを全国に発信するプロジェクト「#九州まわるっ隊!〜みんなに会いに行くけんね♡〜」を2018年4月10日より実施している。

2018年4月21日にHKT48の拠点でもある福岡の福岡市役所西側ふれあい広場で九州一周の達成を記念したゴールイベント「#九州まわるっ隊!フェスティバル」を開催した。

HKT48メンバー7人登場

ゴールイベントがスタートすると、「優光泉」のオリジナルラッピングを施したPR車両「優光泉フレッシュワゴン(通称:フレワゴ)」と共に、佐賀・長崎・熊本・鹿児島・宮崎・大分の九州各県を訪れたHKT48メンバー7人(冨吉明日香、豊永阿紀、渕上舞、松岡はな、宮﨑想乃、森保まどか、山下エミリー)が会場に到着。

フレワゴと共に最終地点の会場にゴールしたメンバーたちを、会場に駆けつけたファンの皆様が大歓声と共に出迎えた。
晴天の中で開催された「#九州まわるっ隊!〜みんなに会いに行くけんね♡〜」ゴールイベントは、HKT48メンバーとPR車両「フレワゴ」の登場からスタート。

九州各県を巡ったメンバーはそれぞれ訪れた場所の思い出を語った。

森保「素敵な撮影でした」

佐賀県出身の宮﨑は幕末維新記念館で行われた本プロジェクトの出発式に参加。「カンカン照りのなかとっても盛り上がって、佐賀に来てよかったとお客さんに言ってもらえたことが嬉しかった!」とファンとの思い出を語った。

森保は出身の長崎県を訪れ「坂本龍馬像や稲佐山の夜景を見に行ったり、長崎の素晴らしい名所を一日中まわって素敵な撮影でした」とコメント。

豊永「歴史にたくさん触れられた」

松岡はなは熊本県で「夕方からの試飲イベントだったので仕事や学校帰りの皆さんが立ち寄ってくれて嬉しかったです!」と。熊本名物のいきなり団子を食べられたことが嬉しかったようで「中にお芋と餡が入っているんですけど、熱々ですっごく美味しかった!」と満面の笑顔だった。

豊永は鹿児島県を巡り「鹿児島は九州の中で福岡から一番遠いので、なかなか会いに行けないというファンが会いに来てくださり、涙まで流してくれて、もっともっと会いに行きたいなと思いました。大河ドラマでも盛り上がっている鹿児島で西郷隆盛像を見に行って歴史にたくさん触れられた一日でした」と感激。

冨吉「チキン南蛮と旬のマンゴーをいた
だきました」

冨吉は今回のプロジェクトのロケで唯一、雨が降ってしまった宮崎県をまわった。「3人とも雨女だったのか、1日目は土砂降りで荒れた天気になってしまい、急遽2日間のロケになりました。2日目は嘘みたいに晴れてよかったです。ここぞとばかりに2日間チキン南蛮と旬のマンゴーをいただきました」と過酷なロケを乗り越えて達成感を味わった様子だった。

渕上は大分県に行って「親子連れのお客さんのお子さんにもおいしいと言ってもらえて、優光泉はすごいなと思いました。別府地獄巡りをした際に⾷べた地獄蒸しの卵がすごく美味しくてみんなで50個くらい食べました!」と驚きの発言。しかし、後から「20個」だったと訂正が入り、話を盛っていたことをメンバーに突っ込まれていた。

「つまみんダンスを流行らせたい!」

山下はゴール地点の福岡県担当。ゴールイベント前に福岡タワーやももち浜を訪れ、フレワゴに最後のサインとコンプリートシールを貼った。「他のロケ地は3人ずつでしたが、ラストの福岡は7人でロケをしたので、とても明るく楽しかったです!」と思い出を語った。

会場で流れていた、HKT48の11枚目のニューシングル「早送りカレンダー」(5月2日発売)は、初の地元福岡ロケのMV。

森保はダンスの「つまみんダンス」を「流行らせたい!流行語大賞狙います!」と意欲的にアピールしていた。
メンバーたちはヒートアップした会場に感無量の様子で、九州を巡った感想や各県のイベントに訪れてくれたファンの皆様に感謝を述べたり、5⽉2⽇にリリースされるHKT48の11枚目のシングル「早送りカレンダー」のMV撮影エピソードを披露していた。

ステージの最後に行なわれたコンプリートコールでは、会場に集まった1,000人を超えるファン全員が参加し、会場は⼀体感に包まれた。
▼HKT48×優光泉「#九州まわるっ隊! プロローグムービー」
▼HKT48×優光泉「#九州まわるっ隊! オープニングムービー」
▼HKT48「早送りカレンダー 」

佐藤仁

日本だけでなく欧米やアジアのポップカルチャーやエンターテイメント、メディアの動向を幅広く取材。放送作家・番組制作協力も多数。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着