最上川司&花見桜こうき「最上桜劇場
」凱旋公演で大爆笑の山形弁講座

ビジュアル系演歌歌手兼ビジュアル系バンド「THE MICRO HEAD 4N’S」のドラム・最上川司とビジュアル系バンド「ダウト」のボーカル兼ムード歌謡歌手・花見桜こうきの2人がおくる「最上桜劇場」。今回は「初巡業」と称して、花見桜の故郷・神戸、最上川の故郷・山形、そして東京の浅草を回る。

2日目の公演は5月3日、山形テルサ アプローズで公演が行われた。300枚の限定チケットは完売。最上川にとっても2016年12月のワンマンライブから約一年半ぶりの凱旋公演になる。それぞれの持ち曲、最上川司の「まつぽいよ」、花見桜こうきの「アイラブ東京」の山形バージョンを始めとして、「お祭りマンボ」「孫」「恋のバカンス」など演歌・歌謡の名曲全19曲を披露。お互いに美しいハモリをつけるなど、歌唱力の高さも発揮したショーだった。片方が女性役になってデュエット曲「3年目の浮気」やこの公演のテーマ曲とも言えるオリジナル曲「最上桜音頭」も披露した。

トークコーナーでは、前回の神戸が関西弁縛りで最上川が四苦八苦。今回の山形は山形弁縛りでMCが展開された。ショーの中盤では花見桜こうきと観客を生徒にしながら、最上川司の独断山形弁講座が催された。「早く行こうぜ!」は「わらわらあべはー」、「ドンキホーテ」は「ドンクシホーテ」。「かきくけこ」の中に小さな「つ」を入れるのがコツ。「ビデオデッキ」が「ビデオデックツ」になる。応用編として、「ドンキホーテに行ってCDプレーヤーとビデオデッキ買ってきてください」は「ドンクシホーテさいってスェーデープレーヤーとビデオデックス買ってきてけろ」になる。これを会場全体で繰り返し練習する一場面も。会場の観客とステージ上の2人、ともに大爆笑の中 宴は繰り広げられた。

また、次回は花見桜こうきの両親の新婚旅行がハワイだったことにちなみ、ハワイ公演を目指すと宣言。ショーの最後では最上川が「一言忘れていることに気がつきました。ただいまー!」とタイミングをすっかり外した挨拶も。また、「ビジュアル系はみんなおっかないメイクをしてるから、お互いにおっかない人だと思ってました。会ってみたらこんなにいい人。ところでビジュアル系ってなに?」と最上川。大爆笑と名曲三昧のエンターテイメントショーに日本各地から集まったファンも大満足の100分だった。

関連リンク

全日本歌謡情報センター

歌謡曲・演歌に特化したエンタメ情報サイト

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着