VULFPECK、最新作『Mr. Finish Line
』から「Vulf Pack」のMVが公開

LAを拠点に活動するミニマル・ファンク・バンド、Vulfpeck(ヴルフペック)による3rdアルバム『Mr. Finish Line』から、Joe Dartによるファンキーなベース・プレイが冴え渡るインスト・ナンバー「Vulf Pack」のMVが公開された。
Jack Strattonを軸に、Joe Dart、Woody Goss、Theo Katzmanというマルチプレイヤーたちによって2011年に結成されたVULFPECK。昨年リリースされた本作『Mr. Finish Line』には、Coco Oをフィーチャーした「Business Casual」の他に、Bobby Womack『The Poet』、Michael Jackson『Got To Be There』などで知られるギタリストのDavid T. Walkerをはじめ、伝説的ドラマーのJames Gadson、さらにはPrinceのドラマーとして有名なMichael Bland、そしてファンク・ベース界の第一人者Bootsy Collinsが参加した楽曲も収録。

さらに、日本盤CD限定としてボーナス・トラック3曲が追加収録されているほか、ライナーノーツはTENDREの河原太朗が担当している。


【リリース情報】

VULFPECK 『Mr. Finish Line』

Release Date:2018.05.02 (Wed.)
label:P-Vine
Cat.No.:PCD-24722
Tracklist:
1. Birds Of A Feather, We Rock Together (feat. Antwaun Stanley)
2. Baby I Don’t Know Oh Oh (feat. Charles Jones)
3. Mr. Finish Line (feat. Christine Hucal & Theo Katzman)
4. Tee Time
5. Running Away (feat. Joey Dosik, David T. Walker & James Gadson)
6. Hero Town (feat. Michael Bland)
7. Business Casual (feat. Coco O.)
8. Vulf Pack
9. Grandma
10. Captain Hook (feat. Baby Theo, Bootsy Collins & Mushy Kay)
11. Eddie Buzzsaw*
12. Captain Hook (Studio Instrumental)*
13. Mr. Finish Line (Instrumental)*

*=Bonus Track
[★解説:河原太朗(TENDRE) ★日本盤CD限定ボーナス・トラック3曲収録]

Spincoaster

『心が震える音楽との出逢いを』独自に厳選した国内外の新鋭MUSICを紹介。音楽ニュース、ここでしか読めないミュージシャンの音楽的ルーツやインタビュー、イベントのレポートも掲載。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着