2018年6月23日 at マイナビBLITZ赤坂

2018年6月23日 at マイナビBLITZ赤坂

【サイダーガール ライヴレポート】
『CIDER LABO Vol.5 -赤坂ノ陣-』
2018年6月23日 at マイナビBLITZ赤坂

2018年6月23日 at マイナビBLITZ赤坂
2018年6月23日 at マイナビBLITZ赤坂
2018年6月23日 at マイナビBLITZ赤坂
2018年6月23日 at マイナビBLITZ赤坂
2018年6月23日 at マイナビBLITZ赤坂
 サイダーガールが6月23日、マイナビ赤坂BLITZで自身最大規模となるワンマンライヴ『CIDER LABO Vol.5 -赤坂ノ陣-』を開催した。満員の観客が迎える中、バンドは2時間にわたって、アンコールを含め全21曲を熱演。メジャーデビューから1年、人気の上昇とともにバンドがいまだ成長を続けていることをアピールした上で、さらなる前進をファンに約束した。

 逸る気持ちを抑え切れない観客がステージに押し寄せ、一曲一曲、イントロやメンバーによる曲名のコールに対して、大きな歓声が上がった。序盤からいきなり盛り上がったスタンディングの客席に“赤坂、元気すぎないか?(笑)”とフジムラ(Ba)をはじめ、メンバーたちは気圧され気味だったが、そんな光景が印象付けたのは、多くのファンがこの日この瞬間を心待ちにしていたこと。200人規模のライヴハウスで始まった自主企画イベントは、3年で1,300人を集めるまでになっていた。

 フジムラによる“ソールドアウトありがとうございます!”という言葉に、その感慨を込めながら、バンドは熱演を繰り広げる。メンバーのなまけものぶりを描いたショートムービーを挟んでから、ギターの轟音で圧倒した「雨と花束」などをじっくり聴かせた中盤。そこから一転、3日前にリリースしたシングル「約束」を含む、アップテンポのロックナンバーを畳み掛けた終盤。その流れの中でYurin(Vo&Gu)がマイク片手に歌う場面が増えたり、知(Gu)が「アイヴィー」で客席を煽ったり、さらなる観どころが加わったことをアピール。会場の規模に加え、ライヴバンドとしても彼らはスケールアップし続けている。

 大空に舞い上がるようなメロディーが印象的だった「ラスト」で一緒に歌った観客は、「メランコリー」ではダンスビートに合わせジャンプ。“前に進んでいくので付いてきてください”というYurinの宣言を裏付けるように終演後、アルバムのリリースとツアーが発表され、歓喜の声が会場にあふれたのだった。

撮影:山川哲矢/取材:山口智男


セットリスト

  1. 1.エバーグリーン
  2. 2.パレット
  3. 3.リバーシブル
  4. 4.ハローミュージック
  5. 5.メッセンジャー
  6. 6.グッドモーニング
  7. 7.パズル
  8. 8.くらし
  9. 9.なまけもの
  10. 10.ナイトクルージング
  11. 11.茜色
  12. 12.雨と花束
  13. 13.ドラマチック
  14. 14.しょうがないよな
  15. 15.アイヴィー
  16. 16.約束
  17. 17.オーバードライブ
  18. 18.ラスト
  19. 19.メランコリー
  20. <ENCORE>
  21. 1.くじらの街
  22. 2.群青
サイダーガール プロフィール

シュワシュワとはじける炭酸の泡は爽快感、その泡はあっと言う間に消えてなくなってしまう儚さ。そしてどんな色にも自在に変化していく。そんな“炭酸系サウンド”を目指し、2014年5月、動画サイトを中心に活動していたYurin(Vo&Gu)、VOCALOIDを使用して音楽活動していた知(Gu)、フジムラ(Ba)で結成。インターネットを含むメディアでは一切顔を出さず、ライヴ会場でのみ本人たちの姿を目撃できるということと、“炭酸系”サウンドが相まって話題となり、17年7月にシングル「エバーグリーン」でメジャーデビュー。同年10月には初のフルアルバムとなる『SODA POP FANCLUB 1』をリリースした。そして、12月1日に4枚目となるフルアルバム『SODA POP FANCLUB 4』をリリースする。22年1月からは、アルバムを引っ提げた全国11都市を巡るツアーを敢行する。サイダーガール オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』

新着