鬼束ちひろの新曲ジャケットが小悪魔風のイラストに仕上がっているとか。ということで今回みなさんに、小悪魔なイメージの女性芸能人について聞いてみました。
1位:沢尻エリカ
2位:吉高由里子
3位:北川景子
4位:桐谷美玲
5位:佐々木希
 「オレが守ってやらなきゃ」と相手に勘違いをさせ、例え不利益なことであっても「仕方ないヤツだな」と許させてしまう、そんな不可思議さを持つのが小悪魔の特徴。その中でも、“わがまま・自分勝手”というイメージから「エリカ様」と呼ばれ、「別に」という発言が有名になった《沢尻エリカ》が1位に選ばれました。周りとの交わりを好まないという先入観を持たれた彼女でしたが、今年6年ぶりにバラエティ番組に出演したときは、MCの安住紳一郎アナと2人でまるでデートのように横浜から都内へと巡り、安住アナに「あ〜ん」をするなど、和やかな表情でロケが行われたとか。また笑福亭鶴瓶のトーク番組では飾らないトークを展開し、ドラマ特別企画『時計屋の娘』では清楚ないい子キャラで1年半ぶりのドラマ主演もしたそう。これらの放送をきっかけに、彼女に対するイメージを変えた人もいたでしょうね。

 原宿でスカウトされたのをきっかけに芸能界入りし、CMや映画、ドラマで大活躍中の《吉高由里子》が1位とわずかの差で2位にランク・イン。最優秀女優賞を受賞した、『第5回 TAMA映画賞』の授賞式で、「『ハイボール飲んでウィー』とかやっても、台本読んでせりふとかちゃんと覚えている」と脱“不思議ちゃん”を自らアピールしたよう。いずれにしても、しっかりした自分を持っているのに表現下手で、業界受けや世間受けはイマイチでも女優としての評価は高い…というのが小悪魔な女性芸能人に共通している特徴のようですね。

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:14643票
投票期間:2013/11/4〜11/11
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません

goo ランキング

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着