Elen Never Sleeps / Paradise Lost
国内インディ・シーンにおけるアウ
トサイダーが長い沈黙を破り遂に1st
をドロップ。徹頭徹尾貫かれる美学に
酔いしれて

東京を拠点とする音楽家・Kajiによるプロジェクト、Elen Never Sleepsが初のフル・アルバム『Flowers For Hesse』を6月29日(金)にリリースしました。

本作は2013年にリリースされた『Rum EP』以来およそ4年半ぶりの作品。プレス・リリースによると、Elen Never Sleepsは西洋音楽業界が日本に対して、基本的に奇妙で偏心的で東洋的なものであることを期待していることに対してフラストレーションを感じていること、そしてそういったバイアスを取り除くことこそが、このプロジェクトの主要な目的のひとつでもあることが記載されています。

かつてmöscow çlubが主導となって発表されたコンピレーション・アルバム 『Ç86』(https://gayveganvinylcassette.bandcamp.com/album/c-86) にも深く関わるなど、東京を中心としたアンダーグラウンドなインディ・シーンと密接な繋がりをもっていたElen Never Sleeps。しかし、前作リリース以降は沈黙期間を挟んだことにより、シーンも目まぐるしい変化を遂げました。しかし、そういった時代/時流の変化を経ても、Elen Never Sleepsの核となるサウンドは一切ブレていないように感じます。この『Flowers For Hesse』は、言葉本来の意味ではなく、80年代のUKに端を発する「インディ・ロック」という美学をとことん追求するかのような、時代に流された雑音などは一切感じさせない、純度の高い作品と言えるのではないでしょうか。

今回はアルバム・リリースに先駆けて公開されたリード曲「Paradise Lost」をご紹介。〈Captured Tracks〉辺りのバンドにも通ずる繊細なインディ・ロックでありながら、〈Cascine〉界隈を想起させるような浮遊感と夢見心地なサウンドを擁した本楽曲。なんと、上音のアンビエントなシンセや、幻想的な世界観を煽るフルートは、全てエフェクト・ペダルを駆使したギターで奏でられているとのこと。こういったある種職人的なこだわりからもわかる通り、本作からは全体を通して緻密な構築美のようなものもヒシヒシと感じられます。
本当は表題曲の「Flowers For Hesse」を掲題としたかったのですが、埋め込みができなかったので、下記の再生リストから。ロマンティックなボーカルとセンチメンタルなメロディが涙腺を刺激する、珠玉のインディ・ポップとなっています。
【リリース情報】

Elen Never Sleeps 『Flowers For Hesse』

Release Date:2018.06.29 (Fri.)
Label:Elen Never Sleeps
Tracklist:
1. Flowers For Hesse
2. Sweet Jean
3. Paradise Lost
4. Anna From Heaven
5. Gentle Hymn
6. Haunted Darling
7. A Faded Beauty
8. Violet Jazz
9. Lera
10. We’re Undone

Flowers For Hesse by Elen Never Sleeps(http://elenneversleeps.bandcamp.com/album/flowers-for-hesse)

Spincoaster

『心が震える音楽との出逢いを』独自に厳選した国内外の新鋭MUSICを紹介。音楽ニュース、ここでしか読めないミュージシャンの音楽的ルーツやインタビュー、イベントのレポートも掲載。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着