嵐・二宮和也、自分たちの引き際は自
分たちで引きたい

紅白の話題やの重大ニュースの話の後、最近ニノが思っていることの話へ。

ニノは「自分たちの引き際は自分たちで引きたい。」と思っているそうです。

多くの人が自分で引き際を引けないというのが現実だと言うニノ。

時代の流れに合わせていく仕事をしているので、そういうものを自分たちで見極められる精神状態で働けるグループでいたいと思っているそうです。

例えばテレビ番組では「自分たちは出過ぎてるな。」と感じたら、そういうバランスを見極められるようにいたいと思っているそうです。

また、エンターテイメントの世界で仕事をしていて感じることは、次々に出てくるものを楽しんでもらいたいという気持ちもあるそうです。

一つの物が長くこの世界にいるのもありとするならば、逆もまたあるのではないかと思っているそうです。

色々なことに挑戦している人たちを見ることを楽しみたいと思う気持ちがあるそうです。

お世話になった人たちにはきちんと「ありがとうございました。」と言えるグループでありたいなと最近常々思っているそうです。


■関連記事

アーティスト

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』

新着