左から、石川界人さん、三上哲さん、中村悠一さん、櫻井孝宏さん、山本幸治プロデューサー

左から、石川界人さん、三上哲さん、中村悠一さん、櫻井孝宏さん、山本幸治プロデューサー

中村悠一「こんなんだっけ?と思った
(笑)」アニメ映画『虐殺器官』完成
披露上映会レポート

制作会社倒産の苦難を乗り越え、ついに公開となった喜びをキャスト陣が語りました

1月28日、映画『虐殺器官』の公開に先駆けた完成披露上映会が、お台場のシネマメディアージュで開催されました。
【フォトギャラリー】アニメ映画「虐殺器官」舞台挨拶、ビジュアルほか(画像2点)
中村悠一さん(クラヴィス・シェパード役)、櫻井孝宏さん(ジョン・ポール役)、三上哲さん(ウィリアムズ役)、石川界人さん(リーランド役)、プロデューサーの山本幸治さんが登壇。集まったファンに向け、本作についてのトークを披露しました。
伊藤計劃さん作の小説を連続劇場アニメ化していく『Project Itoh』の1つである『虐殺器官』。制作を担当していたマングローブが2015年の秋に倒産し、公開延期となっていましたが、本作のために新たに立ち上がったジェノスタジオ制作のもと今年ついに公開。
紆余曲折を経て、ついに完成へとこぎつけた『虐殺器官』。主人公を演じた中村さんは、アフレコが行われたのが2015年の1月とかなり前であったことを明かし、完成した作品の感想を「見たときに、こんなんだっけ?と思いました(笑)」と冗談交じりに話しました。
櫻井さんも「実際にできあがった映像を見るまでに年単位の時間があったので、アフレコをしたときまだちょっと遠くにあったものが近くにあるような、不思議な感覚を味わった」と語りました。
原作が大好きだという三上さんは「ホッとした。形になったのがすごくうれしい」とコメント。アフレコ当時、伊藤計劃さんが影響を受けたというゲーム『メタルギアソリッド』の収録にも参加しており、運命的なものを感じていたそうです。
そして、この日の登壇者で最年少の石川さんは「現場は先輩ばかりで緊張したのもあって、すごく記憶に残っています。僕が演じた中ですごく衝撃的なシーンがあり、それを見たときに『こうなったんだ』とすごくうれしい気持ちになりました」と喜びを明かしました。
自分にもしも〇〇器官が備わっていたら…
制作会社の倒産で一時は公開が危ぶまれた本作。「お蔵入りになることはない、何かしらの形でやるだろうなと勝手に思っていた」と中村さんは語り、他のキャスト陣もそれにうなずいていましが、一方、山本プロデューサーは、「いっそのこと止めたほうが楽なんじゃないかと思ったときもあった」と当時の苦労を吐露。
しかし、続けて「頭が禿げるかと思いました」と冗談とも本音ともとれる発言をし、「ごめんなさい、ギャグなんですか?」(櫻井さん)「その手のやつは困る」(中村さん)とキャスト陣からは困惑気味の突っ込みが入りました。
舞台挨拶の後半では、MCから『虐殺器官』にちなみ「自分にもしも〇〇器官が備わっているとしたら、どんなもの?」という質問が上がりました。
これに、ゲーム好きで知られる中村さんは「ガチャ器官。ついつい回しちゃう器官が僕の中には政府によって埋め込まれています(笑)」と答え、櫻井さんは「物欲器官が結構強い。同じ店に何回も行くので恥ずかしくて、マスクをしたりして軽めの『昨日来た人じゃないですよ』感を出して行くんですが、レジで『昨日もありがとうございます』っていわれて…(笑)」と語り、お客さんたちは大笑い。
三上さんは「アルコール器官ですね。ついつい飲みすぎて、電車に乗って寝過ごしてしまって…6時間たつとsuicaって出られなくなっちゃうんですよね」と驚きのエピソードを明かし、石川さんは「ネガティブ器官。普通に人にほめられても『どういう意図で発言しているんだろう?』とかいろいろ考えてしまう」と語りました。
そして、山本プロデューサーは、「驚くことにネガティブ器官と言おうと思ってた」と話しつつ、「マングローブが大好きだったので、マングローブ器官。ジェノスタジオはマングローブの遺伝子を受け継いでやっていきたいと思います」とファンにとっては非常にうれしい前向きな宣言をし、これに客席から拍手が起こりました。
『屍の帝国』『ハーモニー』に続く『Project Itoh』の映画『虐殺器官』は、伊藤計劃さんのデビュー作であり、米軍特殊部隊のクラヴィス・シェパード大尉が世界各国の虐殺に絡む謎の言語学者・ジョン・ポールを追うストーリー。2月3日より公開予定です。

ウレぴあ総研

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着