<The Second Summer Of Love>から
30年、活動30年を迎えたA Guy Calle
d Gerald、記念すべきセットでの来日
決定

<The Second Summer Of Love>から30年、活動30年を迎えたA Guy Called Geraldが記念すべきセットで来日することが決定した。

A Guy Called Geraldは、Graham Masseyとのユニット808 Stateでもお馴染み、「Voodoo Ray」や「Pacific State」をはじめ、ヨーロッパにアシッドハウスを広め、その後も/ドラムンベースの基礎を創りあげた1人として知られている。

ブリティッシュダンスミュージックを生み出した彼は25年間のソロ活動の間9枚のアルバムをリリースし、今もライブセッションといったパフォーマンスで本物のダンスミュージックを世界に発信、2012年に再びGraham Masseyと共にREBUILDというライブプロジェクトを始めるなり、ソロではBosconi Recordsから「How Long Is Now」をリリース。2013年にはBowers & WilkinsとPeter GabrielのReal World Studiosがコラボレーションしている”Society of Sound”からライブアルバム『Silent Sound Spread Spectrum』をリリースするなど精力的に活動を続けている。

現在はLive In Sessionのコンセプトを掲げ、世界中でパフォーマンスをこなしている。なお来年には自身のデジタルレーベルと新しいアルバムの制作に向けてスタジオワークにも力を入れている。

一方のContactフロアには、野村 訓一率いるMild Bunch Sound Systemが集結し花を添えることになっている。ブリティッシュ・ダンスミュージックの生みの親が贈る特別な一夜をお見逃しなく。

<A Guy Called Gerald LIVE -30 Year
s Of Independence Tour->

8月3日(金)
渋谷Contact
10PM | Before 11PM ¥1000, Under 23 ¥2000, GH S members ¥2800, w/f ¥3300, Door ¥3800

Studio:
A Guy Called Gerald -Live
Ko Umehara
Qmico

Contact:
Mild Bunch Sound System feat.Fran-key(Crue-l)、 Fraser(Nike)、Kun(Tripster)、Maxxrelax(blackmaps)& Sam Fitzgerald(TNP)

Supported by Cocalero

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着