【好感度調査】ジャニーズタレント好
感度ランキング(ベテラン編)

 圧倒的な若さで弾けるパフォーマンスを見せてくれる若手ジャニーズもいいけれど、年を重ねてさらに円熟味を増した彼らもまた、魅力的ですよね。そこで今回はみなさんにジャニーズのベテランタレントの中で好感を抱いているのは誰か聞いてみたところ、栄えある1位には《東山紀之(少年隊)》が選ばれました。
1位:東山紀之(少年隊)
2位:櫻井翔(
3位:城島茂(TOKIO
4位:大野智(嵐)
5位:相葉雅紀(嵐)
 1985年に発売された少年隊のデビュー曲『仮面舞踏会』は、いまだに歌い続けられる名曲。80年代〜90年代にかけてジャニーズの黄金期を築いたグループですが、その中でもキレのあるダンスに定評のあった《東山紀之》の存在感はひときわ大きかったよう。近年はグループとしての活動は休業状態ですが、彼個人としてはドラマ・映画・舞台における役者としての活躍や、ドキュメンタリーのナレーションまで、幅広く仕事をこなしています。女優・木村佳乃と結婚し子どもが誕生してからは、バラエティ番組で「親バカぶり」も披露。さらに親しみやすさが増したことも、好感度が高まった理由かもしれません。

 2位は《櫻井翔(嵐)》がランク・イン。嵐のメンバー全員がトップ10圏内に入る激戦ぶりでしたが、その中でも特に爽やかで、育ちの良さそうな印象がある彼が最も上位に入りました。近年はアイドルグループとしてだけではなく、キャスターとしてのイメージも強い彼。この2月に開催されるソチ五輪では、北京、バンクーバー、ロンドンに引き続き、4度目の日本テレビ系キャスターにも抜擢されています。気の利いたコメントとトークを繰り広げてくれること、今から楽しみですね。

調査方法:NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション(株)提供の「NTTコム リサーチ」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
調査期間:2013 /10/31〜2013/11/1
有効回答者数:1,060名

アーティスト

goo ランキング

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』

新着