2018年7月26日 at 恵比寿LIQUIDROOM

2018年7月26日 at 恵比寿LIQUIDROOM

【Wienners ライヴレポート】
『Wienners presents
TEN TOUR 2018』
2018年7月26日 at 恵比寿LIQUIDROOM

2018年7月26日 at 恵比寿LIQUIDROOM
2018年7月26日 at 恵比寿LIQUIDROOM
 悪天候のため延期となった大阪・梅田Shangri-La の振替公演がこの翌々日になったため、実質的に7月26日の恵比寿LIQUIDROOMがファイナルではなくなったが、この日のテンションを見る限り、ツアーは大団円だったと言っていいと思う。昨年のリレコーディングベストアルバム『BEST NEW RETAKES』でリスタートしたWiennersは、今夏発表したニューアルバム『TEN』でバンドそのものがネクストステージに突入したことをライヴの場で堂々と示した。

 夏休みに入ったと言っても、この日は週末でも何でもない平日の夜であったのだが、開演時間にはフロアがオーディエンスで埋まるだけでなく、PA後方も関係者でぎっしりと埋め尽くされ、集まった人たちのWiennersに対する期待感の高さが実感できた。開始直前、会場BGMのボリュームが上がっただけで歓声が沸き、手拍子でメンバーの登場を催促。ステージに現れた玉屋2060%(Vo&Gu)が“遠慮なんていらないぜー!”と煽るまでもなく、1曲目「TEN」からダイブが飛び出す。いきなり熱々で、彼らが如何にアルバム『TEN』収録曲が眼前で演奏されるのを待ち侘びていたかが分かるリアクションであった。

 アルバムというものはレコーディングが終わった時点で完成ではないし、ミキシングやマスタリングでも、ましてやリリースされた時点でもない。それをオーディエンスの前で演奏し、ともに分かち合うことで完成に近づいていく。『TEN』は“ライヴハウスを想像しながら作っていた”(∴560∵(Ba&Cho))とのことだから、レコ発ツアーではアルバムの楽曲たちをライヴ空間に解き放ったと言っていい。その意味では、「TRADITIONAL」と「恋のバングラビート」を最初のブロックに入れたのは正解。全体としては中盤を除いては『TEN』収録曲にそれまでの代表曲を交えたセットリストが用意され、バンドの奥行きが増したことを示すことで、もうひとつの“TEN”=10周年を体現することにも成功していたように思う。玉屋2060%、∴560∵、アサミサエ(Vo&Key&Sampler)のフロント3者で会話するMCスタイルも新鮮だったが、親しみやすくて、とても良かった。

撮影:星野健太/取材:帆苅智之


セットリスト

  1. 1.TEN
  2. 2.TRADITIONAL
  3. 3.レスキューレンジャー
  4. 4.恋のバングラビート
  5. 5.ASTRO BOY
  6. 6.RAISE A LIOT
  7. 7.DANCE HALL CRUSHERS
  8. 8.BECAUSE I LOVE IT
  9. 9.ジュリアナ ディスコ ゾンビーズ
  10. 10.stimulation guerrilla
  11. 11.片瀬江ノ島
  12. 12.ドリームビート
  13. 13.カンフーモンキー
  14. 14.FUTURE
  15. 15.おおるないとじゃっぷせっしょん
  16. 16. VIDEO GIRL
  17. 17.Justice4
  18. 18.龍宮城
  19. 19.DEAR MY OCEAN
  20. 20.極楽浄土のあなたへ
  21. 21.マイノリティ
  22. 22.子供の心
  23. 23.LOVE ME TENDER
  24. 24.蒼天ディライト
  25. 25.愛鳥賛歌
  26. <ENCORE1>
  27. 1.TRY MY LUCK
  28. 2.Cult pop suicide
  29. <ENCORE2>
  30. Idol
Wienners プロフィール

ウィーナーズ:2008年に吉祥寺弁天通りにて結成。予測不可能な展開、奇想天外かつキャッチーなメロディーに人懐っこい男女ツインヴォーカル絡み合う、類を見ない独自の音楽で、子供から大人まで聴くもの全ての喜・怒・哀・楽を電撃的にロックする銀河系パンクバンド。Wienners オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

新着