日本の音楽シーンを拡張する国際派ヒ
ップホップ・クルーCIRRRCLEのダイバ
ーシティ | Music DNA #30

3人が揃うからこそ生まれるもの

ー3人はどんなきっかけで一緒に活動を始めたんですか?

A.G.O:
元々Amiは別のフューチャーR&Bデュオをやっていて、Jyodanはラップのクルーに入っていて、その頃から二人は一緒に曲を作ったりしてたんです。僕は細々と一人で作った曲をSoundcloudに上げてて。それで、Anderson .Paakの初来日ライブに行った後に友達と集まって飲んでた時にAmiがいて、共通の友達が「一人でやってるなら誰かと一緒にやりなよ」って紹介してくれたんです。そこから家に行ってビートにのせて歌ってもらったらすごく良かったので、ちゃんと録音しようという事になったんです。
Amiide:
さらに自分は前々からJyodanと仲が良かったので「ここのパート、Jyodanにラップさせよう」って言って録ってもらって。
A.G.O:
それで曲ができたし、せっかくだから一緒にやってみようということになったのが2016年の冬ですね。
ーAmiさんとJyodanさんはどんな出会いだったんですか?

Amiide:
JyodanはLokyoというラップクルーに所属してたんです。そこのリーダーのOneTwentyとは3年前くらいに一緒にソウルバンドをやっていて、彼の紹介でJyodanと出会いました。どちらもファミリーみたいな感じですごく仲良しです。
ーJyodanさんは今はアメリカにいるんですよね?

Amiide:
そう、11月から12月くらいに一旦帰って来れたらいいなって話はしてるんですけど、奴は結構自由なんでいつ帰ってくるかわかんないですね(笑)。でも彼がアメリカに行っているおかげで、自分も彼のところに遊びに行って3ヶ月位生活させてもらうことができたし、向こうで色んな人と出会えたから、いいきっかけにはなってるかな。
ー「CIRRRCLE」というグループ名はどのように決まったのでしょうか。

A.G.O:
僕ら3人はそれぞれ全然違っていて、バンドっていう感じでもないし、3人揃ってキマるっていう感じでもないんですよ。
Amiide:
それで、最初は動画やグラフィック、色んなアートも含めてコレクティヴみたいな形にしたいねって話をしてた時に、Jyodanが「自分たちってグループでもないしバンドでもないし、でもいつも自分たちのサークルにいる感じだよね」ってぽそっと言ったのを採用しました。日本で大学の「サークル」とか言うじゃないですか。だから、そのニュアンスも込みですごくしっくり来たんですよね。
ーRを3つ重ねたのにはどんな理由があるのでしょう。メンバーが3人だからということですか?

Amiide:
それはよく言われるけど違うんです(笑)。坂本龍一さんの事務所が「commmons」って言ってmが3つなんですよ。坂本龍一さんは世界的なアーティストだし、私は目の前で演奏を見たことがあって、前々からすごくリスペクトしていて、自分たちの音楽も世界に向けて発信したいという思いがあるので、そのアイデアをいただきました。ライブでも「Rが3つ」っていうと伝わりやすいんですよね。
ーメンバーそれぞれが別の活動をしてきたわけですが、今までの活動とCIRRRCLEでの活動で違いを感じる部分はどんなところですか?

A.G.O:
3人揃うと絶対に自分だけじゃ生まれないものが生まれるなって思います。
Amiide:
自分は曲の作り方が全く変わりました。前はトラックメーカーと組んでいたので、歌は全部自分で考えていたんです。でも今は自分だけじゃなくて、Jyodanがいるし、彼は天才なんで5分くらいでパッとサビを作るんです。それに対して自分がディレクションすることもあるし。今回のリリースの表題曲に関しては自分が色んなアイデアを出したので、そういう曲に対しての思いは強くなりますね。

ー楽曲制作に関しては初めから共有していたものがあったんですか?それとも一緒に曲を作り始めてお互いの感覚が分かってきたのでしょうか。

A.G.O:

それはプレイリストの効果が大きいかもしれないです。僕らは半年前くらいから毎週更新してるプレイリストがあるんですけど、そこでお互い刺さるものが見えてくるんですよ。

ープレイリストは聴いて楽しむだけじゃなくて、グループ内の感覚共有にも使えるんですね。

A.G.O:
多分、曲を作ってるだけだったら少しずつずれてくることがあると思うんです。実際に去年の終わりくらいにそれぞれイメージしてるものが伝わらなかったりして、ずれかけた事があって。その後にプレイリストを始めたらそういうこともなくなりましたね。
ー最初にプレイリストを始めたきっかけはどんなものだったのでしょうか。

A.G.O:
僕の好きなイギリスのラッパーのJay Princeが自分のバックグラウンド的な曲を集めた「SOULBEAUTIFUL」っていうプレイリストやっていて、それがすごくいいなと思ったんです。
A.G.O:
僕らのことを知らない人達に、僕らのバックグラウンドとか、好きなものを見せる自己紹介的に使えるんですよね。
Amiide:
それに最近自分たちが大好きなDJの人が「もう君たちのプレイリストしか聴いてないよ」って言ってくれて。
A.G.O:
僕らのプレイリスト、DJ受けとアーティスト受けがすごくいいんですよ。けっこう厳選してるつもりだから、そう言ってもらえてすごく嬉しかったです。
ー選曲は3人がそれぞれ好きな楽曲を選んでいるんですか?

A.G.O:
6割くらいは僕が選んで、残りは二人が選んだ曲からさらに僕が絞って入れています。Spotifyはこれまでの視聴履歴とかでだんだん自分好みになっていくじゃないですか。それが上手に働いて僕のRelease Radarは好みの曲が集まってくるのでかなり便利なんですよ。
Amiide:
でもメンバー内でRelease Radarの曲がほとんどかぶるっていう(笑)。
A.G.O:
だから僕はたまにSoundcloudで探したりしてます。
【関連記事】

DIGLE MAGAZINE

プレイリスト専門webマガジン「DIGLE MAGAZINE」。最新&話題の音楽プレイリスト情報、インタビュー、イベント情報をお届けします。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』

新着