【インタビュー】THE LITTLE BLACK、
ライヴ活動で研ぎ澄まされてきたサウ
ンドが凝縮されたミニアルバム『THE
LITTLE BLACK』

WHITE ASHののび太(Vo,Gt)と彩(Ba)がオーディションで加入したドラマー・マットと共に結成した新バンドTHE LITTLE BLACKが、デビュー・ミニアルバム『THE LITTLE BLACK』を10月10日にリリースする。待ちに待った、というファンも多いだろう。結成以来1年間、ライヴ活動で研ぎ澄まされてきたサウンドが凝縮された5曲は間違いなくその期待に応えてくれるはず。今回、結成時のエピソードから、今作の楽曲についてまで訊かせてもらった。後半でのび太が語ってくれた、楽曲作りの背景にある「ロックバンドと時代の関係」はとても興味深いものとなった。是非多くに人に読んでもらいたい。

■WHITE ASHとは別物っていうことをわかりやすくするために
■編成が違う3ピースにしようと思ったんです

――最初に訊いておきたいんですけど、THE LITTLE BLACKの「THE」は読まなくて良い んですか?

のび太(Vo,Gt):はい、「THE」は読まないで「リトル・ブラック」で大丈夫です。アルバム・タイトルも同様に読んでください。

――わかりました。のび太さんと彩さんがWHITE ASHを解散後に始めたのがこのバンドなわけですが、最初から3ピース・バンドにする前提だったんですか。

のび太:WHITE ASHを2017年3月に解散して、彩さんと一緒に新しくまたバンドをやろう かっていう話になったんですけど、前のバンドとは違う形でやりたかったんです。「別 物」っていうことをわかりやすくするために、編成が違うというのがわかりやすいなと。 それで3ピースにしようと思って、2017年4月に「一緒にバンドやりたい人募集!」っていうツイートをしたら、100人くらいの応募があったんです。そこから3ヶ月かけて3次4次審 査くらいまでやって、最終的に選ばれたのがマットです。

――マットさんはアークティック・モンキーズのドラマーのマット・ヘルダースに似ているということからマットと名付けられたそうですが。

マット(Dr):ははははは、そうです。

のび太:そうなんですよ。オーディションのときに髪を切ったばかりで、それがアークティック・モンキーズのマットの髪形に似ていたんです。でもその時点でマットはアークティック・モンキーズのマットをそんなに知らなくて。僕ら側で「あっ!マットっぽい」っ て思ったんですけど。でも、今は全然髪型が変わっちゃって。髪型きっかけでマットになったものの、今はもうその制約を無視して自由にやっていますね。

マット:制約を突き破ってやってます(笑)。
――そもそも3ピース・バンドでやること自体、彩さんは異存なかったんでしょうか。

彩(Ba):勝手に、また四人バンドを組むものだと思っていて、「ギタリストをもう一人入れないとね」って話したら、「あんまりイメージないんだよね」って言われたので。ということは3ピースなんだなと。ちょっと意外でした。あんまり3ピースの経験もなかったので。

のび太:だから、「3ピース・バンドをやろう」という形から入った感じですね。一応、全員ドラマーさんを見て、一緒にやるイメージを大事にしたいなと思っていました。

――マットさんのどんなところが一緒にやる決め手になったんですか。

のび太:オーディションのときからそうだったんですけど、一度聴いたら「なんじゃこりゃ」っていうクセがスゴいドラマーで。得意なジャンルはヒップホップやR&Bといったブラック・ミュージックなんですけど、オーディションのときもそういう曲で演奏を披露して。そのときにすごく個性的だなって思ったのがまずありました。どういうドラマーがいいか考えたときに、純粋にロック、ロックンロールが好きで得意なドラマーを入れるというのと、もしくは全然ロックンロールじゃないドラマーを入れてロックンロールをやるっていう2択を考えていて。ロックが好きな人がロックを叩くのは想像がつくけど、ロックがルーツじゃない人が叩くロックンロールって、たぶん普通にロックをやったとしても、ちょっと違和感があるというか、面白いロックンロールになるんじゃないかと思って。マットは一緒にやって色んなことを試してみたいなって思わせるドラマーだったので、これはすごく面白くなるなと。それでマットに決めました。

――マットさんご自身は、どんな気持ちで応募したんですか。

マット:もう、めっちゃ熱い気持ちでした。最初にメールを送った時点で「僕は今震えています」みたいな文章を送って(笑)。もともと高校生の頃にライブを観たこともあった ので、「この人たちとライブをやったら面白そうだな」って思ったんです。ヒップホップ やR&Bはずっと好きなんですけど、ドラムを始めた時点ではロックを聴きまくっていて、その中でWHITE ASHのライブを観たりもしていたので、急に真新しいことをやるというのではなくて、自分が一度通ってきた道だから、そこで今自分ができることを一緒にやった ら面白いことになるだろうなって思っていました。
▲のび太(Vo,Gt)

――マットさんとやることになったときには、今回の曲は既にあったんですか。

のび太:今作の中では2曲目の「波紋」と4曲目の「夕焼けはなぜ」はあらかじめ作っておいた曲で、残りの3曲はマットが入ってからまっさらな状態で作った曲です。最終オーディションで「このバンドでやる曲をやります」って言って、今作には収録されていない曲をやったんですけど、そのときにマットのフィルにビックリしたんですよ。リズムをちゃんと取ると合ってるんですけど、一聴しただけだと、リズムが合ってるのか合っていないのか、自分がリズムをキープしていないと、どこで入ったらいいかわからなくて(笑)。と にかくトリッキーなんです。最初にやってみたときに、「あれ?思ったよりやりづらいかも?」って。

彩・マット:ははははは(笑)。

のび太:でも、合わせているうちにクセになってくるというか。リズムはちゃんと合ってるから、このフィルに自分がちゃんと乗れれば合わせたときに気持ち良いから、これは面 白いなって。

――「受け入れろ!」の途中でドラムソロがありますけど、どういうルーツの人なのかなって思いました。

マット:「受け入れろ!」は、最近の打ち込みのドラムみたいなフレーズがカッコイイなと思っていていつも練習しているので、それを使った感じです。古いものは古いもので良いとは思うんですけど、もっと新しめの音楽が僕の中で根付いているっていうのが出ていると思います。

のび太:「受け入れろ!」に関しては、2番のサビの後のドラムが見せ場で、「こういうド ラマーなんですよ」っていう、マットを紹介するのに一番適した曲だなっていうのがありますね。この曲自体は、Beckの新譜『Colors』に入っている「I'm So Free」を聴いて、こういうのをやりたいなと思って。それプラス、NirvanaやBlurとか自分が好きな洋楽のエッセンスを入れて、なおかつ最近のヒップホップのトラップっていうリズムを入れたりしたら 面白そうだし、マットが生きる曲にもなるなって。僕は結構ミーハーなので、古いものも 新しいものもごちゃ混ぜにして、カッコイイと思ったものをとにかく自分の中でミックス させてやっちゃおうみたいな感じがあるので。「受け入れろ!」は好きなものがギュッと詰まった曲ですね。
▲彩(Ba)

――それは、マットさんとやったからできたということですね。

のび太:それは、どの曲もそうですね。4曲目の「夕焼けはなぜ」はもともとあった曲だっ て言いましたけど、初期のバージョンは、少しノッペリした感じというか、三人で初めて 合わせてみたときに「これはギターがもう一人必要かもしれない」っていう感じがして。 最初に曲を作っていた頃って、自分の中でまだ「3ピース脳」が構築できていなくて。どっちかというと、4ピースでハマるような曲になっちゃっていたんです。マットが入った後にアレンジをし直して、三人でも寂しく聴こえない、三人で1曲として成立させるようにしたのが今回収録したバージョンの「夕焼けはなぜ」です。マットだからこそ浮かんでくるアイデアだったり、「マットにこのリズム、このフレーズを叩いてもらったらよりカッコよくなりそうだな」っていうインスピレーションを与えてくれますね。

彩:私はもう、「好きにやりなさい」っていうお母さんみたいな感じで(笑)。支える方 に向かうっていう、温かい気持ちですね。

――彩さんは「波紋」でギターのようなベース・ソロを弾いてますね。

彩:今までの活動の中でベース・ソロって初めてなんですけど、私もおいしいところを与えられてます。
▲マット(Dr)

――それは3ピース・バンドならではですよね。

のび太:ギターが2本あると、片方はバッキングで片方はリフやソロを弾くっていうことになると思うんですけど、3ピースの場合はギターが1本しかないので、コードを弾いたらそれ以上はできない。でも僕の中でカッコイイフレーズがあったときに、それをちゃんと前に出したいっていうのがあって。そう考えたら彩さんがそれを担うしかないなと。それで 彩さんにこういうフレーズを弾いてもらおうと思ったんです。だから、すごく役割が増えていますね。

彩:三人しかいないので、持てる武器を全部使うみたいな。4ピースのときよりも、コーラスをみんなでやるようになったりとか、そういう工夫がありますね。

――全員が目一杯力を出そうと思って演奏すると、ゴチャゴチャに聴こえてしまうことも あると思うんですけど、スマホの小さなスピーカーから流していても、しっかり三人の音 がハッキリ聴こえるんですよね。音作りに関してはどんなことを考えましたか。

のび太:音作りに関していうと、メジャーのときからずっと一緒にやってくれているエンジニアさんで、僕たちのクセや一番生きる音作りをわかってくれているんです。あとは、三人しかいない分、それぞれが他の音を補うというか、例えばギターが足りない分、ちゃんとベースが補う、それをドラムが支えるっていうバランスがすごく上手く行ってる気はし ますね。

――WHITE ASHのときから、ライヴでもすごく出音が良いなって思ってましたけど、3ピースになってめちゃめちゃ練習してます?

のび太:練習は嫌いなんですよ(笑)。曲作りの段階からそうなんですけど、いかに難し いことをせずに楽をしてカッコイイ曲を作るかみたいな感じで。難しいことをやっていないから、ちゃんと弾けるんです(笑)。

――自分の範疇を越えたプレイに手を出さない?

のび太:そうなんです。ただ、THE LITTLE BLACKに関して言うと、そのセオリーから外れていて。カッコイイフレーズが浮かんだときに、弾けないことが多々あるんですよ。でもそれをちゃんと弾けるようになったときの達成感を味わえるようになったので。だから 毎回曲を作るたびに、誰かしらがちょっとしたハードルを越えないとできないっていう感 じがあります。

彩:できたなって思ったら、また難しい曲が出てきたりとか、コーラスもしなくちゃいけなかったりとか。

――マットさんは、バンドに加わってチャレンジしなければいけなかったような部分もありますか。

マット:例えばセッションすると、さっきのび太さんが言ったようにトリッキーなプレイをしたりしても、みんなが確実についてこれるっていうのがあって。最初のセッションの ときはまずそれを説明するところからスタートして。わかりやすいところから出さないと、理解してもらえなくて結局ボツになってしまうだろうなと思って。だから、難しいことをやるにしても、拍をしっかり出せるようにと思って、そういう練習はすごくやるようになりました。

のび太:マットは、リズムに対してすごく厳しいんですよ。三人で音合わせして録音して みんなで聴いたときに、「のび太さん、ちょっと突っ込んでますね」とか(笑)。今回、本来は6曲入れるつもりだったんですけど、そのうちの1曲が三人がバシっと合ってないと気持ちが悪い曲だったんです。レコーディングのときは、そのときの自分の最大限でやったんですけどね。今作は今年の頭にレコーディングしたんですけど、そのときにはビシッ としていたつもりが、3~4ヶ月経ったときに聴いてみたら細かく聴ける耳が育ってきて、実際はちょっとズレているところがあって気になり出しちゃって。「気持ち悪いから、これはいったん見送ろう」って、1曲外したんです。それくらい、マットによってリズム感を ビシバシ鍛えられたんです。

彩:それはあったよね。
■他のバンドがコピーしたら違和感があるようなものじゃないと
■やっても面白くないなっていう気持ちはあります

――WHITE ASHとの大きな違いの一つとして、今作は曲名もすべて日本語で、歌詞も全部日本語になっていますね。

のび太:WHITE ASHの後期の方は、普通に日本語詞や意味の通る英語詞でやっていたんですけど、いかんせん登場したときが、語感重視で意味を成していない英語風の言葉っていうのがあって、たぶん最後までその印象を持っていた方が多かったと思うんです。新しい バンドをやる上で、全編日本語詞にするというのは「WHITE ASHとは違うバンドなん だ」って表すにはわかりやすいなっていうのがありました。それと、単純に「カッコイイことをする」というのは、ある程度やったというのが自分の中であったので。逆に、日本 語のタイトルをつけるっていうのは自分の中で新鮮でしたね。自分自身も、驚きたいとか 新鮮な気持ちでいたいっていう気持ちがあったので。それと、「なんだ!?」って思わせる曲のタイトルにして気になるようにさせるっていう。「受け入れろ!」なんて、どんな曲 なんだって思うんじゃないかなって。

――それは真っ先に思いました。ただ、「受け入れろ!」は「Get it on」みたいに聴こえたり、「波紋」が「howlow」って英語っぽい語感で聴こえたりしますよね。

のび太:そうですね。それは前のバンドの後期で、語感を大事にしつつも日本語としてちゃんと成立させるっていう手法をだいぶ養うことができたので。ちゃんと日本語詞で意味は 通るけど聴いたときの耳障りの良さっていうのは、引き続き意識して作ったポイントですね。

――1曲目の「ドロミズ」をはじめ、抽象的な感じじゃなくて、歌いたいことが明確にある 印象も受けます。

のび太:日本語で歌うにあたって、一番気にしたところは、嘘がないようにしたいなということでした。あとは「何か言ってるようで何も言ってない」よりは、サビを聴いたときに、この曲はそういうことを歌いたいんだなっていうのがわかった方が良いかなって。「ドロミズ」は、マットが入って1発目に作った曲なんですけど、バンドとしての所信表明 というか、「こういうバンドなんだな」っていうのを一番端的に表した曲になったなって思っています。WHITE ASHを解散させて新しいバンドを始めるにあたっての僕らの現在の心境とか、どういう覚悟で始めるのかっていう答えというか。「これからTHE LITTLE BLACKでやっていくんだな」っていうのが、たぶんこの曲を聴けばわかると思います。
――解散を惜しんでいた人も、納得するというか。

のび太:曲を聴いてからの判断は、リスナーのみなさん次第というか。僕らは僕らでやっ ていくので、それを好きになってくれるかどうかっていう判断はお任せしますっていう感じです。

彩:前のバンドでの解散は結構キツいことだったので(笑)、歌詞を見ると「“なにくそ感”が強いな」って。

一同:(笑)。

彩:「絶対見返してやる」というか、覚悟しているなっていう感じを受けました。

――初めて一緒に作った曲という意味ではマットさんも思い入れがある曲なんじゃないですか。

マット:そうですね。これは自分でやっていても、「ロックしてるわ~」って思う曲ですね(笑)。のび太さんが言うように、ロックを知らない人が聴いても絶対ロックだと思う曲だと思うし、王道中の王道のロックっていう気がします。

のび太:「ドロミズ」は、6月にバンドを結成して9月に初ライヴをやるにあたって、告知をする際に、その時点では何も音を発表していないけどお客さんには来てほしいので、曲のイントロだけを載せて「あ、行きたい!」って思わせる曲を作りたいねっていうところ から、イントロから掴むような曲を作ろうということで出来た曲なので、ある意味コマーシャル・ソングに近いというか。

――まさに、マットさんのクセのあるフィル・インから始まりますね。

のび太:そうです。最初のイントロの時点で「何かが始まるぞ、なんか、すごいフィルだな」っていう(笑)。最初、入りずらかったんですけど、あのフィルに転がる感じがすごく出ていたので。

――2曲目の「波紋」と最後の「渦へ」は曲調はまったく違うものの、タイトルのニュアンスが共通しているというか、やはりこうして日本語詞になると心境みたいなものが現れるのかなって感じました。

のび太:ああ~確かに。

彩:わかりやすい(笑)。

のび太:「波紋」は、2016年の11月にまだ発表はしていないけど、内々では解散が決まったときに、彩さんと「どうする?バンドやろうか」っていう話をしていて、そのときに勢 いで作ったんです。だから、その当時の心境がそのまんま吐露されているというか、このミニ・アルバムの曲たちの中でも一番ささくれ立っていますね(笑)。5曲目の「渦へ」は、さっき言った語感というか、「渦へ」っていう言葉を口に出したときの気持ち良さが メロディにハマる感じがあって、そこから作ったんです。なので「タイトルが共通していますね」って言われて、「確かに!」って今このインタビューで気付きました(笑)。

――英語だったらそういうところには気付かなかったかもしれないです。日本語で言うと「受け入れろ!」っていう言葉をタイトルにするというのもなかなかないと思います。

のび太:掛け声的な感じで曲を作れないかなって思ったときに「受け入れろ!」って、すごく語呂が良いなと思ったんです。さっき言った「Get it on」みたいになって。

彩:よく見つけたよね。

のび太:それで、「受け入れろ!」って歌ったら、メロディと合わさる感じが気持ちいいなって。そこから作って行った感じですね。
――曲作りって、メロディやアレンジがある程度できてから歌詞を乗せるんですか?

のび太:いや、僕が曲を作るときって、自分の頭の中でイントロからアウトロまでいったん完成させてからデモにしたりスタジオで二人に伝えて作って行くんです。頭の中に1曲として仕上がるまでに、色んなパーツが散らばっていて、例えば「受け入れろ!」っていうフレーズが面白いなっていうのがあって、さっき話したBeckの「I’m So Free」みたいな曲 を作りたいなって思ったときに、「“受け入れろ!”っていうフレーズが使えるんじゃないか?」って、頭の中でパズルみたいに組み合わせていって曲にしていく感じです。そこからAメロはこうしようとか、どんどん派生していくんです。「渦へ」も、もともとOasisの「Fuckin' In The Bushes」っていう曲がカッコイイなと思って、そのリズムで曲を作りたいと思っていて。それとは別に広がりのあるサビのメロディがあって。それを足したら良い 曲になるんじゃないかなと思って作ったんですよ。だから、1曲に5、6曲分のエッセンスが入っているので、パっと聴いた感じ「あ、この曲はこれだな」っていうのがわかりづらいと思います。それは狙っているのもあるんですけど。聴く人によって、何を元ネタにしてい るかが違うので、それで何が出てくるかによって「音楽好き度」がちょっとわかるというか(笑)。

彩:「受け入れろ!」は、バンドマン仲間にめちゃめちゃ人気で、リフを真似したくなるって言われますね。キラーチューンになるんじゃないかと思いますし、実際にライヴでも一番お客さんが参加できる曲ですね。

マット:この曲の2番のサビの後は、僕が好きなことをやっているんですけど、他の曲に比 べてもヒップホップ的なところが特に出ているので、そういう音楽を聴いている人には僕がこういう音楽が好きなことがわかると思います。

――歌詞に関しても、日本語詞なんだけど英語っぽい語感や韻の踏み方と意味ではヒップホップと共通する部分が大きいんじゃないでしょうか。

マット:それはめっちゃありますね。それは僕もそうだし、のび太さんもすごく意識して いるところだと思います。スタジオで「この曲いいよね」って出てくる曲も、ヒップホップだったりするので。そこは意識して作っているんだというのは伝わってきますね。

のび太:やっぱり、今ってヒップホップが世界的に見ても音楽の中心ではあるので。そことどう向き合って行くかみたいなところは考えないといけないと思っているんです。どうしても今はロックって、隅に追いやられている感がある。だけど、自分たちはロックバン ドでカッコイイ曲を作るって考えたときに、ヒップホップのカッコイイ部分はちゃんと吸収したいというのがあって。リズムやリズムに対しての言葉のはめ方だったり、気持ち良さは自分の中で吸収できるところだなって思っていて。だから、歌詞でいうと別にラップではないけど、メロディに対してすごく韻を踏んでいるところがあって、そこはすごく大事にしています。

――そこは現代を生きるロックバンドならではの発想ですね。

のび太:今は、古い曲も新しい曲もYouTubeとかで聴けちゃう環境にありますよね。結構 リバイバル的な感じで昔のバンドがやっていたことを今やるっていうことが、あんまり通 用しなくなっているというか。オリジナルが聴けちゃうわけですから。そうなると、今はミックスしていかなくちゃいけない。古い時代のエッセンスと今の感じを掛け合わせたと きに生まれる新しい何かっていう。僕らはロックンロールを軸にしながら、今の新しいヒップホップやブラック・ミュージックの要素をミックスさせて、昔にも今にもないもの新しいものをやっていかなくちゃいけないと思っています。だから今ってリスナーにとってはめちゃくちゃ色んな音楽が聴けて、本当に面白い時代だと思うんですけど、作る側にとっ ては全部と勝負しないといけない。最新のバンドも古いバンドも同列にあって、他のバンドでは聴けない何かがちゃんと自分たちにないといけないんですよね。だから僕は曲を作るときに、THE LITTLE BLACKでしか聴けないもの、他のバンドがコピーしたときに違和感があるようなものじゃないと、やっても面白くないなっていう気持ちはありますね。

――そういう考えの中で曲を生み出すのは大変じゃないですか?

のび太:ないものって生み出せないから。今は、料理で言うと無限に素材があるんですよ。だから「この素材とこの素材を使ってこの料理を作ろう」みたいなことができるという意味では、逆に僕は今の方が曲を作りやすいんじゃないかって思います。ロックって、継承していくものだと思うから、ルーツがあればあるほど良いっていう考え方ですね。何かに似ていることにすごく敏感になっている人っていると思うんですけど、でも僕はロックにおいてはそういうところをいかに上手く昇華するかが大事だと思っていて。あえて同じフ レーズにしたりっていうのはありますからね。例えば、「ドロミズ」のイントロのフレーズは、Muddy Watersの「Rollin’ Stone」のフレーズを引用して作っているんです。あのフレーズを聴いて、なんでこの曲のタイトルが「ドロミズ」(Muddy Waters=「泥水」の意)なのか、なんで“転がり続けてくんだよ”(Rolling Stone)って歌ってるのかっていう、点と線が結びついて行くっていう。

――ああ~なるほど!

のび太:“シャム猫”っていう歌詞が出てくるのはBob Dylan「Like a Rolling Stone」だったり、“ナマズ”は「Catfish Blues」(「Rollin’ Stone」の原曲となったブルースの古典楽曲)だな、とか。

――そこまで読み取れてませんでした。悔しいなあ。もう1回聴き込みます(笑)。

のび太:いやいや(笑)。そういう部分抜きでも、純粋にカッコイイって思わせたいなって。でも、ルーツを曲に忍ばせておくと、こういう話ができますよね? そういう奥行きみたいなものはちゃんと用意しておきたいなって。

――THE LITTLE BLACKでやりたいことや、どんな存在になっていきたいか、それぞれ聞かせてください。

マット:バンドをやるっていうことは、どこに行っても自分が看板を背負っていることになるので、のび太さんが作ってきてくれる曲で、自分はこれがカッコイイと思ってやってるということをバシっと出して、お客さんからの反応に繋がって行ったらいいなって思っています。プレイヤーとして難しいことができるようになればなるほど、感性がお客さんと離れて行ってしまうと思うんですけど、「自分はこれで間違いない」というものでお客さんに突き刺さるようなドラマーになれたらいいと思いますし、それができるようになったらドラムヒーローって呼ばれる人に近づけるんじゃないかなと思っています。

彩:バーンって一音鳴った瞬間に、「あ、THE LITTLE BLACKの音だ」ってわかるような、そんな感じになりたいです。

のび太:やっぱり、どう転んでも僕と彩さんに関しては前のバンドの印象がついて回るということがあると思うので、早く「THE LITTLE BLACKののび太」「THE LITTLE BLACK の彩」というのを定着させて、前のバンドの説明をしなくてよくなるのが一番ですね。とにかく今は、「THE LITTLE BLACK」という名前を知らしめたいっていう気持ちです。

取材・文●岡本貴之

リリース情報

1st Mini Album『THE LITTLE BLACK』
2018.10.03 Release
TKMZ-1001 ¥1,500(本体)+税
1.ドロミズ
2.波紋
3.受け入れろ!
4.夕焼けはなぜ
5.渦へ

ライブ・イベント情報

『THE LITTLE BLACK』Release Tour“2018年の黒メガネ”
11月5日 名古屋CLUB UPSET
11月13日 梅田Shangri-la
11月16日 新宿LOFT
※全公演ゲスト:Zanto

関連リンク

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』

新着