嵐、2014年を迎えた瞬間はエレーベー
タ前で輪になりジャンプ

リスナーさんより「ソチオリンピックのテーマソング『Road to Glory』を6日の『NEWS ZERO』(日本テレビ系)で初めて聴きました。(櫻井)翔くんが5日に完成したばかりと言っていましたが、二宮(和也)くんの今年の仕事始めはいつだったのでしょうか?またレコーディングのエピソードがあったら教えて下さい。」というお便りからのお話です。

2/12(水)に発売するニューシングル『Bittersweet』と『Road to Glory』は昨年末にレコーディングしたんだとか。

その後、編集したりしたスタッフさんたちにの二宮和也くんは「ずっと関わっていたんだね。休みなんてないんだね、年末年始。」と気遣っていました。

そこからニノのお正月を迎えた瞬間の話に。

嵐のメンバー全員でNHKのエレベーターを待っている間に2014年を迎えたそうです。

電気が全部消えていて真っ暗だったそうですが、年明けを迎えた瞬間嵐のメンバー5人で手を繋いで輪っかを作り、全員でジャンプして迎えたとのこと。

「久々にやったなぁ、こんな年の迎え方。」とニノは話していました。

全員で手を繋いで輪になり、「イェーイ!」と盛り上がりながらジャンプをしていたため、回りの人が「何事?」と集まってきてしまったんだとか。

そんな嵐らしい年明けを迎えた話をしたニノは「エレベーターの中じゃなくてよかったよ。みんなでジャンプした方がいいでしょ。」と話していました。


■関連記事

アーティスト

新着