B・キューリック、キッスとの共演「
数時間前に知らされ、トミーがギター
を貸してくれた」

キッスは先月終わり、彼ら主催のクルーズ・フェスティバル<Kiss Kruise>で、元バンド・メイトのエース・フレーリーとブルース・キューリックをゲストに迎えアコースティック・パフォーマンスを行なったが、キューリックによると、この共演はオーディエンスだけでなく彼にとってもサプライズだったそうだ。数時間前に知らされたという。
キューリックは『Ultimate Classic Rock』にこう話した。「船に乗り込んだ日の午後、エリック・シンガーから(携帯電話の)テキストがあったんだ。“警告 出港したら何かがある。 で、君はプレイするんだ”ってね」

キューリックはアコースティック・ギターを用意していなかったため、急きょ、トミー・セイヤーから貸してもらうことにしたという。「彼はChet Atkinsのアコースティックを使ってる。僕と同じだ。だから、トミーの部屋へ行ったんだ。彼は2本持ってた。1本はもう1本よりいいやつだった。だから、冗談でこう頼んだんだ。“DominoとHide Your Heartでのソロを俺に譲るつもりなら、俺にいいほうのギターを渡せ”ってね」

キューリックはその2曲をプレイした後もステージに留まるよう言われ、エース・フレーリー登場後さらに4曲──ザ・ローリング・ストーンズのカバー「2000 Man」、Russ Ballard作の「New York Groove」、キッスの「Nothin’ To Lose」「Rock And Roll All Nite」のパフォーマンスに参加した。それも、事前には知らされておらず、サプライズだったという。
キューリックは<Kiss Kruise>に乗船する際は、こういったサプライズに備えていなくてはならないのかも。昨年はQ&Aセッションにのみ出演するはずだったが、急きょ、兄ボブ、スラッシュのバック・ヴォーカリストTodd Kernsと元ユニオンのBrent Fitz(Ds)とパフォーマンスすることになった。

Ako Suzuki

関連記事

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着