「臼井孝のヒット曲探検隊
~アーティスト別 ベストヒット20」
ストイックな姿勢を貫き続ける
B'zのヒットを探る

世界水泳大会のテーマソング
「ultra soul」が総合3位に

そして、総合3位には01年の31作目シングル「ultra soul」がランクイン。B’zには15作ものCDミリオン・ヒットがあるため約88万枚も売れた本作ですらCDは17位となってしまっているが、配信4位、カラオケ1位で堂々の総合3位となった。

本作は発売された01年のほか、11年、13年と何度も世界水泳大会のテーマソングとして、テレビ朝日の放送内いたる所で使われた。さらに、サビの《ウルトラソウル(ハイ!)》の部分は、お笑い芸人のとにかく明るい安村が決めポーズのBGMだったり、楽曲の一部が野球選手の登場曲やスポーツ系の再現ドラマに使われたり、とにかくテレビ視聴者における浸透度はB’zの中でダントツではないだろうか。しかも、音楽番組『ミュージックステーション』では、その《ウルトラソウル(ハイ!)》に合わせて、大量の火花が打ちあがるという演出が恒例となっているし、LIVEでは凄まじいことになっているとファンの間でも評判だ。つまり、多面的に起用されることで、カラオケで長年1位になっていると考えられる。

ここまで上位3作はいずれもアゲアゲのナンバーが揃った。この辺りがB’zのパブリック・イメージなのだろうか。多くのアーティストの総合TOP3には、必ずバラードが1曲は入るのだが、対するB’zは後述の5位「ALONE」が最高位となっている。アッパーチューンが強いからこそ、いつまでもエネルギッシュなイメージがあるのだろう。

B'z / ultra soul

総合4位はダントツの配信ヒットで
「イチブトゼンブ」

総合4位は09年の46作目シングル「イチブトゼンブ」。シングル・ダウンロードのミリオン突破に加え、着うたもミリオンを突破しており、ダントツの配信ヒットとなっている。ちなみに、CDは累計38万枚で彼らにとっては31位(2018年末現在)で目立たないが、その年の年間ランキングも6位であり、実はCDも09年としては大ヒットしているのだ。また、カラオケも2位と大健闘している。

本作はフジテレビ系“月9”ドラマ枠の『ブザー・ビート~崖っぷちのヒーロー~』主題歌。山下智久が主演、北川景子がヒロインで、プロバスケットボールを題材とし、相武紗季の恋敵役の悪女ぶりも大きな話題となった。そして、人を知ることや愛することは、常に“イチブ”と“ゼンブ”の狭間にあるという、シンプルにまとめつつもドラマを超えた真理を突いた歌詞で共感を得たのではないだろうか。CD+ダウンロードとしては、01年の「ultra soul」以来8年ぶりのミリオン・ヒットとなり、本作により若いファンも大幅に増えたようだ。

B'z / イチブトゼンブ

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着