2018年12月13日 at Zepp Tokyo

2018年12月13日 at Zepp Tokyo

【Mrs. GREEN APPLE
ライヴレポート】
『LIVE HOUSE TOUR 2018
「ゼンジン未到とプロテスト
〜回帰編〜」』
2018年12月13日 at Zepp Tokyo

2018年12月13日 at Zepp Tokyo
2018年12月13日 at Zepp Tokyo
2018年12月13日 at Zepp Tokyo
2018年12月13日 at Zepp Tokyo
2018年12月13日 at Zepp Tokyo
2018年12月13日 at Zepp Tokyo
2018年12月13日 at Zepp Tokyo
2018年12月13日 at Zepp Tokyo
 ミセスにとって“ゼンジン未到”とは、デビュー前に3度開催した自主企画ライヴとして強い思い入れのあるタイトル。昨年夏の日比谷野音で久々に使われたが、今回は“~回帰編~”というサブタイトルのもと、全国17公演のライヴハウスツアーとして復活した。幕張メッセ2days公演を成功させたバンドがなぜ今ライヴハウスなのか? その答えを見つけるためにツアー半ばのZepp Tokyoへと足を運んだ。

 ステージに林立するスティック状のライトが明滅する以外に、メンバーを照らす照明はゼロ。明るい光に満ちていた幕張メッセとは真逆のステージでひたすら演奏に没頭する、ストイックなパフォーマンスが刺激的だ。セットリストにもはっきり意思があり、序盤から「我逢人」「ナニヲナニヲ」「藍」と、バンド初期の代表曲が次々と飛び出す。しかし当時と違うのはシンプルに演奏力の向上で、「ナニヲナニヲ」で強烈な速弾きソロを決めた若井滉斗(Gu)を始め、メンバー全員の驚異的なスキルアップに目を見張る。いつのまに、こんなに巧いバンドになっていたのか。

 中盤では未発表曲が2曲も聴けた。1曲はミニマルでクールなエレクトロサウンド。もう1曲はエモーショナルなロックバラードで、大森元貴(Vo&Gu)の持つ青さと優しさが前面に出た素晴らしい曲。いつ出すんだろうか。最近作『ENSEMBLE』からの「WHOO WHOO WHOO」は髙野清宗(Ba)と山中綾華(Dr)のリズム隊を中心とした人力ダンスチューンへとがらりと変わり、普段は煽り役を買って出る藤澤涼架(Key)の堅実な鍵盤プレイが際立つ。「REVERSE」も、音源以上に強烈に肉感的なエレクトロファンクへと変貌した。顔がよく見えない代わりに音そのものが深く強く届いてくる。

 とはいえ、ストイックにカッコ付けるバンドでもないし。ということで、中盤はメンバー全員のゆるゆる雑談MCでほっこりひと休み。大森の“誰に煽ってほしい?”という問いかけに、満場一致で“本日の煽りマン”に選ばれた髙野が、渾身の力で“Zepp Tokyo盛り上がって行けるか!”と叫ぶ姿をみんなが笑顔で見守ってる。後半は「SimPle」「No.7」から最新シングル「青と夏」へ繋げて一気に盛り上げ、星降るような照明の「私」、ミラーボール輝く「WaLL FloWeR」と、緩急つけた流れでぐいぐい引き込む。と、突然、大森がエレクトリックギターをかき鳴らし、セトリにない曲を奏で始めた。全員にソロの見せ場をたっぷりと作り、適当なところで切り上げて“セッションでした。いつもスタジオでこんなふうに遊んでます”とひと言。何でもないワンシーンだが、こうしたことをさらりとやってのける、今のミセスは本当に自由だ。

 ラストは「StaRt」「WanteD! WanteD!」の鉄板盛り上げ二連発で一気にスパーク。リリースにはおよそ2年の時差があるが、今のミセスのスキルと感性が曲の隅々に行きわたり、どちらも平等にフレッシュだ。おそらくこのツアー自体に、回帰というより“昔の曲を今のミセスの音で再生する”という意味もあっただろう。その試みは見事に成功した。

 アンコール。1月9日にリリースを控えた新曲「僕のこと」は、一言一句をはっきり届けるメッセージチューンにして、音楽的に緻密で壮大なロックバラード。すでに名曲の風格が漂っている。歌い終えた大森がオーディエンスに静かに語り始めた。“ミセスは爆速で進んでる。こんなに早く幕張メッセなんて普通じゃない。でもお客さんが3人だけだった頃、1人目の手を上げさせるのがどれだけ大変だったか。ライヴハウスを楽しみ切れずにホールに突入してしまったから、もう一回やり直したい。それで何が変わるわけじゃないけど、ただただ気持ち良いことをやりたかった”ステージでここまで赤裸々な本音を語る大森を初めて観た。“みなさんから日々エネルギーをもらってます。ありがとう”誠実な言葉と誠実な拍手。これがMrs. GREEN APPLEのライヴ空間だ。

 本当のラストを飾ったのは「CONFLICT」。照明はバックライトで明るさは増したとはいえ、最後まで薄暗いままだった。だけど、オーディエンスの心の目にはメンバー全員の笑顔が映っていたことだろう。回帰を済ませ、再び未来を目指す。2018年のベストライヴのひとつであり、2019年のMrs. GREEN APPLEの飛躍を確信させる、記憶に深く残る一夜だった。

取材:宮本英夫


セットリスト

  1. 1.我逢人
  2. 2.ナニヲナニヲ
  3. 3.藍
  4. 4.アンゼンパイ
  5. 5.リスキーゲーム
  6. 6.soFt-dRink
  7. 7.未発表曲
  8. 8.WHOO WHOO WHOO
  9. 9.REVERSE
  10. 10.未発表曲
  11. 11.SimPle
  12. 12.No.7
  13. 13.青と夏
  14. 14.私
  15. 15.WaLL FloWeR
  16. 16.StaRt
  17. 17.WanteD! WanteD!
  18. <ENCORE>
  19. 1.僕のこと
  20. 2.CONFLICT
Mrs. GREEN APPLE プロフィール

ミセス・グリーンアップル:2013年4月結成の5人組バンド。作詞、作曲、編曲の全てをヴォーカル&ギターの大森元貴が手掛けており、15年7月にミニアルバム『Variety』でメジャーデビュー。18年4月に発表した3rdアルバム『ENSEMBLE』はオリコン初登場3位を記録。アルバムを提げてのワンマンツアーはファイナルの幕張メッセ国際展示場2デイズまで全公演即日完売。シングルと同時発売で最終公演の模様を収めたDVD&Blu-ray『ENSEMBLE TOUR 〜ソワレ・ドゥ・ラ・ブリュ〜』をリリースする。Mrs. GREEN APPLE オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着