2018年12月15日 at 中野サンプラザ

2018年12月15日 at 中野サンプラザ

【さくらしめじ ライヴレポート】
『さくらしめじのHappy X'mash
LIVE 2018 in 中野サンプラザ』
2018年12月15日 at 中野サンプラザ

2018年12月15日 at 中野サンプラザ
2018年12月15日 at 中野サンプラザ
2018年12月15日 at 中野サンプラザ
2018年12月15日 at 中野サンプラザ
2018年12月15日 at 中野サンプラザ
2018年12月15日 at 中野サンプラザ
2018年12月15日 at 中野サンプラザ
2018年12月15日 at 中野サンプラザ
2018年12月15日 at 中野サンプラザ
2018年12月15日 at 中野サンプラザ
2018年12月15日 at 中野サンプラザ
2018年12月15日 at 中野サンプラザ
2018年12月15日 at 中野サンプラザ
2018年12月15日 at 中野サンプラザ
2018年12月15日 at 中野サンプラザ
2018年12月15日 at 中野サンプラザ
2018年12月15日 at 中野サンプラザ
2018年12月15日 at 中野サンプラザ
2018年12月15日 at 中野サンプラザ
2018年12月15日 at 中野サンプラザ
2018年12月15日 at 中野サンプラザ
 田中雅功と髙田彪我による高校生フォークデュオのさくらしめじが、12月15日に中野サンプラザでワンマンライヴ『さくらしめじのHappy X'mash LIVE 2018 in 中野サンプラザ』を開催した。

 満員のきのこりあん(ファンの呼称)が詰めかける中、ステージの幕が開くと雅功と彪我は勢い良くステージに飛び出し、クリスマスソングの「123」からライヴがスタート。続けて元気たっぷりな「スタートダッシュ」「菌カツ!」を、観客を巻き込むようにエネルギッシュに披露する。中野サンプラザは彼らが目標にしていた会場のひとつで、雅功は“ついに夢の舞台に立ってます!”と興奮気味だ。

 ふたりはAAAのカバー「恋音と雨空」を届け、「My Sunshine」では向き合いながらギターを鳴らし、力強いヴォーカルで歌ったりとさまざまな姿を観せていく。トークを挟んでのライヴ後半戦は、さくらしめじ流ダンスナンバー「てぃーけーじー」から始まる。ギターを置いてマイクを握った彪我はバックダンサーと観客とともにダンスを踊って、会場の一体感を高めた。ノリノリの「ブン!ブン!BuuuN!」では会場全体でタオル回し、「でぃすとーしょん」ではワイルドにヒートアップ。ポップな「あやまリズム」では突き抜けるようなメロディーで観客を魅了した。

 ここでさくらしめじからのクリスマスプレゼントとして新曲が初披露される。「先に言うね」は大切な想いを勇気を持って伝えようという歌詞を伸びやかなメロディーで歌うポップチューン。ハーモニーをばっちり決めたふたりは、「えそらごと」を弾けるように歌唱してライヴ本編が終了する。

 アンコールで再びステージに戻ったふたりは「おもいでくれよん」を歌唱。MCで来年2019年2月から3カ月連続で2マンライヴ(1回目のゲストはシンガーソングライターのコレサワ)が行なわれることが発表された。だが、ここでふたりへのサプライズで5月3日に日比谷野外大音楽堂でワンマンを開催することがスクリーンで告げられた。2018年7月の野音は台風直撃だっただけに念願のリベンジマッチと言ったところ。ふたりと観客で喜び合い、会場は大きな拍手に包まれた。

 そして、最後は軽快な「みちくさこうしんきょく」を観客とともに大合唱。ハッピーな空気の中、“今日味わった嬉しさとか楽しさとかを背負って、2月からの2マンライヴ、5月の野音とこの先もみなさんと素敵な思い出を作れるように頑張っていきます!”(彪我)、“僕らは先に先に進んでいきたいと思ってます。この先も歌でみなさんとひとつになっていきたいです。僕たちはずっとずっと走り続けますので、これからも期待していてください!”(雅功)とライヴの感想を語り、前進し続けるさくらしめじの熱い想いを口にして、ライヴの幕を閉じた。今回、バックバンドの力を借りずにステージをまっとうしたのは、確実な成長があるからこそ成し遂げられたライヴと言っていいだろう。伸び盛りのさくらしめじはここからさらに勢いを増していきそうだ。

撮影:埼玉泰史、大庭 元/取材:土屋恵介


セットリスト

  1. 1.123
  2. 2.スタートダッシュ
  3. 3.菌カツ!
  4. 4.ひだりむね
  5. 5.恋音と雨空
  6. 6.せきがえのかみさま
  7. 7.きのうのゆめ
  8. 8.まよなかぴくにっく
  9. 9.My Sunshine
  10. 10.届けそこねたラブソング
  11. 11.はじまるきせつ
  12. 12.てぃーけーじー
  13. 13.ブン!ブン!BuuuN!
  14. 14.でぃすとーしょん
  15. 15.あやまリズム
  16. 16.先に言うね
  17. 17.えそらごと
  18. <ENCORE>
  19. 1.おもいでくれよん
  20. 2.みちくさこうしんきょく
さくらしめじ プロフィール

さくらしめじ:田中雅功と髙田彪我による、フォークデュオユニット。2015年3月に両A面シングル「いくじなし / きのうのゆめ」にてデビュー。フリーライヴで全国47都道府県を回る“菌活”の遂行など、精力的な活動を展開! 17年夏より1年をかけて月に1回、日本各地のライヴハウスでライヴを行なっていく『菌育 in the 家(はうす)』を実施し、18年4月には待望の1stアルバム『ハルシメジ』をリリースした。さくらしめじ オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着