天才エルトン・ジョンの
職人芸が冴えわたる
一大傑作『黄昏のレンガ路』

本作『黄昏のレンガ路』について

彼の創作欲は尽きず、続く9作目となる本作『黄昏のレンガ路』は、2枚組でリリースされた。まさに彼の天才はとどまることを知らず、当時書き上げた楽曲は3枚組にも届くほどの量であったという。このアルバムはベスト盤を除いては彼の全音楽活動を通して最大のヒット作になったと同時に、「僕の歌は君の歌」と並ぶロック史上に残る名曲「黄昏のレンガ路」を生み出したことでも忘れられない作品となった。

当初はジャマイカでレコーディングされる予定であったが、録音機材があまりに貧弱だったようで、結局は前作前々作と同じフランスで行なわれることになった。アルバムに収録された楽曲群はジャマイカ滞在中の数日で書き上げられ、収録できなかった数曲に関しては、シングルのB面に収められることになる。

収録曲は全部で17曲。アルバムに先行してリリースされた「土曜の夜は僕の生きがい(原題:Saturday Night’s Alright For Fighting)」と、タイトルトラック「黄昏のレンガ路」が世界中でヒットし、その影響もあってかアルバムも大ヒット(全米全英ともに1位)しただけでなく、リリース後2年間にわたりチャートに残り続けている。

「風の中の火のように(原題:Candle In The Wind)」は当初アメリカではシングルカットされなかったが、87年にライヴバージョンがシングルリリースされると全米6位となるスマッシュヒットを記録している。なお、この曲はマリリン・モンローに捧げられたものであったが、ダイアナ妃が亡くなった時にリメイクされ「キャンドル・イン・ザ・ウインド〜ダイアナ元英皇太子に捧ぐ〜」(‘97)のタイトルで再び大ヒットしている。また、「ベニーとジェッツ」はエルトンの曲で初めてR&Bチャートに登場した独特のグルーブ感を持つナンバーで、彼の新たな側面が聴ける(15位)。これら以外の収録ナンバーも、ポップス、フォーク、ロックなどバラエティー豊かで、どの曲もエルトンの絶好調さが窺える佳曲揃いである。

もし、エルトン・ジョンのアルバムを聴いたことがないなら、2枚目の『僕の歌は君の歌』(‘70)から9枚目の『キャプテン・ファンタスティック』(‘75)まで、どれも負けず劣らずの名作なので、ぜひ聴いてみてください♪

TEXT:河崎直人

アルバム『黄昏のレンガ路』1973年作品
    • 1. 葬送〜血まみれの恋はおしまい(メドレー)/Funeral for a Friend(Love Lies Bleeding)
    • 2. 風の中の火のように(孤独な歌手、ノーマ・ジーン)/Candle in the Wind 
    • 3. ベニーとジェッツ(やつらの演奏は最高)/Bennie and the Jets
    • 4. グッバイ・イエロー・ブリック・ロード/Goodbye Yellow Brick Road
    • 5. こんな歌にタイトルはいらない/This Song Has No Title
    • 6. グレイ・シール/Grey Seal
    • 7. 碧の海ジャマイカにおいで/Jamaica Jerk-Off
    • 8. 僕もあの映画をみている/I've Seen That Movie Too
    • 9. スィート・ペインテッド・レディ/Sweet Painted Lady 
    • 10. ダニー・ベイリーのバラード(ケンタッキーの英雄の死)/The Ballad of Danny Bailey(1909-34)
    • 11. ダーティ・リトル・ガール/Dirty Little Girl
    • 12. 女の子、みんなアリスに首ったけ/All the Girls Love Alice 
    • 13. ツイストは踊れない/Your Sister Can't Twist(But She Can Rock‘n Roll)
    • 14. 土曜の夜は僕の生きがい/Saturday Night's Alright for Fighting
    • 15. 歌うカウボーイ、ロイ・ロジャース/Roy Rogers
    • 16. こんな僕こそ病気の典型/Social Disease
    • 17. ハーモニー/Harmony
『Goodbye Yellow Brick Road』(’73)/Elton John

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着