2019年2月8日 at 日本武道館

2019年2月8日 at 日本武道館

【THE BACK HORN ライヴレポート】
『THE BACK HORN 20th Anniversary
「ALL TIME BESTワンマンツアー」
~KYO-MEI祭り~』
2019年2月8日 at 日本武道館

2019年2月8日 at 日本武道館
2019年2月8日 at 日本武道館
2019年2月8日 at 日本武道館
2019年2月8日 at 日本武道館
2019年2月8日 at 日本武道館
2019年2月8日 at 日本武道館
2019年2月8日 at 日本武道館
2019年2月8日 at 日本武道館
2019年2月8日 at 日本武道館
2019年2月8日 at 日本武道館
 結成20周年のアニバーサリーツアー『THE BACK HORN 20th Anniversary「ALL TIME BESTワンマンツアー」~KYO-MEI祭り~』を昨年10月から行なってきたTHE BACK HORNが、そのファイナルを飾る東京・日本武道館公演を2月8日(金)に実施した。

 “胸がいっぱいです。もう人生の半分以上をTHE BACK HORNと歩んで、いろんなことをTHE BACK HORNとみんなに教えてもらって、人としてちゃんと生きていこうという力をもらってる気がします。20周年を祝ってもらってるけど、俺たち自身もみんながここまで生きてこられたことを祝福するような、そんなライヴをやっていきたいです。これからもよろしく!”。ライヴ後半、山田将司(Vo)が素直にそう胸の内を明かすと、堪え切れない涙をタオルで拭うファンの姿がビジョンに映った。それがなんだか今も印象深い。何の脚色もなく真っ直ぐに、この夜が素晴らしかったと伝えていた瞬間だったからかもしれない。

 THE BACK HORNにとって、武道館ワンマンは今回で3度目。ツアーの途中、松田晋二(Dr)が右手人差し指を5針縫う怪我を負い、12月の福岡でのライヴが延期になってしまうアクシデントもあったものの、1月には振替公演を無事開催。予定通りにこの大舞台で千秋楽が迎えられること、メンバーはもちろん、ファンもひとしおの喜びだと思う。客電が落ち、20年分のアートワークなどが投影されたアニバーサリームービーを挟んで、いよいよ4人が登場。大きく手を叩きながら先頭を歩く菅波栄純(Gu)は早くも胸の高ぶりを抑え切れない様子で、今日を誰より楽しんでやろうと意気込んでいる感じがうかがえた。

 集大成を飾る1曲目は「その先へ」だった。バンドを結成した1998年当時の衝動を、生きていく意志を、武道館というステージで確かめつつ、未来を切り開こうとする姿勢。そして、ズーンと重心の低い音塊、《鳴らせ 君の声「その先へ その先へ」 闇を突き抜けて「共にゆこう 共にゆこう」》と奮起させる山田の熱い歌声に引っ張られないわけがない。MVで燃えていた炎は火柱に変わり、4人の前でぼうぼうと噴き上がっている。

 「ブラックホールバースデイ」みたいな曲でポジティブへ巻き込むあたりも最高にTHE BACK HORNらしく、これまで共鳴してくれたファンを真摯に想っての粋な曲順に思える。東の花道へ駆け出す菅波。岡峰光舟(Ba)のベースがキレキレにうねり始め、山田のヴォーカルは天井の日の丸へ立ち上るかのよう。アウトロでは松田を中心に最初のカオスパートを迎えた。赤い照明の下、メンバー4人がリリース当初には想像できないほどの楽しげな表情すら覗かせたメジャーデビュー曲「サニー」も実に逞しい。20周年を祝うために全国各地より武道館へ集まった大勢のお客さんが、彼らをプレッシャーから解放させ、互いに心を引き寄せ合っていく。

 “待ちに待った日本武道館、ようこそお越しくださいました。どうもありがとうございます! 今日はいろんな想いを持ってきてます。みんなもいろんな想いを持って集まってくれてると思います。それをここで充満させて、最高の夜にしましょう!”とリーダーの松田が挨拶したあと、「罠」「ジョーカー」とダークサイドへ傾倒。山田がギアをまたひとつ上げると、呼応して菅波、岡峰、松田も激しくのめり込む。特別な場所だからこそ、あくまでいつも通りの全力で臨み、自分たちらしいライヴを観てもらいたい。そんな意欲が強く感じられるパフォーマンスが続く。

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着