ジョー・サトリアーニ、初めてのバン
ドSquaresのデモをリリース

ジョー・サトリアーニが、彼にとって初のバンド、80年代にサンフランシスコを拠点に活動していたSquaresのこれまで未発表だったデモをリリースするそうだ。
Squaresはサトリアーニ(G)、Jeff Campitelli(Ds)、Andy Milton(Vo/B 1999年に死去)から成り、サトリアーニによると、当時、義理の兄弟だったNeil Sheehanがマネージメントと作詞を担当していたという。

サトリアーニはこのバンドのサウンドについて「ヴァン・ヘイレンの要素があり、エヴァリー・ブラザーズの要素があった。ヘヴィ・メタル、ロックンロール、パンク、ニュー・ウェーヴのミックスだよ。僕らを分類するのは困難だった。だから多分、僕らは成功しなかったんだ」と、話している。
サトリアーニのキャリア初期を知ることができる貴重な作品『Squares : Best Of The Early ‘80s Demos』は「Give It Up」「Everybody's Girl」「B-Side Girl」「I Need A Lot Of Love」「Can't Take It Anymore」「So Used Up」「You Can Light The Way」「Tonight」「Never Let It Get You Down」「Follow That Heart」「I Love How You Love Me」の11曲を収録し、4月5日リリースされる。
スティーヴ・ヴァイは、このアルバムについて「サトリアーニを愛する人たちにとって宝。僕らが愛する天才ギタリストの過去をかいま見られる」とコメントしている。

Ako Suzuki
View this post on Instagram

???????? Photo by Don Fonzarelli

Joe Satrianiさん(@joesatriani)がシェアした投稿 -

アーティスト

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着