The Smiths結成前夜を切り取った映画
『ENGLAND IS MINE』5月に公開 若き
日のMorrisseyの苦悩と挫折を描く

イギリスのレジェンド的バンド、The Smithsの結成前夜を描いた主演映画『ENGLAND IS MINE』が5月31日(金)よりシネクイントほか全国公開が決定した。

1980年代、痛烈な言葉と音楽性でイギリスのミュージック・シーンを席巻したThe Smihts。本作は、若き日に苦悩と挫折を乗り越え、後に世界に羽ばたくミュージシャンとして生きるボーカル・Steven Morrisseyの決意を描いた青春音楽映画となっている。
1976年マンチェスターで高校をドロップアウトしたMorrissey。ライブハウスに通いつめバンド批評を投稿する日々の中で、出会いや別れ、苦悩と挫折を乗り越え、彼がミュージシャンとしてのアイデンティティを建立するまでを描いた本作は、2017年エジンバラ国際映画祭クロージングほか、世界各国の映画祭に出品され高い評価を受けた。

皮肉屋でコミュニケーションが苦手、音楽への情熱は人一倍なのにどうして良いかわからず苦しむ、若き日のMorrisseyを演じるのは『ダンケルク』(原題:Dunkirk)のコリンズ役で一躍ハリウッドスターの仲間入りを果たしたJack Lowden(ジャック・ロウデン)。

Morrisseyの才能を見抜き後押しするアーティストの卵、Linder Sterling(リンダー・スターリング)役には『Downton Abbey』(原題:ダウントン・アビー)シリーズのJessica Brown Findlay。職場の同僚でMorrisseyを誘惑するChristine(クリスティーン)役には新作ドラマ『Killing Eve』(原題:キリング・イヴ)で暗殺者Villanelle(ヴィラネル)役に大抜擢されたodie Comer(ジョディ・カマー)。
作品を彩る音楽には、1970年代を代表するNew York DollsRoxy Music、Sex Postols、Mott The Hoopleほか様々なアーティストの楽曲を仕様。挫折や苦悩にも、「夢」を、「自分」をあきらめずに前に進む姿に勇気をもらえる珠玉の青春“音楽”映画が完成した。


【映画情報】

『ENGLAND IS MINE』

(原題)
監督・脚本:マーク・ギル
プロデューサー:オライアン・ウィリアムズ(『コントロール』)
出演:ジャック・ロウデン、ジェシカ・ブラウン・フィンドレイ、ジョディ・カマー
2017年/イギリス/94分/カラー/シネスコ/PG-12

5月31日(金)、シネクイントほか 全国ロードショー    

■ オフィシャル・サイト(http://eim-movie.jp)

Spincoaster

『心が震える音楽との出逢いを』独自に厳選した国内外の新鋭MUSICを紹介。音楽ニュース、ここでしか読めないミュージシャンの音楽的ルーツやインタビュー、イベントのレポートも掲載。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着