実は「お笑い出身」と知って驚く有名人ランキング

実は「お笑い出身」と知って驚く有名人ランキング

実は「お笑い出身」と知って驚く有名
人ランキング

現在芸能界で活躍している有名人の中には、お笑い芸人を経験したことがある人も少なくありません。中には「え?あの人が?」と驚くような意外な人も!
そこで今回は、実はお笑い出身と知って驚く有名人について探ってみました。
⇒4位以降のランキング結果はこちら!
1位は「北島三郎」!
人気、実力を兼ね備えた誰もが知る演歌界の大御所・北島三郎。着物姿で高々と歌い上げる姿は神々しく、まさに演歌界のカリスマ。そんな北島三郎は演歌一本で勝負してきたと思われていますが、実は若かりし頃にお笑い芸人を経験した過去があります。
当時の師匠である作曲家・船村徹が、演歌歌手としてなかなか芽が出ない北島三郎に度胸をつけさせるため、お笑い芸人として活動する環境を用意したそう。
その頃はギター漫才・ゲルピンちん太ぽん太の“ぽん太”と名乗って活動していたようですが、お客様の反応はイマイチで、3日ほどで帰されてしまったとか…。
2位は「鬼龍院翔」!
ヴィジュアル系エアーバンド・ゴールデンボンバーのボーカル鬼龍院翔。彼はアーティストとして活動する以前に吉本興業が運営するお笑い養成所・NSCに入所し、現在はしずるとして活動する池田一真と“チョコサラミ”というコンビを組んでいたようです。
方向性の違いから、わずかな活動期間で解散してしまいましたが、今でもステージで多くの笑いを客席に届けています。
3位は「泉ピン子」!
橋田壽賀子ドラマ『渡る世間は鬼ばかり』(TBS系)にて演じた次女・五月が印象的な女優・泉ピン子。多くの映画やテレビドラマに出演し、女優としてのキャリアを磨いてきました。
そんな彼女も10代の頃に、ウクレレ漫談で有名な牧伸二に弟子入りし、“三門マリ子”という芸名で歌謡漫談家デビューした過去を持ちます。バラエティー番組で見せる巧みな話術はウクレレ漫談で磨いたものなのかもしれませんね。
このように、その道のプロとして活躍している大物有名人が上位に選ばれる結果となりました。気になる4位~41位のランキング結果もぜひご覧ください。
みなさんは、どの有名人が実はお笑い出身と知って驚きましたか?
写真:タレントデータバンク
(北島 三郎|1936/10/4生まれ|男性|O型|北海道出身)
(泉 ピン子|1947/9/11生まれ|女性|B型|東京都出身)

調査方法:gooランキング編集部が「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
有効回答者数:500名(20~40代男女:複数回答)
調査期間:2019年3月06日~2019年3月06日

goo ランキング

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着