【インタビュー】寺島惇太、ソングラ
イターとしての手腕も発揮したミニア
ルバム『29+1 -MISo-』でアーティス
トデビュー

アニメ「KING OF PRISM -Shiny Seven Stars-」の一条シン役や、ゲーム「アイドルマスター SideM」の大河タケル役などで人気を博している声優の寺島惇太が、ミニアルバム『29+1 -MISo-』でアーティストデビューを果たす。これまでも数々の人気キャラクターを演じながらその歌声を披露してきたが、今作では自ら作詞・作曲も手がけるなど、ソングライターとしての手腕も発揮。本格的に音楽活動をしようと思ったきっかけはなんだったのか?その答えを探るべく、旺盛すぎる好奇心に突き動かされてきた彼の半生を聞いてみた。

■アニメやマンガを作って声優もやりたい
■声優になれたらその主題歌を自分で作って歌いたい

――1stアルバム「29+1-MISo-」が完成。いよいよアーティストデビューということで、喜びもひとしおといったところでしょうか。

寺島惇太(以下、寺島):そうですね、念願だったので。

――声優としてのお仕事は、今年10年目。今回のデビューは、区切りとしてのタイミングでもあったんですか?

寺島:気付けば10年という感じで、あまり意識せずにやってきました。でも9年目から10年目にかけての期間がとても濃密で、本当にいろんな経験をさせていただいたので、自分で意図したことではなかったけど、“10年目感”はすごくありました。(今回のデビューに関しても)念願ではあったけど「いつかできたらいいな」と思っていたくらいで、タイミングを見計らっていたわけではないんですよ。たまたま声優としての10年目に、ありがたいお話をいただけたので「ぜひ!」という感じでした。

――もうひとつ、30歳というタイミングでもあるんですよね。

寺島:はい。声優業界の先輩方を見ていても、結構20代はがむしゃらに仕事をやって、30代からは自分のやりたいことや趣味を踏まえた上での仕事のやり方をされてる方が多いんです。僕も20代のうちに色んな方と出会って作れた人間関係があるので、30代からはそういった人達と一緒に、何か独自のお仕事がやっていけたらいいなということは思っていたんです。音楽も、そういった中のひとつでした。

――もともと音楽はお好きだったんですよね。ラジオの選曲も、ひとクセあるなという印象です(笑)。

寺島:(笑)。確かに中学の頃から好きで聴いてきたのは、ヒットチャートに入るようなものじゃなくて、いわゆるインディーズのバンドとか、地元のCDショップでは売っていないようなアーティストだったんですよ。でも仲間内ではそれが普通で、カラオケに行ってもそういう曲を歌ったりしていました。「なんでこのバンド、1曲しか入ってないんだよ!」とか言いながら(笑)。

――ちなみにどういうアーティストだったんですか?

寺島:藍坊主とかLUNK HEAD、LOST IN TIMEtacica、あとはムラマサ☆とか。ムラマサ☆は解散しちゃいましたけど、僕の地元・長野の上田城でMVを撮影したりしていたんです。自分のラジオとかではそういうアーティストの曲をかけさせてもらったりもしてるんです。

――寺島さんご自身も、バンドをやっていたそうですね。

寺島:軽音部でコピーバンドをやっていました。それが解散したあとは、地元の友達と3ピースのバンドでthe pillowsのコピーをやったりして。そもそも歌がやりたかったんだけど、ギター&ボーカルが当たり前みたいなところもあって、全然うまく弾けないんだけど一応簡単なコードだけ弾いて歌っていました。僕は指が太くて短いんですよ。コードを押さえても他の弦に触っちゃったり、複雑なコードになると小指が届かない。軽音部に入った時も先輩に「君の指はギター向きじゃない」とか「下半身がどっしりしてるからドラムが向いてる」とか言われていました(笑)。
▲『29+1 -MISo-』初回限定盤
▲『29+1 -MISo-』通常盤

――歌がやりたいと思ったのは、何かきっかけがありました?

寺島:高校入学前の春休みに、初めて学校の友達とカラオケに行ったんです。それまでは、歌うのは好きだったけど恥ずかしくて人前では絶対に歌いたくなかったんですよ。合唱の練習ですらサボってましたからね。「ダセェ」みたいな。

――それ、女子に怒られる男子の典型ですね(笑)。

寺島:(笑)。でも家ではめちゃくちゃ歌うんですよ。田舎で周りは田んぼだから、深夜まで全力で歌って、いつも親から「うるさい!」みたいな。

――ものすごいギャップですね。

寺島:やっぱり田舎なんで、イケてないやつが目立ったことをするとバカにされるんですよ。中学の時は、イケてる人達とイケてない人達のヒエラルキーがすごかった。イケてる人はちょっと不良っぽくて、髪染めたり制服着崩したりして、カラオケとかボーリングとかもバンバン行ってる。それ以外の生徒は、ひたすら部活か勉強に打ち込むしかないんですよ。

――だからカラオケも、その時初めて行ったんですね。

寺島:無理やり連れて行かれたんです。最初は歌わずに見てたんだけど、一緒に行った人達がすごく下手で(笑)。下手なんだけど、カッコつけて歌ってるからだんだんイライラしてきて。

――俺の方が上手いぞと(笑)。

寺島:そうそう(笑)。それで歌ってみたら、みんなが「いいじゃん!」って。確か、BUMP OF CHICKENの「天体観測」を歌いました。褒められると調子に乗るので、そこから一気にカラオケにはまりましたね。

――これは想像ですけど、寺島さんはきっと耳がいいから、歌い方も少し真似てたんじゃないですか?より上手く聴こえるようなコツを掴んでいたんじゃないかなと思います。

寺島:言われてみれば確かに基本は完コピでした。曲によって歌い方を変えていましたからね。BUMP OF CHICKENの藤原基央さんのようなハスキー声になりたくて、喉に負担をかける歌い方をして喉を壊そうとしていましたし。ガガガSPも好きだったんだけど、怒鳴り散らすような歌い方とかすごい刺さるじゃないですか。

――キレイに歌うんじゃなくて、思いを叫ぶようなGOING STEADYとか。

寺島:そうです、そうです。でも僕はまだ声変わり直後で声も高かったし、どちらかというとマイルドな感じ。BUMP OF CHICKENの曲の低音とか出せませんでしたからね。

――そこから音楽の道を目指すのではなく、同じ声を使ったお仕事でも、声優を目指したのはどうしてだったんですか?

寺島:自分でわかったんです。僕の声は、自分が好きなタイプのバンドでやれる声じゃない。自分の声を録音して聴いても、「ロッカーの声ではないな」って。最終的にはどこかで挫折するだろうなって高校くらいの時に思ったんです。でも、歌は好きだから歌いたい。そんな時に、最近は声優さんでもアーティストデビューされてる方が多いから、そういう方向から行けば、ひょっとしたらこの声でもやれる歌手としての道に繋がるかもしれないなって思ったんです。

――どういった方に注目されてましたか?

寺島:やはり女性が多かったですよね。田村ゆかりさんや水樹奈々さんなど、声優の活動もやりながら何千人という規模の会場でツアーをやってらっしゃって。水樹さんは、地上波の音楽番組にもたくさん出てましたからね。その後、宮野真守さんもアーティスト活動を始められて、僕もこんな風になれたらいいな、すごい理想だなって思っていました。
――もともとアニメやゲームがお好きだったというのもあって、声優さんの活動に注目されたんですよね。

寺島:はい。僕は当時から色んなことに興味があって、軽音部だったけど、ゲームとかアニメとかマンガが好きなオタクでもあって(笑)。どっちが本当の姿なんだろう?って、結構異質な存在に思われてたみたいなんですよね。

――というと?

寺島:軽音部ではどちらかといえばちょっとイケてるグループの中にいるんだけど、読んでるのはオタクっぽいラノベだったりする。田舎だからオタクってすごくバカにされたりするんだけど、僕はあえて堂々と「これ、面白いから読んでみろよ」って勧めたりしながら、うまいこと融合させられないかなって思っていました。自分がいいと思ったものは色々貸したりしてたんですよ。で、そのうち全部やりたくなったというか。アニメやマンガを作りたいって気持ちもあるし、そこに出てくる声優もやりたいし、声優になれたらその主題歌を自分で作って歌いたいし…って。実際全部自分でやるなんて無理なんですけど、当時まだ16、17歳でしたからね。

――夢は膨らみます。

寺島:とりあえずマンガを描いてコミケで本を出したりして、次は当時普通に手に入ったソフトで友達とゲームを作ったりして。「じゃあこのゲームの主題歌作っちゃおうぜ」とか言ってやってたけど、何ひとつも完成しなかった(笑)。だって、絵はヘタクソだし、作曲する方法とか知らないし、なんとなくギター弾いて作っても次の日は忘れているし(笑)。

――若さがほとばしってますね(笑)。

寺島:若さ、若さ(笑)。そういうことを、ファミレスで喋ってる時がいちばん盛り上がってるんですよね(笑)。

――でもそうやって、今に繋がるタネをたくさん蒔いてきたんですね。

寺島:かもしれないです(笑)。
■歌手も声優も声を武器にするという点ではあまり変わらない
■それを武器にできるところへ行けたことはすごく嬉しい

――東京に上京してきて専門学校に入学されてますが、少しずつ人生の目的や目標みたいなものが絞られてきますよね。何か変化がありました?

寺島:すごく変わりました。自分が声優を目指し始めたら、あんなに好きだったアニメやゲームがそんなに好きじゃなくなったんです。マクドナルドでバイトした時もそうでした。めっちゃマックが好きだったのに、働き始めたら「別に」みたいな。

――冷静になってしまう?

寺島:自分は作る側になったんだから、いつまでもキャッキャ言ってちゃダメだろって。学校でも、いずれ同じ現場で仕事することになるかもしれない先輩達のことを(ファン心理のまま)呼び捨てにしていたり、アニメやゲームの話ではしゃいだりしている人達を見ていると、いやいやそうじゃないよなって。だから作品を見る時も、単純にファンとしてではなく、勉強として捉えるようになったんです。そうなると、純粋に楽しめなくなるじゃないですか。だからどんどん趣味も変わっていっちゃって、結果、パチンコと麻雀漬けになるっていう最悪の方向に(笑)。

――でも、いいこともあったんですよね(笑)。

寺島:そう。事務所の社長とかその周りのディレクターさんとかと麻雀打つ機会があって、何度かやらせてもらってたらそこからお仕事に繋がったりして。無駄じゃなかったです(笑)。僕、根がオタクなんで「広く、浅く」ができないんですね。気になったことはとことんやるんで、麻雀も歴史から学ぶみたいな。途中「あれ?俺、何目指してたんだっけ(笑)?」って思うくらい、ハマっていました。「夢は、麻雀番組の実況だ!」とか言って(笑)。

――しかし勘がいいというか、コツを掴むのが上手いというか。その才能が今、音楽の面で発揮されていると。

寺島:ようやく、です(笑)。色んなことに興味持って、色んなことバーッてやってきたけど、ちゃんと音楽に戻ってくることができました(笑)。

――シンガーとしても、ソングライターとしても、納得のいく形で作品が作れたんじゃないかなと思います。

寺島:そんな風に言ってもらえると嬉しいです。自分のこだわりとか、やりたかったことがちゃんと反映されたなと思ってます。

――今回は全6曲が収録されていますが、ライブのセットリストのような感じでも楽しめますね。

寺島:そうなんですよ。実際にライブをやった時にも楽しめるよう、激しい曲もあれば聴かせる曲もある。体を揺らしながら聴けるものもあったりして、来た人や聴いている人が飽きずに楽しめるような感じにしたいというのはありました。今は自分でプレイリストを作って、自分の好きなように曲を入れ替えたり並べたりしながら聴けますよね。でもライブって「それ、飛ばしてください」なんて出来ない(笑)。
▲『29+1 -MISo-』初回限定盤
▲『29+1 -MISo-』通常盤

――確かに!

寺島:以前、とあるガールズバンドのライブに行ったんですが、すごく好きで見に行ったのに、途中から飽きてきちゃったんですよ。何でかなって考えたら、意外と曲調とか展開とかテンポが似てることに気がついたんです。

――リスナーとしての感覚も踏まえながら、作ることができたんですね。歌詞の面ではいかがでしたか?

寺島:サウンドプロデューサーの赤堀(眞之)さんが、表現の仕方や方向性について「(自分の気持ちとして)嘘をついてると感じてしまうところは何でも指摘してください」と言ってくださったので、作詞家さんが書いてくださったものに関しても、何度かやり取りをさせていただきました。「Someday」は結構スルッと行きましたが、他はどれも、最初の形からは結構変化しています。

――1曲目の「道標」は、新しく踏み出す一歩を感じさせるような力強さがありますね。

寺島:最初は、みんなで「ウォーウォー」言って盛り上がれるといいなっていうところから始まったんですけど、アレンジによってかなりリード曲っぽい力を持つ曲になり、歌詞になっていきました。

――その「道標」や寺島さんが作詞・作曲を手がけた「actor(S)」もそうですが、今作では<声>というものがひとつキーワードになっているかなと思いました。

寺島:歌手も声優も声を武器にするという点ではあまり変わらないというか、声ありきのものだと思うんですね。声って、みんなが思っている以上に重要な要素だと思うんですよ。人の印象にも繋がるし、曲の印象が変わったりもする。それを武器にできるところへ自分が行けたことは、すごく嬉しく思っていて。

――はい。

寺島:だけど最近は声優も顔を出す場面が多くなったりして、見た目も磨かなきゃいけなくなった。声優がいちばん求めている感想は「いい声だね」だと思うんですが、例えばライブの感想を見ても「可愛かった」しか書かれてなかったりして、もっと声に注目して欲しいのになって思ったりもするんです。めちゃくちゃ歌を頑張っても「ダンスが下手」って叩かれたりして、何でそこ? みたいな。人前に出るからにはどれも大切だとは思っているけど、でもやっぱり声に自信があったから声優を目指したし、歌も歌いたいと思ったわけだから、その<声>っていう部分はもっとアピールしていかなきゃなっていう思いもあったんです。

――「actor(S)」には、そう言った現状に対する本音も表れているなと思いました。

寺島:完全にそうですね。僕、結構言いたいタイプなんですよ。だけど、言いたいことがいっぱいあって憤ったりしていても、いざ話を振られると「何にもないでーす」って言っちゃう(笑)。伝わる相手と伝わらない相手を先に自分で決めているというか、言っても伝わらないんだったら虚しいじゃないですか。

――声優としてのお仕事は”役を演じている自分”という側面もあるから、発言に関しても、自分自身をセーブされてるのかもしれないですね。

寺島:まさにその通りで。作品とかキャラクターありきの活動なのでね。僕は純粋でキラキラした役も結構やらせていただくんですけど、そいつが今の日本の社会をめちゃくちゃディスってたりしたら、キャラクターそのものも楽しめなりますから。

――イメージがありますからね。

寺島:でも音楽だったら、歌だったら、それが言えるなって思うんです。社会をディスったりっていうのは極端な例であって、僕自身は、伝わり過ぎないというか、押し付けがましくないように言えたらと思っているんですけどね。それを聴いて「いい歌だな」で終わる人がいてもいいし、自分の思いを受け取って分かってくれたらそれはそれでもちろん嬉しい。聴く聴かないは自由だし、どう聴くかも自由。それが音楽の楽しみ方かなって思うから。

――その上で、一緒に音楽を楽しんでくれる人が増えるといいなってことですね。

寺島:はい。単純にいいメロディーだなとか、この感じ好きだなくらいで全然いいんですよ。歌詞カードを見て「これってこういうことを言ってるのかな?」って気付く人もいればいいな、くらい。気軽に聴いてもらいたいんです。
――今「気軽に」とおっしゃいましたけど、アルバムのタイトルに関しては意味を考えずにいられないですよね(笑)。『29+1 -MISo-』(読み方:ミソ)。なぜこういう表記?なぜミソ?どういう思考回路でこうなったんでしょうか(笑)。

寺島:思考回路としては、松本人志さんが(2017年の)「キングオブコント」でにゃんこスターを高評価してしまった時と同じで、逆に今これ行ったら面白いだろうなみたいな(笑)。BUMP OF CHICKENのニューアルバムが「ミソ」だったら「えぇっ!?」だけど、寺島惇太なら許されるかなって(笑)。

――(笑)。

寺島:僕が「It’s A Beautiful World」みたいなタイトルにしたら、「何だ?急にカッコつけやがって」みたいになるじゃないですか(笑)。やっぱり今までの僕を応援してくれた人がメインリスナーになると思うから、あんなに気安いキャラというか、いつもニヤニヤしながら周りからイジられてたはずの寺島惇太が、アーティストデビューした途端に!みたいなのは嫌で。僕のカッコつけずに飾らないところが好きで応援してくれた人もいるはずだから、切り離したくなかったんですよ。楽曲がめちゃくちゃカッコよくて、アートワークもすごく良いものになってるからこそ、タイトルでちょっとクスッとしてもらえたらなって。「この、完璧にカッコよくなりきれないところが寺島惇太なんだよね」って思ってもらえたらなということで、タイトルで抵抗してみたんです(笑)。

――なるほど(笑)。

寺島:29年間はアーティストではなかったけど、30際になったこの最初の1年はアーティストとしての1年目。アーティスト元年みたいな意味でもあります。この最後の「o」だけ小文字なのは、ちょっと見た目の違和感を残せたらなってことで。ポテチ食べつつ、みんなでゲラゲラ笑いながら30分くらいで決めました。連続するタイトルっていうか、例えば「(アーティスト名) I」「(アーティスト名)II」とかありますけど、「今回“ミソ”だから次は“ショウユ”、その次が“シオ”(笑)!?迷いの末に作り上げたからって後付けで“マヨ”もイケる(笑)」とか言いながら。

――ファンの方に楽しんでもらえたらという、その愛はしっかり受け取りました(笑)。では最後に、アーティストデビューを果たした寺島さんの今後の夢を聞かせてください。

寺島:ツアー、やってみたいんですよ。サウンドプロデューサーである赤堀さん達とも話していたんですけど、みんな楽器もできてコーラスもできるから、昔ながらの男くさいライブツアーをやりたいよねって。自分たちで機材を積んで、ワンボックスで全国のライブハウス細かく回るみたいな。

――そういうことも、話している時がいちばん楽しいんですよね。

寺島:そう(笑)。実際やるととんでもなくキツいってみんな知っているんだけど、30代からの、第2の青春っていうかね。これまでのキャラクターライブというかコンテンツライブでは自分よりもキャラクターを出すっていうものだったけど、これからはもっと<自分>も見せられたらなって思います。声優ならではの部分を生かした、僕にしかできない表現もやっていきたいですね。

取材・文●山田邦子

リリース情報

1stミニアルバム『29+1 -MISo-』
2019.3.27Release
初回限定盤 CD+DVD
NEZA-90022~3 価格¥2,700‐(Taxin)
通常盤 CD Only
NECA-20078 価格¥2,160-(Tax in)
CD共通
1.道標
2.re-Play!
3.幻日メモリー
4.actor(s)
5.RPG
6.Someday
DVD:「道標」ミュージックビデオ/
ミュージックビデオ撮影メイキング収録

関連リンク

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着