Kemuriのスタンスが発揮された
『千嘉千涙(senka-senrui)』は
音楽シーンの歴史に刻まれるべき
パンクロックの進化系

スカパンクだからこその躍動感

そんな“P・M・A”を貫いた歌詞がスカパンク、スカコアに乗せられているのがいい。いや、スカパンク、スカコアだからこそのKemuriと言ったほうがいいだろう。概ね精神面を綴った歌詞ゆえに、言葉だけをとらえたら、ややもするとシリアストーン一辺倒になってしまいそうなところを、パンクの疾走感を備えたスカビートがそうさせていない。前のめりに進む感じが独特の高揚感を生んでいる。

それだけでも十分にポップなのだが、そこにホーンセクションが加わることで楽曲の奥行きがグッと増しているのが素晴らしい。例えば、『千嘉千涙(senka-senrui)』で言えば、M1「One Life, No Regret」。アップチューンのパンクにブラスが加わることで明るく昇華させている印象。グイグイと来るだけでなく、サウンド全体に絶妙なグルーブ感を与えているのは間違いない。M3「Egotistic And Weak Fragment Of Creation」辺りもそうで、パンク好きのみならず、幅広いリスナーに訴えかけるだけの力があると思う。

また、M8「Into Sands」やM13「Hoshizora To Heishi」のようなミディアムテンポのナンバーがあるのもいい(後者はインスト)。パンクの場合、テンポをそのまま落とすと単なる8ビートになったり、R&Rになったりと、案外バンドアンサンブルを維持するのが難しい。ていうか、ひと筋縄でいかないような印象はあるけれども、スカはジャマイカに渡ってロックステディ→レゲエと発展したように、少しテンポが落ちても成り立つところがある。その辺にKemuriのアドバンテージがあったとも思う。

TEXT:帆苅智之

アルバム『千嘉千涙(senka-senrui)』2000年発表作品
    • <収録曲>
    • 1.One Life, No Regret
    • 2.Falling Down
    • 3.Egotistic And Weak Fragment Of Creation
    • 4.In The Perfect Silence
    • 5.Kirisame
    • 6.Lullaby
    • 7.One Drop Liberation
    • 8.Into Sands
    • 9.The Colors
    • 10.Oneday
    • 11.Ancient Wind
    • 12.Fight Vices Inside
    • 13.Hoshizora To Heishi
    • 14.Mangetsu No Yoru Ni Hana
    • 15.Scream For My Dream
『千嘉千涙(senka-senrui)』(‘00)/Kemuri

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着