L→R 山口航佑(Vo&Gu)、ごしょおいくは(Ba)、サカイボーグ(Dr)

L→R 山口航佑(Vo&Gu)、ごしょおいくは(Ba)、サカイボーグ(Dr)

【SHABA インタビュー】
“生きたい”“生きていてほしい”
という想いを歌いたかった

ストレートに見えて、
実は少し曲がってる曲が多くなった

序盤から中盤にかけてはアップテンポや衝動的な楽曲が続きますが、一転して後半には「コンクリートの中で」「十二分の幸せ」としっとりとした楽曲も収録されています。曲順はどういったところにこだわりましたか?

山口
曲順を決めるのはすごく苦手なので、自分はメンバーや社長に意見をもらうことが多いですね。でも、理由とかは分からないんですが、“この曲は何曲目がいい!”とか、直感で譲れない時とかもあります。俺って面倒臭いですよね(笑)。

本作の最後を締め括る「サラバ」は友との別れを描いた歌ですが、ここからが始まりのようにも感じられる一曲で、今の季節にぴったりだと思いました。

山口
“さよなら”という言葉にはたくさんの気持ちが込められていることが多いと思います。別れたくない相手に別れを切り出す人がいるように…出会いと同じくらいに、別れはすごく大切なことですし。離れたから成長できることもあったりして。自分も前のメンバーが全員脱退してひとりになって一気に性格変わりましたから(笑)。良い言い方をすれば丸くなったし、悪い言い方をすれば信じすぎなくなった。でも、これは悲しいことなんかじゃなくて、変われたという一点に関しては何のマイナスでもない。これからもたくさんの人と出会って別れて変わっていくと思いますし、変わりたいと思っています。別れるということは一概に、悲しいだけのものではないんだということを歌いたかった。前に進ませてくれる別れもあるということですね。

メンバーそれぞれ、特に印象深い楽曲があれば教えてください。

山口
「コンクリートの中で」はある事件を知ったことがきっかけで書いた曲なのですが、自分の知っていることだけじゃ曲を書けないと思ったので、この曲の歌詞を書くために本を何冊か読みました。知らないことを知れたことも含めて、この曲が書けて良かったと心から思います。
ごしょお
7曲目の「サラバ」ですね。もともとはSHABAをかわいがってくれた先輩への歌なんですけど、このアルバムの制作から発売までの間に地元のライヴハウス高槻RASPBERRYが閉店したり、親しかった友達が死んでしまったり、通ってた専門学校の卒業式があって僕以外のクラスメイト全員が就職してバラバラになってしまったりとか、すごく別れを実感させられる出来事が多くて。自分へのタイムリー感がすごいなとずっと思っていました。なので、友達が死んだ次の日のライヴでも、高槻RASPBERRYでの最後のライヴでも、メンバーに無理を言ってこの曲演奏しましたし、卒業式の時みんなに“次のアルバムの最後の曲、絶対聴いてくれ”って言いましたね。ベロベロで。何年後かに聴いても、今のこの時期を思い出すんだろうなって曲です。
サカイ
僕は3曲目の「凡人の衝動」が好きですね。この曲はこのアルバム作る時に一番最後にできた曲で、最初のイントロ部分をバンドで合わせた時に“これはキタ!!”と思ったのを覚えてます。まだライヴではあまりやってないんですが、もう少し曲の完成度を上げて万全の状態でライヴでやるのが今から楽しみな曲です。

『命が叫びたがってるんだ。』はどのような一枚になったと思いますか?

山口
ストレートに見えて、実は少し曲がってる曲が多くなりましたね。真っ直ぐに聴けば真っ直ぐに受け取れる。ただ、聴けば聴くほど僕の弱さが見えてくると思う。それがいいパンチになればいいです。
ごしょお
サウンド面では、前作が一辺倒なら今作は七変化って感じです。SHABAっぽさは保ちつつも、いろんな人の裏をかけたと思います。“ここで裏打ち入れたらキモくね?”とか“あの曲のBメロのこの部分、使えんじゃね?”とか“あの曲とあの曲のベースライン、合体させたろ!”みたいなのが多くて、そういうのにも注目して聴いていただけると不幸中の幸いです(笑)。その一方で歌詞が“命”“生きる”“人生”などの根幹のテーマからは一切ぶれていないおかげで、キャラの違う7曲が綺麗にまとまったかなと思います。
サカイ
前回の『アカハル。』の良さを引き継いだ曲もありつつ、それぞれタイプの違う7曲が入ったアルバムだと思うので、そこを楽しみつつSHABAというバンドが少し成長した姿が見えるアルバムになりました。

4月30日の京都GLOWRYより『SHABA presents だいちゅきツアー2019』がスタートしますが、どういったライヴが期待できそうでしょうか?

山口
日替わりランチみたいな感じで、全日程で別の味が出せたらいいなと思ってます。“今日来て良かった”って思ってもらいたいので!
ごしょお
体調を崩さない、お酒をたくさん飲む、野菜もちゃんと食べる、友達をいっぱい作る、いっぱい知ってもらう!
サカイ
いつも通りはっちゃけつつ、ビシッとキメるところはキメられるようなライヴにしたいです。あと、今回のツアーから運転なのでとにかく安全運転を意識していきたいです。

取材:高良美咲

ミニアルバム『命が叫びたがってるんだ。』2019年4月17日発売 DAYRIGHT RECORDS
    • DYRT-13
    • ¥1,500(税抜)
SHABA プロフィール

シャバ:“青春を叫ぶ”をキャッチコピーに掲げて活動をしている3ピースバンド。2017年12月に発売した自主制作盤「恋と戦争」収録曲の「ミサイルが飛んだ日」のMVが話題に。19年4月には、ミニアルバム『アカハル。』から約7カ月というスピードで2ndミニアルバム『命が叫びたがってるんだ。』を発表する。SHABA オフィシャルHP

「愛散々」MV

「コンクリートの中で」MV

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着