毎月テーマを変えて、さまざまな人に選曲をお願いしている「MIXTAPE」企画。
今回のテーマは「ザワつく音楽。」。長かった冬が終わりを告げ、新しい季節の到来。命芽吹く春です。そして世の中は卒業があり新たな人生の幕開けでもあります。平成という時代の終わりでもあります。
「あたらしい」に向かうとき、僕たちは期待と不安をもって「ザワつく」のではないでしょうか。胎動を感じる力強さ、胸高鳴る瞬間、不安を希望に変える、音楽にはいろんな力があると信じています。
今回は、あらゆる解釈のもと、
The Wisely Brothersによる「ザワつく音楽。」をお届けします。


The Sun the Trees / Russian Red

私が初めて路上ライブをしたときに歌った、思い出の曲です。 家族に向けての気持ちが描かれているとても素敵な曲だな。と思います。


2021 / Vampire Weekend

地球が、今日が、今にもおわりそうで、今にもはじまりそうな感じ。早く何かしなきゃ!とざわつく夜。そんな時に誰かに会いたくなる。


But I Might Die Tonight / Cat Steve
ns

好きな映画のひとつイエジースコリモフスキ監督の『DEEP END』オープニング曲。これからはじまるのは、とある少年の切なくてすこし熱い人生の物語。


カーニバルがやってくるぞ / 四人囃子

初めてこの曲を聴いたとき、新しい土地を探し当てたような気分で、誰かに伝えたくなりました。


A Million Pleading Faces / Orange J
uice

な、なんだこれはと思わせる絶妙に奇妙なギターフレーズとファンクな感じが好きです。 はじまりと終わりの唐突な感じもハマりました。


silhouette / SaToA

言葉や歌声に隠した意味を考えてしまうような、入り口からグッと引き込まれる曲です。


jinx / uri gagarn

今年のはじめ、はじめてライブを観に行った時、こころが騒ぎ立てられた一曲!スリーピースこころも爆発しました。


Sunday roast / Courtny Barnett

来日した際に観たライブで、この曲のイントロが流れた途端、鳥肌が止まりませんでした。


Birdhouse in Your Soul / They Might
Be Giants

来日した際に観たライブで、この曲のイントロが流れた途端、鳥肌が止まりませんでした。


星を見たかい? / サニーデイ・サービ

サビが来る度ににグッとくるので沢山聞けて嬉しい。 途中盛り上がって激しくなっても、 またしっかりと帰ってきてくれる。

The Wisely Brothers「ザワつく音楽。」はミーティア(MEETIA)で公開された投稿です。

ミーティア

「Music meets City Culture.」を合言葉に、街(シティ)で起こるあんなことやこんなことを切り取るWEBマガジン。シティカルチャーの住人であるミーティア編集部が「そこに音楽があるならば」な目線でオリジナル記事を毎日発信中。さらに「音楽」をテーマに個性豊かな漫画家による作品も連載中。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着