天月-あまつき-

天月-あまつき-

【天月-あまつき- インタビュー】
“みなさんに生かしてもらっている”
と感じながら作った

すっかり大人になった今では
あの頃の自分の純粋さが羨ましい

「スターライトキセキ」は非常にダイナミズムな曲ですね。今後、大会場や大勢の人の前で非常に効力を発揮しそうです。

この曲は去年の夏ぐらいに、まさに大きなステージを思い浮かべながら作りました。夏フェスとかで歌う時に、サビの掛け声の部分はみなさんに力をより出してもらえる…そんな一体感のある曲が欲しくて。

歌詞の内容は恋愛?

一応恋愛が入ってはいますが、恋愛だけをテーマに書いた曲ではありません。大人になってようやく見えてきた、子供の頃の自分というか。今やもうすっかり大人になったので、当時悩んでいたことも“あぁ、そんなことで悩んでたんだ”と思う反面、“当時の自分は相当苦しんでいたなぁ”と振り返った機会があって。そういった自分の中のリアルとリンクさせている部分もかなりあります。あの頃の自分の純粋さが羨ましかったりもしたんです。

当時、真剣に悩んだり、苦しんでいた健気な自分への愛しさですね。分かります。今や大人になり、経験を積んで達観している面もありますが、真剣さやひた向きさは、当時より失っているかもしれません。サウンドの話に移ると、力強いけどノスタルジックさを擁しているのも、この曲の特徴ですね。

音はがっつりとライヴ仕様のバンドサウンドにしました。僕的にはイントロのアルペジオがむちゃくちゃ好みで。そこからサビへとブワッと広がる緩急が特に気に入っています。でも、この曲はやはりみなさんの掛け声の部分に尽きるでしょうね。一体感を大事にしつつスケール感も出したい。そこを目指して作っていったし、アレンジもお願いしました。対して「Ark」は魅せつけるタイプの曲かなって。

「Ark」は一緒にというよりは、一方的に吐き出すタイプですね。

この曲は先にアニメ『7SEEDS』のオープニングテーマとしてお話をいただいていたんです。原作のコミックも全て読んでいて、大好きな作品でもあったので、この作品が有する世界観を大事に、自分ならではの表現をしてみました。

この曲では“絶望”と“救い”の二律背反が重要に感じられました。

原作から感じた、“結局は生きていかなくてはならない”といった部分を汲み取って歌詞に落とし込みました。その辺りは僕のリアルとも重なる部分がありましたね。“音楽以外で何ができるのか”を問われると答えに困りますから。僕としてはこれが生きるための選択肢でもあるので。世の中に不条理で哀しいことがどれだけあろうと、前に進んで行かなくてはいけない…その辺りはすごく自分とリンクして書きました。

そう考えると、表題の2曲の根底には“生きる”がテーマにありそうですね。「スターライトキセキ」も《死ぬまでは生きてみよう》というリリックもあったし。

この曲たちを作っていた時は日本武道館(2018年8月23日『Loveletter from Moon』)が控えていたこともあって、僕の中では“日本武道館が終わったら、自分の活動も終わってしまうんじゃないか”ぐらいの気持ちだったんです。ある意味、そこに懸けていた。だけど、日本武道館を終えてみたらそんなことはまったくなくて、逆に目標や生き甲斐が見付かった気がしたんです。もっと先に行ってみたくなった…それは生き死ににも通ずるんじゃないかなって。“天月はみなさんに生かしてもらっている”と改めて感謝の気持ちを込めて作ったんです。

カップリングの「This Night」に関してはいかがですか?

「This Night」はゲーム『Identity V 第五人格』の1周年アニバーサリーソングなのですが、その世界観を作り上げるスパイスとしてnqrse(なるせ)さんに参加していただいたんです。彼とは数年前から一緒に何かやろうと話をしていて、今回ようやくそれが実現しました。この曲に合った世界観を目指して、遊び心もありつつ、圧倒させるような曲を想像しながらふたりで相談しながら完成させていきましたね。

初回限定盤A収録の「君色に咲く花」は?

和っぽいテイストが魅力ですね。この曲も生き死にや、生きていく選択を迫られているのが根底にあって。それも踏まえて、主題歌に起用されたNintendo Switch『ビルシャナ戦姫 〜源平飛花夢想〜』のコンセプトである“大事な人とともに生きていく”を自分なりに表わしてみました。

初回限定盤Bにはsupercellのカバー曲「君の知らない物語」が収録されていますね。

この曲は投稿された頃からよく聴いていた楽曲のひとつでもあるんです。それこそ、当時のわくわくした感じを思い出しながら歌ってました。もともとsupercellさんが大好きで、たくさん聴かせていただいているので、今回カバーさせていただけるとなって本当に嬉しかったです。

なるほど。7月31日にはこれらの曲が映えるであろう、大阪城ホールでのライヴも控えています。

ありがたいですね。ひとりでは経験したことのない大きな会場ですが、たくさんの方が来てくださることを信じています。やると決めたからには、しっかりと責任を果たさなくてはいけないっていう使命感と緊張感があります。自分がこのシングルの曲を作っている時に思い浮かべていた景色と実際に広がる光景がどう結び付いてくれるか、非常に楽しみです。

取材:池田スカオ和宏

シングル「スターライトキセキ/Ark」2019年6月26日発売 USMジャパン
    • 【初回限定盤A(DVD付)】
    • UICZ-9117
    • ¥ 1,800(税込)
    • 【初回限定盤B(DVD付)】
    • UICZ-9118
    • ¥1,800(税込)
    • 【通常盤】
    • UICZ-5112
    • ¥1,200(税込)

ライヴ情報

『ひきこもりたちでもフェスがしたい!
~世界征服I@メットライフドーム~』
6/23(日) 埼玉・メットライフドーム

『The StarLight Seeker -prologue-』
7/27(土) 神奈川・パシフィコ横浜 国立大ホール

『天月がいつもお世話になっております。』
7/28(日) 神奈川・パシフィコ横浜 国立大ホール

『天月-あまつき- 10th Anniversary LIVE
『The StarLight Seeker』』
7/31(水) 大阪・大阪城ホール

天月-あまつき- プロフィール

あまつき:動画共有サイトにて2010年より動画の投稿を開始。ハイトーンで少年ぽさを色濃く残した歌声は、さわやかでありながらも甘い魅力があり、人懐っこくいたずらっぽさを感じさせるビジュアルとあわせ、多くの人々の心を掴む。また、自身が企画した全国ライヴツアーを行なったり、演劇、朗読劇と活動の幅も広げ、日本のみならず海外のファン層も拡大しており、国内外のイベント出演オファーが相次いでいる。天月-あまつき- オフィシャルHP

「スターライトキセキ」MV

「Ark」MV

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

新着