ザ・フー、ロンドン公演で新曲を披露
。エディ・ヴェダーとも共演

ザ・フーが土曜日(7月6日)、英国ロンドン/ウェンブリー・スタジアムで開いた公演で、新曲を披露した。また、この公演のオープニング・アクトだったエディ・ヴェダーとの共演も観られた。
現在、ニュー・アルバムを制作中のザ・フーは、それに収録されると考えられている「Hero Ground Zero」を初ライブ・パフォーマンスした。

ヴェダーとは『Quadrophenia(四重人格)』(1973年)からの「The Punk and the Godfather」をプレイした。
ザ・フーはこの夜、オーケストラもまじえ、以下の24曲をパフォーマンスしている。

With オーケストラ
「Overture」
「1921」
「Amazing Journey」
Sparks
「Pinball Wizard」
「We're Not Gonna Take It」
「Who Are You」
Eminence Front」
「Imagine a Man」
「Hero Ground Zero」
「Join Together」

バンドのみ
Substitute
「The Seeker」
「Won't Get Fooled Again」 アコースティック:ロジャー・ダルトリー&ピート・タウンゼント
「Behind Blue Eyes」 with ストリングス

With オーケストラ
「Guantanamo」 (ピート・タウンゼントの曲 ライブ初パフォーマンス)
「The Real Me」
「I'm One」
「The Punk and the Godfather」 with エディ・ヴェダー
「5:15」
「Drowned」 アコースティック:ピート・タウンゼント・ソロ
「The Rock」
「Love, Reign O'er Me」
「Baba O'Riley」

ヴェダーはオープニングで12曲をプレイし、ピート・タウンゼントの弟サイモン、アイルランド出身のバンド、ザ・フレイムスのシンガー、グレン・ハンサードと共演していた。6月初めから開催していた彼のヨーロッパ・ソロ・ツアーの最終公演だった。
この日のザ・フーの公演にはヴェダーほか、カイザー・チーフス、イメルダ・メイもサポート・アクトとして参加した。

Ako Suzuki

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着