『LOVE GOES ON…』の
歌声を聴けば誰もが納得、
DREAMS COME TRUEが
愛され続けている理由

J-POPを代表する「未来予想図II」

M3「BIG MOUTHの逆襲」、M4「MEDICINE」は中村作曲のナンバーだが、この辺りからは中村のディレクション能力の確かさといったものがうかがえるような気がする。M3はファンキー、M4はややマイナー系と、同じソウルでもタイプは異なるものの、いずれも吉田のヴォーカリゼーションの特徴をよくとらえていると思う。「BIG MOUTHの逆襲」は言葉の乗せ方が洋楽的というか、ドリカムの中では音符に言葉が詰まっているタイプ。それゆえにか、フリーキーな歌唱も聴くことができる。個人的に注目したのは「MEDICINE」。吉田のハイトーンでの表現方法の素晴らしさは言うまでもないが、比較的低音域の落ち着いた感じの歌唱も彼女ならではものだ。のちのドリカムのヒット曲で言うと「やさしいキスをして」(2004年)辺りがそうであろうか。ポップさやエネルギッシュさとは別ベクトルの、かなりいい雰囲気を持っている。「MEDICINE」のサビ後半(さらに具体的に言えば、《これからあなたがめぐり会う/Same as me. 私と同じ名前に 出会うたびに》の《めぐり会う》と《私と同じ名前に》)がまさにそれ。確かな貫禄のようなものを感じさせる。実際に中村がどこまで意識していたのか分からないが、吉田の魅力を最大限に引き出すことを考えた末のことであったと想像できる。

それ以降、80年代風歌謡曲といった面持ちのM5「LAT.43°N〜forty-three degrees north latitude〜」。オフビートでダンサブルなM6「自分勝手な夜」。基本はポップチューンだが、ゴスペル調というか、ドゥーワップ調のイントロや、ややサイケデリックなサウンドも聴けるなど遊び心が感じられるM7「星空が映る海」。サンバのリズムのクリスマスソングM8「サンタと天使が笑う夜」。打ち込みによるずしりとしたリズムが効いたアルバムのタイトルチューンM9「LOVE GOES ON…」。そんなバラエティーに富んだ楽曲が連なる本作の果てには、7分を超える超大作M10「未来予想図II」が待っている。これまで数多くのアーティストにカバーされて、今やドリカムを代表する楽曲のみならず、平成を代表…いや、J-POPを代表する楽曲と言っても過言ではないナンバー。その旋律の優秀さは、もはや言うまでもなかろう。語りかけているような、または思い出をなぞる独り言かのようなメロディーラインは、世代を超えて多くの人たちに支持されてきた。

《私を降ろした後 角を曲がるまで見送ると/いつもブレーキランプ5回点滅/ア・イ・シ・テ・ルのサイン》《2人でバイクのメット 5回ぶつけたあの合図/サイン変わった今も 同じ気持ちで素直に愛してる》(M10「未来予想図II」)。

上記のフレーズもあまりにも有名だ。実生活でブレーキランプを5回点滅させている人はまずいないだろうが(「未来予想図II」が流行った時期にはわりといたような気もするが…)、しかもふたりだけが知る恋愛における幸福感の表現としては秀逸ではあろう。これがBメロというのもいい。ここで高まった感情がサビでさらに解放に向かうわけで、その構成にも吉田美和の優れた手法が垣間見れる。

《きっと何年たっても こうして変わらぬ気持ちで/過ごしてゆけるのね あなたとだから/ずっと心に描く未来予想図は/ほら思った通りにかなえられてく》(M10「未来予想図II」)。

《きっと》と《ずっと》をフレーズの頭に置く辺りも巧みである(楽譜的に見れば小節のお尻からシンコペーションで次小節へつながっているようである)。また、エレキギターは結構ノイジーだが、かと言って楽曲の雰囲気を損ねない程度にさりげなく入っているところとか、吉田の自ハモではなく、中村(だよね?)のハーモニーがアクセントになっているところとか、小技もピリリと効いている。問答無用の名曲であり、フィナーレを飾るに相応しい楽曲でもある。

聴けば聴くほどに、吉田美和の才能がさく裂していることがよく分かる『LOVE GOES ON…』。30年前の作品であるにもかかわらず、ここに収録されているM10「未来予想図II」もM1「うれしい!たのしい!大好き!」が今もなおファンに愛され続けていることがよく分かる、まさに名盤中の名盤である。

TEXT:帆苅智之

アルバム『LOVE GOES ON…』1989年発表作品
    • <収録曲>
    • 1.うれしい!たのしい!大好き! ('EVERLASTING' VERSION)
    • 2.うれしはずかし朝帰り
    • 3.BIG MOUTHの逆襲
    • 4.MEDICINE
    • 5.LAT.43°N〜forty-three degrees north latitude〜
    • 6.自分勝手な夜
    • 7.星空が映る海
    • 8.サンタと天使が笑う夜
    • 9.LOVE GOES ON…
    • 10.未来予想図II
『LOVE GOES ON…』(’89)/DREAMS COME TRUE

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着