ハリー・スタイルズ、エルヴィス役を
逃したことに「触れがたい存在でガッ
カリはしていない」

バズ・ラーマンが監督するエルヴィス・プレスリーの新バイオグラフィ映画でエルヴィス役の候補に挙がったものの、射止めることはできなかったハリー・スタイルズだが、ガッカリはしていないという。
彼は『The Face』誌のインタビューでこう語った。「もし、自分に相応しくないことならば、僕がやらないほうが両者にとっていいと思う」「エルヴィスは、子供のときの僕にとってアイコンだった。ほとんど神聖な存在ですらあった。彼には触れたくないとさえ思う。ちょっと関わることになりかけたけど、ガッカリはしなかった」

エルヴィス役には、オースティン・バトラーが抜擢された。

ハリーはまた、映画『リトル・マーメイド』実写版のエリック王子役の候補にも挙がったが、こちらは音楽に専念したいがために断ったそうだ。「話はあった。(でも)僕は音楽を出したくて、しばらくはそれに専念したいんだ。でも、関係者みんなが素晴らしく、いい映画になると思うよ」

まだ詳細は明かされていないが、ハリーがニュー・アルバムをリリースするのは、そう遠い日ではないようだ。フリートウッド・マックのスティーヴィー・ニックスは、すでに新しい音楽を聴かせてもらったそうで、『The Face』誌のこのハリー特集で、「ワン・ダイレクションがやってきたことどれとも違う。ピュアなハリーよ。すごく異なる作品ができたの。目を見張るわ」と、話している。

Ako Suzuki

関連記事

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着