L→R 宇佐美友啓(Ba)、伊丸岡亮太(Gu)、千野隆尋(Vo)、高橋 誠(Dr)、岡﨑広平(Gu)

L→R 宇佐美友啓(Ba)、伊丸岡亮太(Gu)、千野隆尋(Vo)、高橋 誠(Dr)、岡﨑広平(Gu)

【GOOD ON THE REEL インタビュー】
この曲たちがGOOD ON THE REEL

アレンジャーに入ってもらいたい
願望はあった

では、今作でのメンバーそれぞれの推しの曲は?

岡﨑
「向日葵とヒロインと僕」ですね。自分セレクトで“どうしても入れたい”って入れたんで。前のレコーディングの時はストリングスを入れたくても入れれなくて…なんとなく入れてはいたんですけど、どうやってオーケストラにしたらいいのか、構成の仕方とかが分からなかったんですよ。でも、今回はアレンジャーさんに入ってもらって、そこがしっかりとできたので。理想のかたちですね。もしも数年後にまた再レコーディングする機会があったとしたら、ピアノだけとかでギターもいらないかなって(笑)。
伊丸岡
俺のギターもほぼいらなかったしな(笑)。
宇佐美
ベースもいらない(笑)。
千野
Radioheadみたいになってる(笑)。でも、「向日葵とヒロインと僕」で初めて生のストリングスを入れたんですけど、すごく広がりが出て、もうラスサビとかは感動的で…“すげぇー”って。絵本の中の世界がそのまま飛び出してくるような雰囲気がすごいなって。で、個人的には「いらない」ですね。なんか、潔いんですよ。出来上がったものを全部聴いてみても力強くて好きですね。ストレートだし、ギターの圧とかがいいんですよ〜。
伊丸岡
どパンク好きだから、ストレートなものがいんでしょうね(笑)。

他のメンバーの推し曲は?

伊丸岡
僕は「24時間」ですね。イントロとケツにリズムを入れて、ピアノとコーラスワークを足した程度なんですけど、感動的なものにはなったかなって。出来上がった時は満足したんですけど、今は自分でリミックスしてみたいですね。それは完成したものに不満があるんじゃなくて、もっと遊びたいっていうことで。
宇佐美
推し曲ということでは、選曲の時に僕の票しかなかったんですけど、すごく好きな曲だったので、「うまくは言えないけれど」を入れてもらいました。この曲もアレンジャーさんにやってもらったんですけど、元気な感じになりましたね。前はほんわかとしていて、その雰囲気もすごく好きだったんですけど。

「うまくは言えないけれど」はこのアルバムの中でのひとつ核になってますよね。ストリングスが入って、よりドラマチックになって。

宇佐美
僕の熱意で収録されて良かったです(笑)。
高橋
僕は「青い瓶」を一番聴いてますね。この曲もアレンジャーさんに入ってもらったんですけど、もとの曲の感じも残しつつ力強さが加わったというか。
伊丸岡
とらえ方が違ってたよね。

ちなみにアレンジャーさんに入ってもらったのは、バンド側のリクエストで? 今まではセルフプロデュースでやっていたわけですが。

伊丸岡
お試しじゃないですけど、1回やってもらいたい願望はあったので。
千野
初めてでしたから、やはり新鮮でしたね。

セルフカバーというリアレンジのタイミングだからやってもらおうと? 完成しているものを噛み砕いてもらうわけだし。

伊丸岡
そうです。面白いかなって。

あと、曲順なのですが、これはすんなりと決まりました?

千野
決まりましたね。広平が出した案だったんですけど、ライヴを意識した、セットリストっぽいものになりました。

いい位置に「向日葵とヒロインと僕」や「ホワイトライン」がありますよね。

伊丸岡
これがベストだと思います。

全部が完成してから導入的な1曲目「pupa ~eme~」を作ったのですか?

伊丸岡
完成するちょっと前ぐらいですね。「素晴らしき今日の始まり」につながるように作りたかったので、まさにライヴのSE的な感じです。
千野
セルフカバーアルバムを作るって決まった時から入れたいって話はしてました。そこから「素晴らしき今日の始まり」が始まって、最後に「ハッピーエンド」で終わるっていう感じで。

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着