L→R 将(Ba)、斉藤広幸(Dr)、アッカ(Vo)、小松慶太朗(Gu)

L→R 将(Ba)、斉藤広幸(Dr)、アッカ(Vo)、小松慶太朗(Gu)

【あいのぼり インタビュー】
メロディーは歌詞を活かすためのもの

“本当に天下を取るしかない”という
僕らの決意表明

なるほど。では、今回の「1秒の花束」ですが、この楽曲は映画のタイアップありきでスタートしたそうですけど、タイアップを好まないバンドマンもいると聞きますが、少なくともタイアップは嫌じゃなかったのでは?

アッカ
そうですね。“やっと話が来た!”と思いました(笑)。待ちに待ってた感じではありましたね。

映画『初恋ロスタイム』の井上プロデューサーから直接挿入歌の制作オファーがあったそうですが、どんな話があったんですか?

アッカ
とりあえず台本と映像を渡されて、“いい曲を作ってください”みたいな(笑)。ただ、“任せてください”とは言ったものの、歌詞を作る時はずっとドキドキしてました。あと、“挿入歌なんで、挿入歌っぽい曲で”とは言われたんですけど、それ以外は特に指定とかはなく、自分の好きなように作りました。
小松
挿入されるシーンは知ってたんで、そこに合うように…ということと、そのシーンが結構シリアスだったから、アップテンポよりもミドルからスローのほうがいいかなと。話はそれくらいでしたかね。

もともと映画のプロデューサーが前シングルの「涙のアーチ」を絶賛していて、そこから話が進んだそうですね。

小松
具体的に何を言われたかは覚えてないですけど、すごく褒めてもらいましたね。いい曲だという話はしてくれました。

ジャンルは異なるとはいえ、同じエンタメ業界の人からお褒めの言葉をいただくというのは、一般リスナーから“いい”と言われるのとまた違って感慨深いものがあったでしょうね。

小松
ちょっと嬉しかったですね。ある意味、業界の人たちってやっぱり耳も目も肥えているし、それを仕事にしているだけあって厳しい評価をするじゃないですか。そういう方々に認めてもらえたというのは自信になりました。

さて、その今回のシングルですけど、表題作もさることながら、カップリングにアップチューンの「あい、のぼります!」や「あまくってあかくって」が収録されているのもポイントだと思います。いいメロディーを持ったバンドではあるものの、決してそれだけではないところを示しているように思いました。

小松
そうですね。どの曲を入れるかまでは考えてなかったですけど、カップリングにアップとミドルを入れることは最初から意識していました。今、時代的にも音楽業界はライヴが中心にあると僕は感じてるんで、やっぱりライヴで盛り上がる曲を音源で聴いて…予習じゃないですけど、事前に聴いて来てくれたほうが楽しいと思うんですよ。だから、ライヴで必ずやる代表曲のようなものをバンドとしてしっかりと出しておきたいと思ったんです。

「あい、のぼります!」は珍しく各人の個性が出ていますね。音もゴリゴリだし。

小松
これは出しましたね、個性を出したほうがいい楽曲だったんで。
ゴリゴリですね。僕の一番好きなタイプです。GLAYのJIROさんになり切って弾きました(笑)。
斉藤
自分の好みで言えば、“The Rolling Stonesはこんなに速くはねぇけど”って感じで、“このビートはThe Beatlesは絶対にしねぇよ”って思うんですけど、今はこれが主流ではあると思うんです。4つ打ちがポップスにも入り込んで来ているのは、昔では考えられないですけど。

4つ打ちということで言えば、「あまくってあかくって」のほうはもろにダンスチューンですが。

斉藤
あぁ、あのくらいのテンポ感が一番いいですね、自分の好みとしては。でも、自分は4つ打ちを新しく感じるし、たぶんこのバンドをやらなかったらやってないと思います。実際、面白いですよ。いろんなことができるから。8ビートとシャッフルしかできないっていうのはバンドに限界があるし。

そして、「あまくってあかくって」はライヴでのキラーチューンという感じで。まさに、“さぁ、踊ってください!”って言ってるような楽曲ですよね。

小松
この曲は振り付けもありますからね。セットリストから外したことがないです。今回はリアレンジしているんで、それこそ今風のEDMで、アレンジャーさんにもそれで発注していますし。実際に僕も音を入れたりしているんですけど、思いっ切り攻めてますね。

カップリングにこれらの楽曲を置くことで、バラエティー豊かなバンドであるという、あいのぼりからのメッセージを感じたのですが、バンドの意思をもっとも感じたのは「あい、のぼります!」の歌詞です。《世界中を振り回せ! 巡る時代にこの名前を刻みつける それ以外何も考えていない》というのが力強い。これ、あいのぼりの“宣言”ですね。

アッカ
確かにそうですよね。もうそのままに受け取ってもらっていいと思います。バンドを結成した時の自分の気持ちをありのままに書き殴ったので(笑)。
小松
タイトルにバンド名が入ってて、“あい”は“I”で“私、のぼります”という意味もありますから、そう書いてある楽曲を世に出した時点で、もう後戻りできないと思うんです。顔も名前も出ている状態で、ある意味で覚悟を決めて…そんなふうに思ってないメンバーもいるかもしれないんですけど(苦笑)、僕は“これを出すんだったら本当に覚悟できてるんだろうな”っていう気持ちです。実際、そのつもりで、楽曲を作った時も、レコーディングしている時も、4人のバランスが大体同じような配置にしています。そこが今までとは手法が違うんですけど、あえてそうしているというか、“本当に天下を取るしかない”という僕らの決意表明と感じてもらえたらいいなと思ってます。

取材:帆苅智之

シングル「1秒の花束」2019年9月25日発売 徳間ジャパンコミュニケーションズ
    • TKCA-74817
    • ¥1,204(税抜)

『あいのぼり2nd singleリリースワンマン「君と僕の1秒」』

10/31(木) 東京・渋谷LUSH

あいのぼり プロフィール

2013年に“i nou vory(アイノウボリー)”として東京で結成。その1年後には初のワンマンライヴを成功させ、17年3月には初のミニアルバムを『スターティーコレクション』を発表。17年11月よりバンド名を“あいのぼり”に改名し、18年4月にシングル「涙のアーチ」でメジャーデビュー。アッカ(Vo)の個性的な言葉のセンス、ライヴ感情の表出力、カメレオンのように色を変える楽曲で注目を集める次世代の王道ポップバンド。あいのぼり オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着