L→R 小林 勝(Ba)、甲本ヒロト(Vo)、真島昌利(Gu)、桐田勝治(Dr)

L→R 小林 勝(Ba)、甲本ヒロト(Vo)、真島昌利(Gu)、桐田勝治(Dr)

【ザ・クロマニヨンズ
インタビュー】
作って、録って、聴いて楽しい、
その連鎖だけなんです。

歌詞の意味で整合性をとる気は
最初からないです。

なるほど。今回、マーシーさんのギターソロが少ないですよね?

真島
いつも通りに少ない(笑)。
甲本
「ケセケセ」「リリイ」「ガス人間」ぐらいかな。僕が頼んだ曲しか弾かないんです(笑)。自分が書いた曲にギターソロ入れなくなっているよね、ここ数年。

あえてソロはいらない?

真島
いらないんじゃないですかね。ギターソロを入れてもしょうがないし(笑)。

あれば曲の盛り上がりのポイントが増えるような気がしますけど。

真島
なるほど。じゃ、これからは入れようかな。
甲本
あとね、ギターソロがないと、僕、ずっと歌ってないといけない(笑)。

また、マーシーさんの曲は生活感あふれる情景が多いですね。「整理された箱」「長い赤信号」は日常が切り取られていて、サビでいきなり別の場面に飛んだりしない。

真島
特に意識はしてないですけどね。何も考えてないです。

ヒロトさんの曲はシンプルな繰り返しが多くて。おふたりとも今回はとりわけ歌に焦点を当てて、歌に特化したのかなと思ったのですが。

甲本
曲の中で唐突に場面が飛んだりはしていないですけど、歌詞の意味で整合性をとろうという気は最初からないです。

今回はかなり整合性がありますよ。

甲本
結果的にそうかもしれないけど、いつもそこは意識してないんですよ。整合性をとろうとか、とるまいとか。あとで読み返して“あぁ、これは意味がちゃんとあるな”っていう時がたまにある。今回は、これから読み返して確認してみます(笑)。

整合性を考えたり、辻褄を合わせると、説明しているようでつまらなくなるから?

甲本
辻褄が合っても合わなくても、面白ければいいんです。そこを合わせるための苦労が面倒臭い。楽しければいいんです。作ってみて楽しい、やってみて楽しい、録ってみて楽しい、録った曲を聴いてみて楽しい、その連鎖だけなんですよ。それで“何が?”って訊かれても、何が楽しいかは分からん(笑)。

確かにそういうものだと思います。“PUNCH”というアルバムタイトルですが、珍しくひと言で言い切っていますね。

甲本
そうなんですよ。これまで単語ふたつで、“○○・○○”だったのに。“仮面ライダー”だったのに、今回は“ライダー”だけ(笑)。みんなで話し合って、いろんなワードが出てきた中で、“PUNCH”採用!ってなりました。

何かピンと来くるものがあったんですか?

甲本
何となくですね。
真島
うん。“いいタイトルだな”と思って。
甲本
意味とか何も考えないから。アルバムの内容と結び付けるのは最初から諦めているので。

ひと言では表せないから?

甲本
そう、表せるわけがない。全部の曲がひとつのコンセプトによって作られたものであれば統一したものとして出せるけれど、それぞれがいろんなところでいろんな瞬間にできた曲だし、それをバラバラに寄せ集めたわけだから、タイトルは付けられないんです。そうすると、単純に名前として機能するだけのものということになりますよね。そういう時に“これ、次のツアーのタイトルになるな”とか、ツアーTシャツ作る時に“胸に何て書いたら楽しいだろう?”とか、そんなことを考えたり。“胸に“PUNCH”って書いてあったら面白いじゃん”って、それが重要なんです。そうやってタイトルは決まっていくんです。

そんなツアーが10月30日から始まりますね。

甲本
早く着たいな、『PUNCH』Tシャツ。デザインはまだ進行中なので秘密ですけど。

ツアーに向けてはいかがですか?

甲本
絶対、楽しいんですよ。アルバムごとにツアーやってるから、ザ・クロマニヨンズとして13本目のツアーになるのかな。ずっと楽しいので、たぶん次も楽しいんだろうなっていうわくわくはあります。

一本一本が楽しみだし、ツアー前半と後半でも変化しそうですね?

甲本
それは毎日、その日の感じしかできないですから。その日の楽しいライヴをやる。
真島
毎回そうですけど、ツアー1本目の1曲目で全部の力を使って、あとはゾンビ。ツアー終了まで(笑)。息は吹き返さないんですよ。
甲本
でも、死なない。ゾンビだから(笑)。

毎回、完全燃焼のライヴですよね。

甲本
そうです、そうなんです。今回も楽しみだ。ツアーまでに練習しておきます(笑)。

取材:岡本 明

アルバム『PUNCH』2019年10月9日発売 Ariola Japan
    • 【CD】
    • BVCL-995
    • ¥2,913(税抜)
    • ※初回仕様のみ紙ジャケット仕様
    •  
    • 【完全生産限定アナログ盤】
    • BVJL-34
    • ¥2,913(税抜)

『ザ・クロマニヨンズ ツアー PUNCH 2019-2020』

10/30(水) 秋田・秋田Club SWINDLE
11/01(金) 岩手・KLUB COUNTER ACTION 宮古
11/02(土) 岩手・盛岡CLUB CHANGE WAVE
11/04(月) 青森・青森Quarter
11/08(金) 愛知・ダイアモンドホール
11/09(土) 愛知・ダイアモンドホール
11/11(月) 長野・松本Sound Hall a.C
11/15(金) 北海道・PENNY LANE 24
11/16(土) 北海道・PENNY LANE 24
11/19(火) 東京・TSUTAYA O-EAST
11/20(水) 東京・TSUTAYA O-EAST
11/23(土) 大阪・なんばHatch
11/24(日) 大阪・umeda TRAD
11/25(月) 大阪・umeda TRAD
11/27(水) 和歌山・SHELTER
11/29(金) 滋賀・U☆STONE
11/30(土) 滋賀・U☆STONE
12/06(金) 静岡・LIVE ROXY SHIZUOKA
12/07(土) 静岡・LIVE ROXY SHIZUOKA
12/11(水) 東京・TOKYO DOME CITY HALL
12/15(日) 新潟・新潟LOTS
12/17(火) 山梨・甲府CONVICTION
12/20(金) 岐阜・club-G
12/22(日) 兵庫・神戸ハーバースタジオ
12/23(月) 兵庫・神戸ハーバースタジオ
12/25(水) 広島・LIVE VANQUISH
12/26(木) 山口・周南 RISING HALL
12/28(土) 福岡・DRUM LOGOS
12/29(日) 福岡・DRUM LOGOS
【2020年】
1/10(金) 大分・DRUM Be-0
1/12(日) 宮崎・WEATHER KING
1/13(月) 鹿児島・CAPARVOホール
1/18(土) 長野・CLUB JUNK BOX
1/19(日) 長野・CLUB JUNK BOX
1/23(木) 静岡・Live House浜松 窓枠
1/24(金) 静岡・Live House浜松 窓枠
1/28(火) 神奈川・CLUB CITTA' 川崎
2/01(土) 宮城・仙台GIGS
2/04(火) 群馬・高崎club FLEEZ
2/08(土) 高知・X-pt.
2/09(日) 香川・高松festhalle
2/11(火) 鳥取・米子laughs
2/15(土) 沖縄・ミュージックタウン音市場
2/19(水) 千葉・千葉市民会館 大ホール
2/22(土) 石川・金沢市文化ホール
2/24(月) 京都・KBSホール
2/29(土) 東京・ひの煉瓦ホール(日野市民会館)
3/04(水) 愛知・名古屋市公会堂 大ホール
3/07(土) 埼玉・狭山市市民会館 大ホール
3/08(日) 神奈川・ハーモニーホール座間 大ホール
3/15(日) 栃木・栃木県教育会館
3/20(金) 岡山・岡山市民会館
3/21(土) 広島・東広島芸術文化ホール くらら 大ホール
3/28(土) 福島・けんしん郡山文化センター(郡山市民文化センター) 中ホール
3/31(火) 東京・LINE CUBE SHIBUYA(渋谷公会堂)
4/05(日) 佐賀・鳥栖市民文化会館
4/07(火) 大阪・フェスティバルホール
4/11(土) 北海道・名寄市民文化センター

ザ・クロマニヨンズ プロフィール

ザ・クロマニヨンズ:2006年7月23日13時41分、『FM802 MEET THE WORLD BEAT 2006』に出現。その後、数々の夏フェスにも出現し、デビュー前から話題を呼んだ。そして、同年9月に待望のシングル「タリホー」でデビュー。20年5月 新型コロナウィルス感染拡大の影響により「ザ・クロマニヨンズ ツアー PUNCH 2019-2020」の中止を発表(12公演)。それに伴い、同ライブ音源を収録したライヴアルバム『ザ・クロマニヨンズ ツアー PUNCH 2019-2020』を9月に、同年11月には19枚目のシングル「暴動チャイル(BO CHILE)」、12月には14枚目のアルバム『MUD SHAKES』をリリース。さらに、12月11日には初の配信ライヴ『ザ・クロマニヨンズ MUD SHAKES 全曲配信ライブ』を実施。ロックンロールをこよなく愛する4人が最強のロックンロールを響かせる!ザ・クロマニヨンズ オフィシャルHP

「クレーンゲーム」MV

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着