L→R 松村卓巳(Gu)、安田コウヘイ(Vo&Gu)、小林卓矢(Ba)、鯉沼 遼(Dr)

L→R 松村卓巳(Gu)、安田コウヘイ(Vo&Gu)、小林卓矢(Ba)、鯉沼 遼(Dr)

【ANABANTFULLS インタビュー】
地道に進んできた自分たちを
讃えるアルバムにしたかった

大きなところでやれるバンドになりたい

「Blues」はワイルドさがありつつ、さわやかなサウンドが響いているところが新鮮でした。今作の楽曲にはブルースロック、オルタナ、パンクの要素もありますが、さまざまなジャンルを取り入れるスタンスは結成時から?

安田
結成時からのアナバンの特色ですね。音楽性に振り幅はあっても、精神性やバンドのフィジカルによってANABANTFULLSの楽曲になっていく。そこに絶対的な自信があります。

「目を覚ませ!」はANABANTFULLSのライヴそのものを歌っているように思いました。去年10月のシングルリリース後、ライヴで披露していく中でバンドにとってどんな楽曲になっていますか?

安田
この曲を演奏してる時のANABANTFULLSが一番自然体かもしれません。全員が得意なビートで、そもそもこういった楽曲をやるためにこのバンドを組んだので、『自然発火』以降もバンドのアンセムになると思います。

シングルのカップリングから「Blues」「交戦のキル」も収録されていますね。

安田
今回は特に歌を大事にしていて、この2曲は“誰に対して歌っているか”が明確だったので、歌がよりフィットしている印象を感じて収録しました。

今作の中でも「踊る目」は特にアグレッシブに仕上がっていて、スパイス的な役割も果たしていると思いました。

安田
この曲はANABANTFULLSの中でも一番クレイジーで、救いようのない、破滅に向かっていく曲ですね。アルバムの飛び道具として入れました。構成やアプローチにも凝っていて、お気に入りです。

そして、ラストの「乾杯!」では《ここが地獄だぜ》と言い切りながら《やれるところまでやるんだ》と歌っているところに男らしさもあって。ANABANTFULLSとしてもそうですし、メンバーそれぞれの音楽人生があるからこそ吐き出せる言葉の重みを感じます。

安田
この曲を書いた経緯は鮮明に覚えていませんが、「乾杯!」をライヴで歌っていると泣きそうになるんですよ。死ぬ前の走馬灯みたいなものが見えるイメージで、あらゆる感動的なワンシーンが一気に押し寄せてくる気持ちになるんです。

『自然発火』は一枚を通して自分自身を鼓舞し続けているような印象で、歌詞にも陰があったり、強気な想いを感じたりと、ありのままの姿が投影されているからこその“自然発火”なんだと思ったり。

安田
タイトルは漢字にしようと決めていて、意味についてもさまざまな憶測ができるのでかなり気に入っていますね。ここ3年間のベストアルバムに近いと思っています。11月には僕らがワンマンをやってきた中でも最大規模の渋谷WWW公演を控えていて、今はめちゃくちゃに楽しもうという気持ちが一番強いです。

改めてどんな作品になったと思いますか?

鯉沼
エッジの効いたものから大きいグルーブなものまで変化に富んでいるけれどまとまっていて、どの曲をとっても“これがアナバン”と言えるような、これまでの全てを詰め込んだ最高の作品になりました。ぜひヘビロテしてほしいですね。
松村
今回のアルバム制作に伴って新しくレコーディングしたのは「Brother」「アンテイルザサン」「踊る目」の3曲なのですが、その3曲は浮くことも埋もれることもなく仕上がっていて、全体を通して聴ける素晴らしいアルバムになっています。
小林
CDをリリースする度に“俺たちくそイケてんな!”って思うのですが、今回もそんなアルバムになったと思います。まずは1曲目の「Brother」から最後の「乾杯!」まで1曲も飛ばさずに通して聴いてほしいです。

最後に今後のビジョンがありましたら聞かせください。

鯉沼
当初からメンバーには言ってますが、海外に行きたいです。目指すならメジャーリーガーですから。
松村
今はWWWでのワンマンに向かっている段階なので次への明確なビジョンはありませんが、大きなフェスなどにも呼ばれるように力を付けていきたいと思います。
小林
ここ最近“あのフェスでやってみたい!”“あのステージからの景色を見てみたい!”などの夢が今まで以上に早いペースで増えているので、とにかくそれを掴みに行く活動をしていきたいです。
安田
大きなところでやれるバンドになりたいですね。“お金がほしい”“売れたい”“有名になりたい”というのも重要かもしれないけど、大きなところでたくさんの人が集まった会場でライヴがしたいです。

取材:千々和香苗

アルバム『自然発火』2019年9月4日発売 SORAMIRO
    • SORO-0013
    • ¥1,800(税込)

『ANABANTFULLS presents 「自然発火」リリースツアー』

9月27日(金) 愛知・ROCK'N'ROLL
9月28日(土) 大阪・Fireloop
10月12日(土) 長野・GRAMHOUSE
10月14日(月) 宮城・FLYING SON
10月18日(金) 京都・livehouse nano
11月15日(金) 東京・渋谷WWW ※ワンマン

ANABANTFULLS プロフィール

アナバントフルズ:2013年に北浦和で結成されたライヴハウスシーン注目の4人組ロックバンド、通称“アナバン”。16年に1stアルバム『BAKAMANIA』を全国リリースし、19年9月には2ndアルバム『自然発火』を発表。バンド史上最大規模となる渋谷WWWでのワンマンライヴを11月15日に開催する。ANABANTFULLS オフィシャルHP

「アンテイルザサン」Lyric Video

「目を覚ませ!」Official Audio

「乾杯!」MV

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着