様々な競技がプロ化しプロリーグが発
足。 そんなスポーツの新しい動きを
ピックアップ

東京のカラフルな今をキャッチする「カラワン」。
いよいよスポーツの秋を目前に控え、
「プロ化のサードウェーブ、きてます!」をテーマにお送りしました。
プロスポーツといえば、
サッカーのJリーグやバレーボールのVリーグなど色々ありますが、
実は今、様々な競技が、プロ化し、プロリーグが発足しているんです。
そんなスポーツの新しい動きをピックアップしました。

– 選曲テーマ –
選曲はいつもながら、日曜日のランチタイムに似合う曲を
タイムレス、ボーダーレスに選曲しました。

J-WAVE 81.3【CHINTAI COLORS OF WONDER】番組紹介
– 選曲リスト&コメント –
1.Free / Deniece Williams
デニース・ウィリアムスが1976年に発表した『This is Niecy』に収録されていた彼女の代表曲。アース・ウィンド&ファイアのモーリス・ホワイトがプロデュースしたメロウ・ソウルの傑作です。

2.Clueless / The Marias
LAで結成された5人組のネオソウル・グループ、ザ・マリアス。最新のセカンドEP『Superclean Vo.2』収録曲。ライトでドリーミー、まさに新時代のソウル・ミュージック。

3.Ruaway / A Hundred Birds feat. Natasha Watts
22人編成のジャジーなオーケストラがナターシャ・ワッツをゲストに迎えて、大阪で行ったライブを収録したライブ・アルバムから。オリジナルはさるソウル・オーケストラ・フィーチャリング・ロレッタ・ハロウェイの名曲。ちょっと気持ちが上がるナイス・カバー。

4.Down in Brazil / Michael Franks
AORの代表的なアーティスト、マイケル・フランクスが1977年に発表した名盤『スリーピング・ジプシー』収録曲。プロデューサーはトミー・リピューマ、メンバーはジョー・サンプル、ラリー・カールトン、デビッド・サンボーン、マイケル・ブレッカーなどなど。ボサノヴァ・ポップの名曲です。

5.Because / The Dave Clark Five
ドラマーのデイブ・クラークを中心とした5人組、デイブ・クラーク・ファイブが1964年に発表した名曲。時代を超えても色褪せない美しいメロデイはビートルズとも比較される存在だった。こういう曲がサラッと流れるのが「カラワン」流です。

6.Travel the world / Vladimir Cetkar
マケドニア出身、現在はニューヨークをベースに活動するギタリスト、ウラジミール・チェトカーの5年ぶりのサード・アルバム『ゴーイング・ホーム』から。現代のAORともいうべき極上サウンドです。

PARTY CHANNEL(パーティーチャンネル)

おしゃれでパーティー好きな人のためのWEBメディア。
EDM、クラブ、フェスの最新情報からアーティスト・DJのインタビュー、イベントのレポート、パーティーシーンを彩る流行りのファッションやアイテムなど様々な情報を分かりやすくお届け。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着