Blackstar x 超個性派ギタリストJar
ed James Nicholsによるライブ&クリ
ニック開催

世界が注目するギタリスト、Jared James Nicholsが、Blackstarから登場するシグネイチャー・アンプ「JJN-20R MKII」とともにライブ&クリニックを10月18日(金)、19日(土)に開催する。

Jared James Nicholsによるプレイを体験できるライブ&クリニックは、10月18日(金)に専門学校ESPエンタテイメント東京 12号館B2ホール club 1ne2wo、19日(土)に下高井戸G-ROKS 1スタジオで開催。入場は無料で、特設サイトのフォームより申し込みが可能だ。

変幻自在の超個性派ギタリスト、Jared James Nicholsのピックレス奏法による、繊細かつエネルギッシュなサウンドを、間近で体感しよう!
「JJN-20R MKII」は、HT-20R MKIIをベースにしたJared James Nicholsのシグネイチャー・アンプ。ブティック・クリーンから、マイルドなオーバードライブや、フル・ディストーションまで、幅広いサウンドを1台でカバーする。ステージ映えすること間違いなしのブリティッシュ・グリーンのカラーリングも魅力の一つだ。

<Jared James Nichols プロフィール>
米国ウィスコンシン州イーストトロイ出身のブルースロックギタリスト兼歌手。14歳でギターを始め、「2週間後には」母親によってブルースのジャムセッションに連れて行かれ、その音楽にのめり込む。1日12時間練習したという。 バディ・ガイ、ケニー・ウェイン・シェパード、デレク・トラックスらのオープニングを務め、21歳の時すでに500のライブをこなしていた。

バークレーにて短期間学んだあとロサンジェルスに居を移し、2011年のLes Paulトリビュートコンテストにてギタリスト賞を獲得、シングルを録音。メディアの目に留まるようになり、エアロスミスのエンジニアやエディ・クレイマーと組んでレコーディング。スウェーデン人のドラマーDennis Holmと、若いベーシストBaron FoxとのトリオでLynyrd Skynyrd, Zakk Wylde, Walter Trout, John 5, Living Colour、GlennHugheらのサポートで活躍。

ソーシャルメディアのインフルエンサーの面も持ち、115,000人のインスタグラフォロワー、 50,000人のFacebookフレンドを持つ。

Gibson/Epiphoneから“Old Glory” と呼ばれるLes Paul Custom、そしてBlackstarからはJJN20というアンプをシグネイチャーモデルとして発表、どちらもアーティストモデルとして出色の反応を得ている。

2019年、すでに200のライブを敢行。ピックを使わない指弾きによるオーセンティックで野太い音色は注目に値する!
Blackstar×Jared James Nichols ライブ&クリニック

■10月18日(金)
時間:12:15~13:45 ※12:00~受付・入場開始
場所:専門学校ESP エンタテイメント東京12号館B2ホール club 1ne2wo
東京都新宿区高田馬場3-4-7
■10月19日(土)
時間:15:00~16:00 ※14:30~受付・入場開始
場所:下高井戸G-ROKS 1スタジオ
東京都杉並区下高井戸1-15-12

関連リンク

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着