ザ・ポップ・グループの創立メンバー
、マーク・スチュワートが選ぶプレイ
リスト | Fred Perry Subculture

マーク・スチュワートが選ぶブリティッ
シュ・サブカルチャーを巡るプレイリス

今回のゲストは
(ザ・ポップ・グループ)の創立メンバーの一人、
(マーク・スチュワート)。
Mark Stewartが作成したプレイリストには、十代を定義する曲として挙げた
の「Take Me I’m Yours」、オールナイト後に聴くのに最高の曲であるという
(トリッキー)の「Aftermath」、意外に好きな曲という
(トラヴィス)の「Driftwood」など、全14曲が収録されています。
フレッドペリー・サブカルチャーのwebサイトでは、プレイリストの他に彼の音楽ルーツがより詳しく掲載されたインタビュー記事を公開中なのでぜひチェックしてみてください。

Fred Perry Subculture Interview Page 名前:マーク・スチュワート 1978年にブリストルでギャレス・セイガーらとザ・ポップ・グループを結成し、ボーカルと作詞を担当。デビューアルバム『Y (最後の警告)』はポストパンクサウンドの先駆けとして欧米ロックシーンに多大な影響を与えた。1981年、ポップ・グループの分裂後、ソロ作品をリリース。2005年にはベスト盤を発表。エイドリアン・シャーウッド、スキップ・マクドナルド、元PILのキース・レヴィンらとマーク・スチュワート&マフィアとしてライブを行った。 マーク・スチュワートのブリティッシュ・サブカルチャーを巡るインタビューはこちら。

【関連記事】

DIGLE MAGAZINE

プレイリスト専門webマガジン「DIGLE MAGAZINE」。最新&話題の音楽プレイリスト情報、インタビュー、イベント情報をお届けします。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着