新世代ハウスシーンを象徴するふたり
、オクト・オクタとエリス・ドリュー
がB2Bで登場

多様化が進み俄然面白くなるハウスシーンを象徴するかのようなふたり、オクト・オクタ(写真左)とエリス・ドリューがBack to Backで11月1日の表参道VENTに出演が決定した。

ニューヨークのブルックリンを拠点にするブロデューサーのオクト・オクタは、デビュー作の「Let Me See You」が2011年に発売されるやいなや世界中のダンスフロアで大きなバズが起こり、拠点とするレーベル100% Silkを一気に人気レーベルへと押し上げた。ArgotやRunning Backなどのレーベルからのリリースを経て、OctoOctaが作る燃えるように美しく注意深く作り上げられた作品はダンスフロアーで威力を発揮することが広く認知されてきたのだ。マンハッタンのRed Bull Music Academyではレジデンシーを務め、ベルリンのPanorama Bar、フランクフルトのRobert Johnson、バルセロナの<Sonar Festival>などにも出演を果たし、2018年には『Mixmag』の“The DJs Of The Year”を獲得したことも記憶に新しい。

エリス・ドリューはアメリカのイリノイ州出身のDJでありブロデューサーだ。彼女はボルトガルのNaiveレーベルから作品をリリースし、昨年からは<Psychedelic Ritesof the Mother beat>というアメリカでは稀なオールナイトのイベントをスタートし、ビッツバーグのHot MassやシアトルのTUFで開催してきた。ErisはまたシカゴのSmart Barで長年レジデントを努めてきており、バートナーのオクト・オクタと共にB2Bセットを披露してきた。レイヴの歴史とシャーマニズムに傾倒する彼女は同世代のトランスジェンダーカルチャーの代弁者でもあるのだ。

このふたりが今回出演するのは、これまでにクララ3000&coni、エレナ・コロンビを招集し妖艶な夜をオーガナイズしてきたMayurashkaとMari Sakuraiによるバーティの第三弾。今回も女性ファッションカルチャー誌『PERK』によるサボートにより開催となる。世界中のサウンドシステムからフロアを震わせてきたふたりによるユニークなサウンドとのコラボレーションは、あなたの既成概念をぶっ飛ばす一夜となるだろう。

<- Octo Octa & Eris Drew ->

2019年11月1日(金)
表参道VENT
OPEN : 23:00
DOOR : ¥3,500 / FB discount : ¥3,000 ADVANCED TICKET:¥2,500 https://jp.residentadvisor.net/events/1313030

■ROOM1
Octo Octa & Eris Drew - B2B Set -
KABUTO (DAZE OF PHAZE / LAIR)
DJ Nozaki (IOIOP / ZZZ)
Mayurashka x Mari Sakurai B2B
■ROOM2
李 ベリー
坂田律子
0120 (EMARLE & AI.U)
DJ HONEYPANTS
Zooey Loomer 1979 (Too Young To Love)

※VENTでは、20歳未満の方や、写真付身分証明書をお持ちでない方のご入場はお断りさせて頂いております。ご来場の際は、必ず写真付身分証明書をお持ち下さいます様、宜しくお願い致します。尚、サンダル類でのご入場はお断りさせていただきます。予めご了承下さい。
※Must be 20 or over with Photo ID to enter. Also, sandals are not accepted in any case. Thank you for your cooperation.

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着