ジェフ・リン、街中での偶然の出会い
がトム・ペティと共作するきっかけに

ジェフ・リンが、トム・ペティと共作することになったきっかけについて語った。どんな形であれ出会っていたのは間違いないであろう2人だが、実際のところは、ロサンゼルスのサンセット・ブルバードにいるときペティに声をかけられたそうだ。
Ultimate Classic Rock』のラジオ番組にゲスト出演した彼は、こう話した。「車のクラクション鳴らされて、しばらく“誰だ?”って思ってたら、トムだったんだ。“停まって、話したいことあるから”って言われたんだよ。彼は、僕が共同プロデュースしたジョージ(・ハリスン)のアルバム『Cloud Nine』を聴いていて、気に入ったらしいんだ。それで、“僕と一緒に曲書いてみない?”って言われたんだよ」

「僕はずっとトムのことが好きだった。彼のスタイルが大好きだった。彼はホント、アメリカ人だよ。英国人にとって、アメリカの本物の南部の人たちとコラボするのは魅力的だ。彼らの声は最高だ」

そして、ジョージ・ハリスンの言葉を挙げた。「ジョージはいつも言ってたよ。“彼らは英国人の先を行ってる。彼らには鼻声なまりがあるから”って。彼らの声には素敵な響きがある」

リン、ペティはその後、ハリスン、ボブ・ディラン、ロイ・オービソンとトラヴェリング・ウィルベリーズを結成。リンは、ペティのソロ・デビュー・アルバム『Full Moon Fever』(1989年)、トム・ペティ&ハートブレイカーズの8枚目のスタジオ・アルバム『Into The Great Wide Open』(1991年)を共同プロデュースした。

リンはペティが2017年10月に急逝した際、「トム・ペティは、僕が知る最高にクールな人だった」との追悼の言葉を寄せた。

Ako Suzuki

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着