『ボヘミアン・ラプソディ』のプロデ
ューサー、次はビー・ジーズの映画を
制作?

アメリカのエンターテインメント・ニュース・サイト『DEADLINE』によると、パラマウント・ピクチャーズはクイーンの映画『ボヘミアン・ラプソディ』をプロデュースしたグレアム・キングと連携し、ビー・ジーズのバイオグラフィ映画の制作を計画しているという。
パラマウントは、すでにギブ一家の管理団体から許可を得ており、映画では彼らの音楽もふんだんに使用できるという。

パラマウントは今年、エルトン・ジョンのバイオグラフィ映画『ロケットマン』を公開し、世界で1億9,500万ドル(約210億円)を超える興行収益をあげた。

一方、キングがプロデュースした『ボヘミアン・ラプソディ』は9億ドル(約972億円)を突破する、ミュージシャンのバイオグラフィ映画では空前の大ヒットとなった。

現時点、ビー・ジーズの映画に関して正式な発表はなされておらず、まだバリー・ギブからのコメントもない。

ビー・ジーズは2020年、デビュー・シングル「The Battle Of The Blue And The Grey/The Three Kisses Of Love」(1963年)のリリースから57年、ファースト・アルバム『The Bee Gees Sing and Play 14 Barry Gibb Songs』発表から55年をマークする。

Ako Suzuki

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着