「新しい建物・残したい建物」。来年
の東京オリンピック・パラリンピック
に向けて、 さらに加速する東京の建
築の今。

2019年11月10日(日)ON AIR


東京のカラフルな今をキャッチする「カラワン」。

11月10日のテーマは「新しい建物・残したい建物」。
老朽化したオフィスビルの建て替えや再開発など、新陳代謝が進む東京の街。
来年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて、
さらに加速する東京の建築の今、そんな中でも残したい建築、
その両方をチェックしてみました!

– 選曲テーマ –
選曲はいつもながら、日曜日のランチタイムに似合う曲を中心に
残していきたい名曲のカヴァー、東京の街に似合う曲など
タイムレス、ボーダーレスに選曲しました。

J-WAVE 81.3【CHINTAI COLORS OF WONDER】番組紹介
– 選曲リスト&コメント –
1.Foundations / Kate Nash
UKの女性シンガーソングライター、ケイト・ナッシュが若干二十歳で発表した
2007年のデビュー・アルバム『Made Of Bricks』に収録。
マルチ・プレイヤー、ポール・エプワースのプロデュースで
ダンサブルな打ち込みのリズムに、キラキラとかわいいピアノやシンセが響く
ガールズ・ポップ・チューンになっています。
2.Mr. Blue Sky / Weezer
1992年結成のカリフォルニアのオルタナティブロックバンド、Weezerが
メジャーなポップスをカヴァーしたアルバム「Weezer (Teal Album)」に収録。
オリジナルはELO (Electric Light Orchestra)が1977年に発表したナンバーですが、
軽快なリズムとコーラスワークはそのままに、見事にカヴァーしています。
3.Venha Até Minha Casa / Filó Machado
ブラジルのシンガーソングライター、Filo Machado、1984年のアルバム「Canto Fatal」に収録。独特の温かみのある歌声、程よく欧米のソウルミュージックのエッセンスをまぶしたようなサウンドはAOR的なアプローチからも評価の高いナンバー。
4.Love It or Leave It / Tess Henley
アメリカ・シアトルの女性ソウルシンガー、Tess Henley。
プロのシンガーだった母親と、レコードコレクターだった父親の影響を受けた
天性の歌声が魅力です。2019年リリースの最新EP「Better」に収録。
5.I Get You (feat. Lizzy Land) / Kasbo
クオリティの高いDJ/プロデューサーを次々と生み出すスウェーデン出身の
トロピカル・ハウス、チル・アウトEDMプロデューサー、Kasbo(カスボ)の最新作。
LAのシンガーLizzy Landの透き通るような歌声も美しい
フューチャーポップサウンドとなっています。
6.City Lights feat. Seth Timbs (Fluid Ounces) / Fantastic Plastic Machine
田中知之のソロプロジェクト「Fantastic Plastic Machine」、
2001年のアルバム「contact」に収録。
都会のビルの夜景に似合う、流れるようにエレガントなポップスです。

PARTY CHANNEL(パーティーチャンネル)

おしゃれでパーティー好きな人のためのWEBメディア。
EDM、クラブ、フェスの最新情報からアーティスト・DJのインタビュー、イベントのレポート、パーティーシーンを彩る流行りのファッションやアイテムなど様々な情報を分かりやすくお届け。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着