【連載】櫻澤の本気 II 第2回『ドラ
ム演奏の基本は8ビートにあらず』

Rayflowerには“Shining GARDEN”というオフィシャルファンクラブ (以下FC)がある。そしてFC会員限定の<箱庭>というイベントを時々開催する。今回は7月17日に名古屋、7月18日に大阪、7月23日に東京と東名阪の規模で開催した。
この<箱庭>では、メンバーとFC会員との交流を楽しむゲーム的なことをしたりもするんだけど、軸になっているのはアコースティックアプローチの演奏なんじゃないかな。都は主にpiano音源を、YUKIクンはエレアコとエレガット(ピックアップの付いたガットギター)を、IKUOさんはアップライトのBassだけを使う。かくいう櫻澤は、小口径の点数少なめなシンプルなドラムセットを使っている。
▲ややフォーマル仕様のRayflowerの皆さんです

Rayflowerのアコースティックアプローチは、ジャズ、ボサノバ的な要素を取り込んで各楽曲をアレンジしたものが多いかもね。楽器をアコースティック的なものに持ち替えているのだから、そういったアレンジになるのは必然なんだと思う。ドラマー櫻澤のキャリアはロックアプローチがメインなんだけど、若い時には横浜のキャバレーでハコバン(お店の専属バンド)をしていたことがあって、ジャズ系、ラテン系、はたまた演歌系とかの色々のジャンルの音楽を演奏させられたんだ。

   ◆   ◆   ◆
▲コンガをメインとしたセッティング。「It's a beatiful day」をボサノバ風にアレンジしたもので使用
▲コンガを導入したセッティングの前方写真
▲ジャズ風のアプローチ時のセッティング後方写真
▲同セッティングの前方写真

ここでマニアックな話を。ドラム(ここではDrum set、Drum kitの事を指す)演奏の基本って8ビートって思われている節があるけど、それは間違いなんだよ。ドラム演奏の基本というか、根幹になるものはジャズなんだ。この事は、櫻澤のレッスンでそれなりにスキルがある生徒には常々言っている。

ジャズアプローチで起こりうるフレーズや、リズムパターン云々が重要ではなくて、ドラムという楽器を通して自分の唄いたいことを表現したり、他の演奏メンバーと楽器で会話をするというのが、楽器を演奏する上では、音楽的でとても重要な事だと思うんだ。これは、あくまでも演奏者からの視点であり、感覚なんだけどね。それとは別に、例えばある楽曲を音源さながらに再現性高く規定のまま演奏することは、“作品”そのものを表現するという意味で正解かとも思う。その場合、作曲者的な解釈になるんだろうね。
▲SABIAN FRXという新製品シンバル。細かい多数の穴が倍音と音量を抑えるので、落ち着いた感じの音色になるかと
▲同じくSABIAN FRXのハイハットシンバルとクラッシュシンバル

   ◆   ◆   ◆

話をRayflowerに戻します。自画自賛だったり、メンバーの自慢話になってしまうんだけど、つくづく器用なバンドだと思う。自らの楽曲を、ここまでアレンジをして、なおかつロック的ではないアプローチをこなしてしまうのだから。

櫻澤はこのアコースティックアプローチは結構大好物で、Rayflowerにとって、有益な財産かとも思っている。今のところ、FC会員しか体感できていないだろうけど、なにかの機会に観てもらいたいなぁっと思っている。この形でツアーとか廻れないかなぁ…?

   ◆   ◆   ◆
■<Sakura 50th Birthday Anniversary “暗黒秋櫻” -全櫻澤公演 2019->

11月20日(水) 新宿ReNY
open18:00 / start18:30
出演:gibkiy gibkiy gibkiy / Rayflower / THE MADCAP LAUGHS / ZIGZO
▼チケット
前売り:スタンディング 6,000円 (税込 / ドリンク代別途必要)
一般チケット発売日:6月2日(日)
(問)DISK GARAGE 050-5533-0888


■<Rayflower TOUR 2019 ~One Side & One Side~>

※終了公演は割愛
11月23日(土/祝) 岡山 YEBISU YA PRO
open16:30 / start17:00
11月24日(日) 高松 DIME
open16:30 / start17:00
11月26日(火) 梅田 CLUB QUATTRO
open18:15 / start19:00
▼チケット
前売5,500円(税込 / ドリンク代別途必要)
※未就学児入場不可


■<ZIGZO 20TH ANNIVERSARY TOUR 2019>

※終了公演は割愛
11月30日(土) 群馬・高崎clubFLEEZ
open17:30 / start18:00
(問)ディスクガレージ 050-5533-0888
12月01日(日) 茨城・水戸ライトハウス
open16:30 / start17:00
(問)ディスクガレージ 050-5533-0888
【Tour final】
▼2020年01月19日(日) 東京・マイナビBLITZ赤坂
open16:30 / start17:30
(問)ディスクガレージ 050-5533-0888
<マイナビBLITZ赤坂公演 チケット情報>
1Fスタンディング:前売¥5,500(税込)/当日¥6,500(税込) ※ドリンク代別
VIP席¥20,000(税込) ※ドリンク代別・2F指定席(先行販売のみ)
※VIP限定オリジナルプレゼント付&アフターショーパーティー有り

関連サイト

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着