職人ミュージシャンたちの旨味が
凝縮されたスタッフの『スタッフ!!』

ジョー・コッカーとの出会い

黒っぽく枯れた声を持つイギリスを代表するシンガーのジョー・コッカーは、1972年までは同じくイギリスのグリース・バンドをバックに従えて活動していたが、アメリカに渡りリチャード・ティー、コーネル・デュプリー、チャック・レイニー、バーナード・パーディーらをバックに迎え、『アイ・キャント・スタンド・ア・リトル・レイン』(‘74)『ジャマイカ・セイ・ユー・ウィル』(’75)の2枚の力作を立て続けにリリースする。このセッションにエドワーズは参加していないが、ティーとデュプリーに思いの他コッカーの歌と自分たちの音楽がマッチしたことを聞き、新グループの構想を練っていく。

そして、コッカーは翌年には結成されたばかりのスタッフをバック(パーカーは参加していない)に迎えた『スティングレイ』(‘76)をリリース、この作品では彼らの持ち味である歌を活かす最高の演奏を聴かせてくれたのである。コッカーの長い音楽生活の中でも、この『スティングレイ』は間違いなく彼の最高傑作であり、バックを務めたスタッフはコッカーとの『スティングレイ・ツアー』でも大成功を収めている。

本作『スタッフ!!』について

76年に本作がリリースされた時、華麗なテクニックを披露するタイプのフュージョンでなかったがゆえに、シンプルかつ歌心のあるグルーブ感に物足らなさを感じるリスナーは少なくなかったと思う。彼らの狙いはシンガー不在でも如何に歌心にあふれた演奏ができるかどうかであり、過不足のない演奏に加えパーカッシブかつ人間味の感じられるリズムを演出することでもあった。それは華美な演出とは正反対の結果となり、特に若いリスナーには地味すぎるサウンドに映ったようだ。ところが、フュージョンのファンではないSSW系のサウンドを好む日本人たちに彼らの音楽は圧倒的に支持され、78年には日本公演時のライヴ盤(日本でのみリリース)も制作されているほどだ。

収録されているのは全部で9曲。全曲、名演と言っていい。特にリチャード・ティーはピアノ、エレピ、オルガンと八面六臂の活躍だ。ピアノはパーカッションのように弾き、ゴスペルライクな泥臭い演奏を聴かせる。逆に、エレピとオルガンは都会的なプレイで好対照となっている。デュプリーとゲイルのギターは歌心にあふれるもので、勘所を押さえた燻し銀のような風情が感じられる。パーカーとガッドのドラムはツインドラムであることを感じさせないぐらい抑えたプレイで、歌伴好きにはたまらないドラミングである。ライヴの時は観客へのサービスで派手なドラムソロもやるのだが、スタジオ録音時は自分の役割をしっかりわきまえている。エドワーズのベースはどっしりと重く、出る時は出ると言ったベーシストの鑑のようなプレイである。デビッド・フッドやドナルド・ダック・ダンが好きなら間違いなくハマる。

「ハウ・ロング・ウィル・イット・ラスト」はゲイル作で、初出はチャック・レイニーの初ソロ作『ザ・チャック・レイニー・コーリション』(‘72)。デュプリーの初ソロ作『ティージン』(’74)にも収録されているが、本作所収バージョンの出来が最高だと思う。アルバムの白眉は「ウォント・サム・オブ・ジス」「ルッキング・フォー・ザ・ジュース」「素晴らしき恋の想い出(原題:Reflections Of Divine Love)」「ハッピー・ファームス」あたりか。「ウォント・サム・オブ・ジス」のティーのピアノ独演部分から後半の盛り上がる部分は彼らの十八番のセクションで、素晴らしいグルーブ感が味わえる。

残念なことに、1993年にリチャード・ティー、94年にはエリック・ゲイル、2011年にコーネル・デュプリーが亡くなっており、スタッフの演奏は2度とライヴでは聴けないのである。もし、彼らの音楽を聴いたことがないなら、本作もしくは『ライヴ・アット・モントルー 1976』か『ライヴ・スタッフ』(‘78)あたりを聴いてみてほしい。また、デュプリーのソロでライヴ作『Uncle Funky』(‘92)は、ベースにウィル・リー、キーボードはリチャード・ティー、ドラムにはエリック・パーカー(クリス・パーカーの弟)を迎えて、スタッフ時代に負けず劣らずの素晴らしい演奏を繰り広げており、オススメ(入手困難だが、この時のDVDもあり)だ。

TEXT:河崎直人

アルバム『Stuff 』1976年発表作品
    • <収録曲>
    • 1.フーツ/FOOTS
    • 2.いとしの貴女/MY SWEETNESS
    • 3.ウォント・サム・オブ・ジス/(DO YOU) WANT SOME OF THIS
    • 4.ルッキング・フォー・ザ・ジュース/LOOKING FOR THE JUICE
    • 5.素晴らしき恋の想い出/REFLECTIONS OF DIVINE LOVE
    • 6.ハウ・ロング・ウィル・イット・ラスト/HOW LONG WILL IT LAST
    • 7.サン・ソング/SUN SONG
    • 8.ハッピー・ファームス/HAPPY FARMS
    • 9.ディキシー/アップ・オン・ザ・ルーフ/DIXIE / UP ON THE ROOF
『Stuff 』(’76)/Stuff

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着