L→R 渋江アサヒ(Ba)、渡辺壮亮(Gu)、チャム(.△)(Vo)、菅野悠太(Gu)、青山拓心(Dr)

L→R 渋江アサヒ(Ba)、渡辺壮亮(Gu)、チャム(.△)(Vo)、菅野悠太(Gu)、青山拓心(Dr)

【嘘とカメレオン インタビュー】
2大タイアップ曲とともに
2020年のスタートダッシュを図る

自分が信じたら
それは自分の中では本物

カップリングの「binary」と「アルカナ」はいかがですか?

渡辺
「binary」は「モノノケ・イン・ザ・フィクション」で我々ができる最大のギミックを詰め込んだこともあり、対照的にあえて音数やギミックに凝らず比較的ストレートで骨太な曲として入れてみました。あまり小細工せずエフェクトや面白いトピックも比較的省き、フレーズの骨格一発で勝負したような曲にしたくて。それもあって録り音もかなり臨場感や生々しさにこだわってみました。

こちらは《0と1》という歌詞も頻繁に出てきて、いわゆる二進法でデジタルな世界に対することを歌っているようにも響きましたが。

チャム(.△)
音楽をデジタルに変換した際に0と1で表していると聞いた時、シンプルに“人間も実はそうかも…”と思い当たったことがあって。例えば、生と死とか。意外とシンプルな2択ででききているんじゃないかなって思ったんです。なので、それを重ね合わせてみました。
渡辺
それもあり、この曲に関しては音と歌詞で対照的なんですよね。歌は0と1の世界を歌いながらも、サウンドではそこでは表し切れない手触りや感触みたいなものを表していて。

「アルカナ」はミディアムなナンバーですね。

渡辺
今回のシングルはタイトル曲こそ「モノノケ・イン・ザ・フィクション」ですけど、僕的にはリードにしても遜色ない楽曲だと自負しています。一般的な嘘カメとはまた違ったタイプの曲と映るかもしれませんが、これも間違いなく決定的な嘘カメでもあるので。歌と声と人柄を大事に、それを前面に出してみました。
チャム(.△)
自分たちの曲で例えるとアルバム『ヲトシアナ』に入っていた「うみねこの鳴く街で」や「キンイロノ」、そしてこの「アルカナ」みたいな曲は自分の素直な気持ちを書かせてもらってます。そんな中、今回はこの歌詞内容にしようと思ついたのには、あるエピソードがあって。

そのエピソードとは?

チャム(.△)
本物のマジシャンがいたとしたら、それは本物だと思います? 偽物だと思います?

難しいですね。本格的だけどマジックである限りは本物ではない。だけど、その技は本物だし…。

チャム(.△)
そんなことを一時期すごく考えていたんです。これって信じている人からしたら本物だし…トリックを知らなければ、その人の中では本物でしょうから。“自分が信じたら事実がどうであろうと、誰が何と言おうと、それは自分の中では本物である”というような気持ちを大事にしたいとの想いを綴ってみました。“本物のマジシャンは、私の中では本物なんだ!”と。

この曲は従来の嘘カメにはあまりなかったメッセージ性や強い意志みたいなものも感じました。

チャム(.△)
これまでは物語を描いたり、それを客観してストーリーテラー的な歌詞が多かったので、この曲に関しては歌詞の中に自身がいる気がすごくしているんです。
渡辺
初めてといっていいぐらい主観が出ている気が自分もすごくしていますね。一歩引いた頃の歌詞では決して感じられなかった、どこか慈愛みたいなものの芽生えを感じたんです。より血の通った歌詞や歌が現れたというか。それと相乗効果でこれまで以上にサウンドも人間っぽく血の通った感じになったのは新しい面かなとも感じています。

そう言えば、1月10日からはチャム(.△)さんのOK Musicで連載していた絵画作品の原画も含んだ展示会も控えてますね。今回の「binary」には歌詞の中にその個展のタイトルがあり、「アルカナ」はそのテーマ曲だとか?

チャム(.△)
そうなんです。開催できてとても嬉しいです。OK Musicの連載で毎月発表させていただいていたものもほぼほぼ全部展示する予定です。連載ではイラストが中心でしたが、油絵や水彩画、普段見せていない面もそこでは展示します。どれも自分にとって大事なものを描いているので楽しみにしていてほしいのと、ぜひ多くの人に足を運んでいただき、歌詞や歌以外での私の表現にも触れていただきたいです。

取材:池田スカオ和宏

配信シングル「0」2019年12月4日配信リリース KING RECORDS
シングル「モノノケ・イン・ザ・フィクション 」2020年1月15日発売 KING RECORDS
    • KICM-2026
    • ¥1,182(税抜)

『嘘とカメレオン 2MAN TOUR -へのへのもへじ-』

2/09(日) 愛知・名古屋APOLLO BASE
w)バンドごっこ
2/10(月) 大阪・梅田Shangri-La
w)ネクライトーキー
2/16(日) 東京・渋谷CLUB QUATTRO
w)PENGUIN RESEARCH

嘘とカメレオン プロフィール

ウソトカメレオン:2014年4月1日に結成。16年12月にYouTubeにアップロードした初制作のミュージックビデオ「されど奇術師は賽を振る」が公開から半年あまりで再生回数が180万回を突破し(2020年1月現在では600万回突破)、17年9月にリリースした全国流通CD『予想は嘘よ』がオリコンインディーズチャート週間5位を獲得するなど注目を高める中、18年9月にアルバム『ヲトシアナ』でメジャーデビューを果たす。嘘とカメレオン オフィシャルHP

「0」MV

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。